Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
ドゥ ダ ダンシン!ヴェネチア国際編
   | バレエなお買い物たち♪ | 15:30 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


近所のブックオフにふらっと入って、
発見、まとめ買いできました。

大人の絵仕様が本当に美しいなあ。
これから読み進めるのが楽しみ。
ballet lesson 175 バレエ歩き全然できないっ
   | バレエレッスンとか・・・ | 16:30 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
バレエ歩きできない、、、。
何これ〜難しいよ〜って。
この日は、アラベスクをする前の段階の
歩き方がなってないってことで、
後半は歩く練習ばかりしました。

また、その難しいこと。
私が多分一番できてなかった。
みんなの笑いを誘ってましたし。泣

脚がアンドウオールになってないから、
踵がぶつかる。
足先が上をむいてる。
足はするように。
出す足はまっすぐ曲げない。
後ろ足はプリエに、音楽にのって、、 。

ひゃー歩くのがこんなに難しいなんて。
こりゃ、家で練習必須だわ。

なんとかしたい。
歩くのがバレエでなくて、
普通の歩き方だと
結構目立ちますよね、、、。

歩くのも難しいなんて
さすがはバレエ、、。笑

ポワントは、今日はなんかぎこちないですね。
思い出しながらやってるから、
一瞬遅れて、思い切りもない、、と。
でも、ポワントで、
例えば、アラベスクなんかは、
コツを一度つかんでしまえば、
こっちのもの、、とのこと。
少し(レッスンの)間があいただけで、
この有様なんだなあ。
そこが辛いところ。

あけても1週間がマックスかなあ。
でないと、すぐに戻りができてしまう。

習い事、趣味としても、
いやはや、バレエもピアノも
やらないとあっという間に忘れる類のもので、
なかなか追われる感じがして、
時には厳しいわ。
楽しいんだけれど、、ね。

間があいてしまって、
できなくなっている時の
悲しさ、残念さったら、ないのでね〜
そこが、、きつい。
piano lesson 43 「ショパンって繊細さだけじゃないんですよね」
   | ピアノ/お稽古+関連* | 16:24 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
バラード4、
(ニコライ・ルガンスキーの)コンサート行ったからでしょうか。
生演奏で勉強になりましたね〜
前と演奏変わりました。
ダイナミックになったし、、と。
嬉しいお言葉。

ものすごく迫力ある、心に響く演奏だったことを
お話して、かなり心に残りましたと
ご報告。

ショパンって繊細さだけじゃないんですよね。
随所に力強さの部分があって。
とショパン談義。

それから、バレエの先生だけでなく、
最近はピアノの先生とも
バレエのお話もたくさんしています。

バレエの話にショパンの話。
もう楽しすぎです。

親しくさせてもらっても、
それでも、毎回かなり緊張して弾いているので、
ミスタッチが減りません。
緊張してなくても、かなり難易度が高いのに、、
と結構凹みますが、、。

それでも今回はなんとか1ページ進みました。

メリハリとタメ。
場面が変化するところの
変化っていうか。
ちゃんと意識的に変えて弾くこと。

ここの変わるとこすごく好きなんですよね〜〜
と先生。
まだまだここから難しくなるので、
頑張ってくださいね、、と。

まだまだ先は長いなあ。
半分くらいまでは来たか?
楽譜のチェックもまだ全部してない、、という。汗

モシュコフスキーは今回あがりでした。
ほっ、、、。

ニコライ・ルガンスキー ピアノ・リサイタル
   | ピアノ/お稽古+関連* | 09:51 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


ニコライ・ルガンスキー
ピアノ・リサイタル
2018年2月17日(土)
開演:18時 紀尾井ホール


ニコライ・ルガンスキー
ピアノ・リサイタルに行って来ました。

1%でも彼のようにバラード4番が弾けたらなぁ
って日頃思っているので、
今回生のバラード4番を
一番前の席で堪能してきました。

子どもの情景のまず最初の一音から
とり肌が立つくらいの衝撃、音で、
そのあとは、ずっとニコライワールド全開でした。

ラフマニノフの曲では、
結構小節の後ろでソフトペダルを使っていることが
とても印象的でした。

このリサイタルはNHKで4月26日に放映されるようなので、
それも今から楽しみです。

あと、楽譜にサインしてもらってる人がいたのですが、
いい考えって思ったりしました。

その前にフィギュアスケートを
ずっと朝から終わりまで見ていて、
そのあともコンサートで、この日はお尻が痛かったけど、
感動が多い一日となりました\(^^)/

曲目
シューマン:子供の情景 作品15,
ショパン:舟歌嬰ヘ長調 作品60,
バラード第4番ヘ短調 作品52,
ラフマニノフ:前奏曲集 作品23より抜粋,
前奏曲集 作品32より抜粋
 
