Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
piano lesson. 32 まだ終わりません。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 13:12 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ショパンノクターン13番ですが、
まだあたふたしております。
一向に流れがある弾き方まで全然到達しない。
もう、今だにアップアップしながら弾いてる状態なので、、

なので、先生にもアドバイスをいただいて、
出来ている、他のところはやらない。
できないところのページのまず、
二段ずつ出来るまでやる。
それを繰り返す、、。
それで進めることになりました、、

それで、先生が、
やはり、弾ける曲を弾きたいですよね〜って、、。
そして、難しい曲ばかり選んできますよね〜って言われて、、汗

この曲を諦める選択肢も
もちろんありましたが、
やはり、一度やろうと思って、
(そんなに時間がかかるとは夢にも思ってませんでしたが)
選んだのだし、諦めないでやることにしました。

で、二段ずつ見てもらうことにして、
それだったら、モシュコフスキーと
あと、もう一曲何か、
全体を見てもらえる曲をやろうかなぁ、 とか。

こう長くやってると、
たとえ全然弾けなくても、曲に飽きてくるんですよね、、。

リフレッシュ、気晴らしとして、
もう一曲見てもらうとしてら、
何にしようかなぁ、、。
あまり難しくなく、
負担にならない程度のもので、、
そして、やはり、ショパンで、、かな。
violin lesson.52 初めての重音
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 12:58 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ものすごくヴァイオリンへのテンションが
低かった週でしたので、
恐る恐るレッスンに行きました。笑

が最初の調弦、音階から
いつもより調子がいいという、、。
ほんと、不思議な感じでした。
心の中で一気にホッとしました。
(どうなるかと思っていたので)

カイザー(の苦手なスラーを)やり始めて、
自分の負の連鎖が始まり、
途中またもやテンションが低くなりましたが、

曲の途中で重音が出てきて、
はじめて(二箇所だけですが)
重音で弾くという練習を先生とやり、
すごくそれがヴァイオリンらしく、嬉しかったので、
いきなりテンション低いから
モチベーションアップになりました。

3月4月は事情があり、
環境的に練習ができなくなるので、
(ピアノもそうですが、)ヴァイオリンも2カ月お休みです。
その間にせめて大幅に状態が悪くなりませんように。

バレエはスタジオに行けば、
なんとかなりますが、
楽器は家とかで練習してなんぼのもんだし、
やはり、やる気とかそういうことの前に
練習できる環境がなければ、どうにもならない、、
ですね。

まあ、ものすごくやる気があれば、
どうにでもなるもんでも
あるでしょうけど、、
貸しスタジオやヴァイオリンだったらカラオケボックス
でも練習できるだろうし、、。

ともかく、重音が嬉しい〜でした。
ballet lesson. 69 妖精なんて>腕は猿、足は象ですから。
   | バレエレッスンとか・・・ | 15:29 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
私はこんな風に踊りたいとか、
子どもが表現できないことを
やってみる、、とか、
バレエが好きって気持ちを
優雅さでもって柔らかく踊るとか、
そういうことが大切で、

技術は伴わなくても、そのためには
「私を見て〜」位ずうずうしくなることも
バレエには必要。

難しいことができなくても、
立った姿がバレエらしくて
綺麗とかそんなところを目指すように、、
との先生のお言葉。

ピルエットにかぎらず、
手首が曲がってる。
手首に力が入ってる。
ささっと力なしに、横に手を一瞬広げて、
すぐにアンナバンにする、、。

あと、イレギュラーな練習をやりました。
歩き方の練習。
つま先で上半身を固定して歩く。
たかが、歩くだけなのに
ほんと難しい。

先生は立ち振る舞い
本当に美しいのよね〜。
それこそ、立つだけ、
歩くだけでも、 バレエで、、、。

上記の延長で、
先生に妖精の踊りなのに、
もっと軽やかに、、
なんて重々しいの、、、
人間すぎる〜

もっと足をつく面積を少なくして〜
なんて言われましたが、
妖精なんてまだまだ程遠いです。笑

何しろ私は腕は猿、足は象の動きにしか
なってませんから、、。

アティテュード、何度も今日はやりました。
シャッセも何度も。
ちゃんとやると、どれもこれもほんとに大変ですね、、
あらためて今日思いました。

ここしばらくは、だからちゃんと
やってなかったんだろうと思います。
楽をしてたんでしょうね、、。
ballet lesson. 68 体が動くとさらに楽しいっ
   | バレエレッスンとか・・・ | 15:55 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


昼ご飯を食べてレッスンに行ったのに、
レッスン終わって、
あまりにもお腹がすいて、
すき焼き定食なんぞを食べてしまう、、、。
皆さんに驚かれてしまった、、。笑

ピルエット>センターで左回りを
すっかり忘れてしまう。
アンドゥダンと混同してしまう。

でも、この日は朝起きたときから、
体調がよかったので、
バレエもそれなりに自分比では、
よくできたと思う。

ポワントもセンターで、
バレエシューズでやっている
簡単なパドブレの入った動きを
はじめてやってみる。
「やってみますか?」と先生に言われて、
せっかく体調よいのに、
やらないともったいない気持ちでやりました。笑