バレエダンサー3
   | 絵画/お稽古+関連* | 12:49 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ballet lesson 171.172.173.174 上半身は柔らかくなりつつある感じ。
   | バレエレッスンとか・・・ | 12:48 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


ピルエット腰で回ること。
結構この言葉は動きにイメージしやすかった。
よしって感じ。

音楽を聞いて、みんなでセンター合わせてやって、
好きなメンバーだったから、ほんと楽しかったなあ。

ポワント、パッセ左右の足で前後に進む。
引き上げも手も体も足もバラバラで、
疲れてメタメタだったー。

もっと、体全部使って引き上げて、
勢いよくやりたい。
やれるようになりたい。

しかし、ほんと引き上げが難しい。
肩を下げて、横隔膜をあげるように意識する
って、テレビでマチュー(ガニオ)が言ってたよーって。笑
バレエ友。

この日、五本指のタイツを履かなかったら、
なんとなく、靴の中の居心地が悪かった。
やっぱり、私は五本指。

でも、2レッスンみっちりやって、
充実してたなぁ。
流れにのって、バレエらしくを心がけてやってみたけど。

先生の動きって
ほんと腕、手だけであってもきれいで、
そこんとこ少しでも目指したいんだなぁ。
難しい動きじゃないんだもの。
簡単でもきれいを目指したい。
簡単でもきれいができない私。

あとは、まだまだポワント不慣れな友達と
じっくりレッスン。
先生がその人に説明してる事を聞くと、
私も今更ながらなるほどなぁって思ったり。

私はそれなりに進みました。
が、それなりに。
ポワント時、
どうしても腕が体に近づきがちで、、
きれいなアンナバンにすることで、
腕が添え物にならずにすむ。
次回はもっとまあるく
きれいな形でもっていけるように
意識してやってみよう。


同じその人が一ヶ月前からストレッチ
家でも毎日やり始めたって。
すごいなぁ。

それで、家で効率よく股関節が柔らかくなる
ストレッチの質問があったので、
この時間は、ストレッチの説明とみんなで一緒にやってみる。

あとは、家でわざわざストレッチというより、
日常でもながらで伸ばせる秘訣とか、
そんな話も聞いて、私もやるかなぁって。

ほんっと股関節が硬まっていますが、
それでも上半身はやわらかくなりましたね〜と
一番嬉しいお言葉をいただけました。

まあ、ストレッチはその人なりに
やればやるほど、
成果はでるもんだろうなあって、
でやすいだろうなあって
それは思うなあ。
好きじゃないけど。


バレエ友達においしいプレゼントをいただきました。
これは、甘くなくて本当にめちゃ美味しかった。
最近食べた中ではダントツ大ヒットでした。
ballet lesson 170 これじゃスケート。
   | バレエレッスンとか・・・ | 12:31 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


フェッテ、脚を回してからパッセすること。
すぐにパッセしない。
ピルエット、トンベ、パドブレ、グリッサード、アッサンブレ、ソテ四回、ポーズを
何度もやりました。

ポワント、足に力が入ってなかったのか、
横にシューと滑って、、、びっくりびっくり。
クイってねじれて、つるって滑ってしまうことは
まあまぁ今まであったけど、
真横に滑っていくのは、なんとも初めて。
しかも何センチか、、。

自分もびっくりだったけど、
横の人もびっくりしてた。
さぞかしこわかったと思う。
こっちにこないで〜って。
これじゃ、まるでスケート。
本当気をつけなきゃと思ったのでした。
そして、ごめんなさい。

クラスの友達に先日
寄木細工とか小田原に言った話をしたら、
たくさん今まで工房に行くことがあって、
家にあったから、、と、なんと
素敵なプレゼントを、、、。感謝感謝。
ballet lesson 168 169 されどエシャッペ。
   | バレエレッスンとか・・・ | 18:19 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
引き上げがだいぶうまくいった
ポワントでのエシャッペ、センター。
脚だけ見ていると
とてもうまい人がやってるみたいだよ〜と。
嬉しいお言葉だけど、大笑い。