まあ、動きはダメダメだけど、
最後までとりあえず降りないで、やれたことが
素晴らしい、、と苦肉の褒めことばがありました。笑

でも、1年経って、少し動けるようになって、
そして、体が自分比でよく動く日は、
本当にさらに楽しいと思えるバレエ。
そして、やはりポワントレッスンは嬉しい。

バーレッスンでは、上に伸ばす腕も
とにかくアンオーを意識して。
でないと、私の場合猿の手になってしまうので、、。
腕は猿で、足と重い動きは象、、、汗
の私。

バーレッスンやってて、お尻を締めるってことが
ようやくわかってきた気がするなあって
思いながらやってました。

最後は先生と一緒にアダージョで踊る。
本当に嬉しい時間でした。
violin lesson.51 前日に練習できなかったらダメですね。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 13:44 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
先週の日曜日にピアノで音程を確認しながら
練習もしてみたけど、
やっぱり、いくら日曜日にやっても、
前日とか当日にバイオリン触れなかったら、
全然(レッスンでは)ダメですね。

最初の出だしの音程がまったくとれない、、。
「ド」の音も
脳内の音と実際の音が
結構かけ離れていて、
先生と一緒に弾いていくうちに
やっとこさ、ファーストポジションの音程が
定まってくくる、、という感じで、、。

先生にもせめて、一小節、
それも無理なら、
ドの音を確認してみる、、それだけでも
やってください、、と。

それなしに、日にちがあいてしまうと、
やっぱり誰でも感覚が鈍る、、
わからなくなる、、のは当然と。

やっぱり楽器の練習って
シビアだなあ、、、としみじみ
思いました。

毎日触れる、、、基本中の基本なのは
わかってはいましたけど〜

書くのは簡単だし、
やっぱり、実際は難しい部分もあるけど、、
まあ、15分までいかなくても、
(それだとやっぱり無理な日がでてくるし)
必ず1分でも触る、、、
を目標に、、かなあ〜

実際、昼間私が家に居られるときで、
かつ、家人が誰もいないときにしか、
練習はできてないので、、

それが叶わないときでも、まあ、
1分なら、とりあえず
みんなに迷惑かけないかなあ〜と
思い直しました。
 
ballet lesson. 67 多少引き締まったようです!?
   | バレエレッスンとか・・・ | 19:28 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


前回のレッスンで1年経ちましたが、
1年続けてみて、 体重、体脂肪は
たぶん食事のせいで、 1年前より
若干アップしてしまってますが、

それでも、皆さんに
脚と背中が引き締まってきた。
バレエの体型に少し近づいてきた、、
とわざわざ嘘を言っている訳でもないでしょうけど、
まあ、誇張であっても
そう言ってもらえて、
本当にうれしかったです。

バーレッスンにて、
いつも後ろで踊っている人の方が ​
自分よりむしろそういった小さな変化のことを
よくわかってもらえているのかもしれません。
自分で自分の背中はよく見えませんから。 

自分で最近気がついたことでは、
脚のむくみが少し緩和してきたかなって。
これも気のせいかもしれないけど、
嬉しい限り。
一番の悩みどころだったので、、。

あと、先生にもポワント
この頃は安心して見ていられる
と言われたことで、
先生も実は心配して下さっていたんだなぁって。
有り難いことです。

今日はピルエット、腕のタイミングを
つかめた気がしました、、、。
次回まで覚えていられるかしら〜
violin lesson.50 ボロボロでした。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 15:49 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
2週間ぶりのレッスンでしたが、
またまた毎日バタバタ、
あと、いつも家に人がいる状態で、
一人になる時間がまったくなく、
練習できなくて、、、
なんとも一回も触ることなくレッスンに行きました。

その旨、先生に最初にすみませんっと
申告してから、スタートしましたが、
本当に音程はともかく、
1stポジションまでも指使いを
忘れたり、、、もうボロボロでした。

本当にたった2週間何もしないだけで
こうも忘れてるなんて、
自分の老化具合と脳みそ加減が情けなかったです。

先生は主に子供を教えておられるし、
子供だったら一度できたことは
できなくなる、、なんてことは
よっぽどのことがない限り
ないと思うし、先生もまだ若くて
きっと、、、この人、、、何何って感じだったと思う。

すっかり忘れててすみません>私
本当に見事に忘れてますね>先生

まあ、2回くらいやったら
思い出してきたからいいですよ、、と
先生もほっとされていたようでした。

やっぱり、人がいて練習できない、、ということはあっても
ここまでほっておくのは、、だめですよね〜
自分が情けないし、
レッスンの内容そのものも無駄になりますよね、、って

でもでも、練習のやる気とかそういうことよりも
環境を整えることがまず楽器は必須ですよね。
これはヴァイオリンだけでなく、
ピアノでも言えますが、

まあ、4月からちょっと環境が整えらえると
思うので、今はその過程にあるので、
バタバタでも仕方ないかな、、。
4月から本腰をいれて練習しよう。
ballet lesson. 66 1年が経ちました。
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:57 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
バレエをはじめて、1年が経ちました。
本当に何もわからない状態から、
とりあえずは、何をやってるか、、
くらいにはわかるようになりました。

ここまで続けられたのは、
本当に先生のおかげ。
バレエって最初のとっかかりというか、
やっぱり入りやすい習い事ではないと思うので、
はまって続く人も多い中で、
きっと1年未満で挫折する人も多いのかなって
いろんな話を聞いて思うし。
本当に感謝感謝。

これからの1年は気持ち的には
これまでの1年よりは、
ちょっとでも余裕を持って、
落ち着いて踊っていきたいなあ、、、と
思ったりしています。

今日、もう一度前アティチュードの形を
見せてもらうようにお願いしました。

いまいちわかってなかった、クロワゼとエカルテの
センターでのアダージョ。
今日徹底的に教えてもらってやっと
ちょっとわかったように思います。
 
ballet lesson. 65 プリエ効果。
   | バレエレッスンとか・・・ | 18:46 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
めずらしく、週3回もレッスンに行けました。
こんなことはめったになく、
そもそも週3回になるのは、
月に一度くらいしかないので、
ほんと、今週は
やった感ありありでしたし、

本当に体が楽でした。
足もよく動くし、体が軽い。
たとえ、中年の体でも
間開けないで、
回数こなせば、
はっきりそれなりに違いがわかるんだなあって
しみじみでした。

アティチュードの足の形。
外側を向かない。
最初の形を保ったまま、後ろへ。

前向きのアティチュード、やっぱり
形がおかしいと、、。
先生と一緒に鏡に向かってやってみました。
自分でもなんか変だなあって思いながら
やってたから、指摘されてよかったけれど、
でも、また忘れてしまった気がします。

ポワントレッスンでも、
はじめて前向きアティチュードをやってみました。
アラベスク、前むきアティチュード、
アラベスク、パッセ、ターン、
また同じことの繰り返し、、。
何度かやってみましたが、
大変ですね〜

大変でしたが、でも、いつもは終わったあと、
足がだるくてガタガタになるんですが、
さすがに前回と日にちがくっついてたせいなのか、
全然だるくなかったです。

こんな気分の日なんて滅多にないので、
ほんとはもっとポワントレッスンしたかったです。
せっかく調子がいいし〜って
短めで少し残念でした。

終わってからのランチ、お茶では、
TVでバレエをやっておられた整形外科の先生が
出てて、クリニックに短いバーがあって、
診察、治療の一環として、
プリエとかやってる、、
というような内容だったようで、
プリエって腰痛とかそんなことにも効くんだなあって、、
あらためて、、。
バレエ効果なんですね〜

別に上手にならなくても、
老後に向かっていく中で、
レッスンで毎回プリエをやっているだけで、
何かを予防できるなら、
それだけでなんだかもうけもんですね〜
なんて話になりました。
 
ballet lesson. 64 盆踊りっ!?
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:14 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


トンベ、パドブレの腕がカタイ。
手首に力が入って、動きをとめている。

手の動きが進行方向前に向かわないで、
横になりつつある。
それじゃあ、盆踊りだと、、。
滝汗 笑 悲

なかなか難しいなあ。
柔らかさ、優雅さが
まあ、バレエの持ち味とも言えるんだろうけど、
なかなかそういう風にならなくて、
体操みたくなっちゃう。
そして、盆踊り!?笑

あと、どんな新しい曲がかかっても、
よく聞いて、頭をつかって、
しっかり合わせる努力をすること。
音楽と合ってないのは一番最悪。

それでも、ジゼルのヴァリエーションの曲は
大好きなので、いつもとは違い、
その曲でピルエットの練習は
嬉しかったなあ。

ポワントは、パドブレの練習。
肩甲骨、胸のあたりをもう少し引き上げる。
足だけで立とうとしない。
体全体を(引き上げながら)使って立つほうが
楽に決まっている、、と。

またカゴの贈り物をいただきました。
そして、今日はいつもとまったく違うメンバーで
レッスンあとお茶。

それはそれで、全員10年選手の人たちだったので、
長く続けられる秘訣とか、、
なんとなく参考になりました。

先生、いつになく厳しくて、、、。
10年の長いスパンでやっていると、
そりゃあ、時には、
中だるみの状態ってあると私は思うし、
いつもいつも上向きってわけにもいかないだろうし、
なんというか、よくいえば、アットホームなクラス。
悪く言えば、慣れすぎた空気感に
喝って感じでした。

何年やっていても、いつも初心の気持ちで、
毎回緊張してやってもらいたいと、、。
そして、人がやっているときは、
しゃべってないで、緊張して
自分とは何が違うのか、
常に研究して待ってるように、、と。

もちろん私はまだ経験が浅いし、
そんなおしゃべりしている余裕なんて
まったくないし、
そもそも先生の説明だけで
振りはとても覚えられないので、
研究ということまでいってなく、
前の人たちのを見て、
まず振りを覚えることに必死なんですが、、。
  1/125P  >>