エシャッペが上手にできるようになると、
他のことも不思議と連動して
上手にできるようになるって。

なので、エシャッペをもっと好きになるようなろうと
思ったのでした。

また、パッセとアラベスクを
センターで特訓。
アラベスクもっと自然に最初の部分、立つように。
よし今から立ちますよ(気合)的なのは、
前足ばかりに力が入る。
後ろ足にも分散させるように。
こちらはまだ引き上げが全然でした。

やはり、怖さが先立ってるのが自分でもよくわかる。
あとは、怖さで上半身が固まってる、、と。
もっと、柔らかく。

ピケターン。 回ってるときから、
立ち終わりの形をイメージせておくこと。
だいぶポワントでも慣れてきたかなあ。
両足なので怖さは感じなくなりました。

あとはセンターでの
グリッサードの特訓。
左向きのピケターンなどもやりましたが、
やはり、やりにくいですね。

それから、先生と一緒にワルツで踊りながら
前に進むをやりました。
手の動き。やわらかく。
ピケターンも合わせてやわらかく回ること。
ワルツの出だしは、重心を低く。
回る時は対照的に高く回る。
メリハリをつけること。

バチュがなかなかできない。
こんなにできなかったかなぁ?
どうしても後ろ足がまがる。 

まあ、そんなこんなのレッスンでした。
piano lesson 42 毎回アドレナリン全開
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:03 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
前回予定のレッスンが大雪で流れたので、
久しぶりのレッスンでしたが、
期間はあったのに、
その割に練習不足は否めないレッスンで、、。

モシュコフスキーは練習できなかったので、
バラード4番と
ノクターン15番を見てもらいました。

バラードまだ譜読みも半分までもきてないので、
頑張って〜と。
でも、バラード練習してるから、
ノクターンは優しく思うでしょうね。
短い期間で最後まで弾けてすごいですねと。

ノクターンだって、
綺麗にはこれからだけど、
バラードが何しろ譜読みもまだまだなので 、
弾けそうなのを選んだとは言っても、
曲の最後まで弾けただけで、
私としても達成感が。笑

バラードは、特に左手の強弱をみてもらいました。

私の前の方が私とほとんど同じレベルの方で、
待っている間の10分だけでしたが、
モシュコフスキーとノクターンを聞かせていただいて、
とても勉強になりました。
なので、有意義だったし、
次の自分のレッスンに、
かなりやる気とモチベーションあげてもらいました。

バラードですが、私は
ニコライ・ルガンスキーの演奏を
http://bisous.jugem.jp/?eid=4045
理想としているのですが、
こういうふうに1%でもいいので、
弾きたいと思っていて、、、、
なんで、先生にも動画を見ていただきました。
そういうところ、本当に努力をしてくださるので、
ありがたい限りです。

ノクターンは、今度は見開きで後ろから
練習してみてくださいと、、。
そのほうがバランスとれてくるから、、と
アドバイスいただきました。

ともかく、全神経と体力を最大限に使う
ピアノレッスンですので、アドレナリン全開。
終わった時にはかなりの脱力ですが、
毎回、やりきった充実感のあとの
カフェでのコーヒーは最高です。
 
ballet lesson 167 「乙女の祈り」で。
   | バレエレッスンとか・・・ | 15:57 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ポワント含め、すごく形がポジションいい。
調子がいいですね〜と、、 。

私も形は自分ではわかりませんでしたが、
引き上げがうまくいって、
背中もつかえてるなぁ、、と。
胸もなんだか伸びてるなぁ
と感じながら楽しくレッスン。

センターでは、乙女の祈りを使って、
(なんか懐かしかったです。
小学校の頃やったなあって)
簡単な踊りをみんなで一曲仕上げました。
結構楽しかったなぁ。

ルルベで立つ。
シャッセ、ジャンプ、左右。
みんなで輪になって、ポーズ。
アラベスク3回。
また輪になって、反対側でポーズ。
小刻みで左右で動いてポーズ(ここがよく思い出せない)
パドブレでみんなの周りを回る。
アラベスク。
自分の最初の位置に戻る。
ここからはどうだったかな、、、
とこんな感じで進みました。

どんな短い曲であっても、
ホントにバレエらしくやるのは大変。
先生の横でやって、
何から何まで形が違ってましたもの。
次回もやるそうなので、
少しでもバレエらしくなるように
きれいにやりたいなぁ。

センターで、
アラベスクが一瞬でいいので、
出来る為に、
(バランスが)後ろすぎても
前につんのめりになってもダメだし、
ちょうどよいバランスを
何度もやって、
見つけられるように頑張りましょうと
言っていただきながら終わりました。
  1/140P  >>