Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
ballet lesson. 103 ポワントレッスンのこと。
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:26 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


ポワントレッスンでは、パッセで前に進んで行く練習を。
とにかく腕が使えてない。
腕は飾りでなくて、全身、上半身を
引き上げるのを助けるもの。
脚ばかり頑張ってる。

そりゃ、まだまだ足、脚のことで精一杯ですもの〜
って感じですが、、。
腕をまあるく、形のチェック。
下を向かないこと。
上、前を見て進むこと。

時々こうして突然にポワントレッスンが
高度になります。
いつも下から上へと
継続したレベルだったらよいんですが。

やはり、その点でその日のメンバーによって
突然に高度になったり、
一番最初のレッスンになったりするのが、
自分のことだけ考えるとちょっと不満かなぁ。
仕方ないですが。
毎回すこしずつ上がっていくのが理想です。

片足パッセをやって、少しコツと怖さを克服できたと思ったら、
しばらく両手バーばかり続き、
そして突然に片足、、なんてことの繰り返しで、
そのあたりで進歩が止まってる気がします、、不満。笑

こうなったらやっぱり家練習あるのみかなあ、、。
ballet lesson. 102 私の脚はグミ
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:21 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

 

ポワント、とにかくあげる脚のことより、

軸脚をびんとはる。

上半身をもっと使うことを

今後は一番に考えること。

 

例のロシアの方に、

足を押してもらって、ここまでだよ、、と。

この体制にもってくるのは、かなりの筋肉が必要だし、

もっと甲を押し出すように立たないと、と、、

これは大変だわあって。あらためて。

 

脚もさわってもらって、

引き上げるこつを教えてもらったのはよかったのですが、

触るなり、「なにーこの柔らかい脚」

「グミみたいだよ〜」と。笑

 

でも、これだけ前重心で立つと

いやでも脚の全体の筋肉を使わざるを得ないのが

なんとなく感覚がわかったし、

脚全部を上へ上へと引き上げられやすく、

そして、その延長で上半身も

引き上げられやすくなる感覚が

ほんの少しわかった気がしました。

 

前後脚ストレッチでは、

真正面に向けるクセをつけるように。

 

パドブレ、ポワント後ろ足が基本。

反対にならないように。

上半身が弱い。

 

センターのアラベスク、

一番から二番に行く時の腕が

まるでクロールになってる。

またかあ、、、でした。

ballet lesson. 100 101 スリッパのかわりにトゥーシューズ? 100回記念。
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:15 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
この日は、なんとなんとレッスン100回記念でした。
先生のお陰で、100回レッスンに通えました。
長期旅行もあったし、
病気のせいで相変わらず行けない日も多いですが、
1年4ヶ月で100回。
月にしたら、6回強。
思ってるより、いがいと少ないなぁ、、
と思いましたが、

ポワントで両足ではセンターで
なんとか動けるようにもなり、
先生のお陰でここまで来たって感じです。

暑い日だったけど、
1日ぶりのレッスンは
やはり、前回とは対照的に
体が割と動いたのを実感。

ポワント初の方と一緒だったのですが、
喜んでおられたなぁ。
その方の真新しいシューズに比べて、
かなり私のシューズは落ち着いたなぁって感じで、、
足にかなり馴染んだ気がします。

その方がこれから毎日家でも練習する
っておっしゃってたので、
私もなんだか負けられないなぁって。

四番ポジションの足の確認。
ちょっと離れすぎてる。
引き上げの確認。
足に気をとられるより、まずは引き上げ、、。
腕、若干もう少しまげる。
顔の定位置を早く定めること。
毎回違うようでは、自分が苦労する。

ピケ、手に振り回されないように。
ただ出すだけで。
力はまったく加えないこと。

ポワント、もっと早く回るように。
最後は足を揃えて五番で、、
足がガチャガチャしてるのは、
そこまできちんと回りきれてないから。
もっと自分の力で素早く
軸で回るようにするともっと楽。

バレエシューズでは、今までで一番早く回れた気がします。
東京シティバレエ、観に行ってきました。
   | バレエ公演、動画 など | 16:10 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

 

東京シティバレエ団のリハーサルを見に行って来ました。

リハーサル風景なんてはじめて見て、

あれこれほんと思うところはたくさんあり、

いい経験になりました。

 

レッスンをして、それから行ったので、

嬉しいバレエ三昧デーでした。

 

写真はリハーサル前の自主練風景。

ここまでは写真撮影よかったのよね???

 

音楽を意識すること。

 

私の先生がいつも言われている、

音楽の重要性について再確認できた感じがします。

 

あと、質問コーナーでは、

子どもが

食生活について質問して、、(すごいっ)

レッスン前はおにぎり等、、

でもレッスン後は甘いもの等

食べたくても食べない、、とか、

言われてました、、。さすが。

 

あとは、プロとしての表現をどうするかといつも考えて等

話されてました。

 

石井先生ってはじめて知りましたけど、

5歳の時のバレエは遊びだった。

でも、遊びの仕事を80年も続けてこられたのは幸せ

とおっしゃってましたが、

 

「遊び」という言葉いいなぁと。

すごく響きました。

 

でも、その昔はバレエのことは、

トヴダンスと言ってたそう。

パブロワの来日時の時代の方なんだなぁと。

 

戦後はちゃんとしたメソッドもなく、

足腰に無理をさせたとおっしゃってました。

 

いろんなお話も聞けて、

楽しい時間でした。

 

あと、リハーサルですから、

衣装ではなく、自前の!?練習着も、、とても

新鮮でした、、。

新刊出てました。
   | バレエなお買い物たち♪ | 16:04 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


っていっても、数ヶ月気がつくのが
遅かったですが、、。
一気にまんがは読みたい派なので、
この1冊1冊スローに物語が進むのが
あれ、、ですが、、。
まあ、とりあえず続きも楽しみに、、です。

二人がくっつくことは、
まいあで読んでいるから
わかってはいるけれど、、、ね。
Bechsteinで練習してきました。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 16:01 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


Bechstein で練習。
短時間でどうにかなるものでもないのに、
中学生みたいな弾き方で
必死に弾き続けたせいで、
ひどい肩こりになったぁ、、。
まぁ、楽しかったけど。

今年後半はもっとこういう時間を
もちたいなあ、、、。
ジゼル、観に行ってきました。
   | バレエ公演、動画 など | 15:59 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


新国立劇場でジゼルを観てきました。
ジゼル特有の軽い軽い空気感と
足さばきが見事でした。

コールドバレエの理路整然とした美しさ。
ジゼルは小野絢子さん。
アルベルトは福岡雄大さんでしたが、
一幕も二幕もただただ素晴らしく、
涙がでそうでした。

あと、ロシア人の指揮者の方が
最初から素晴らしかった。
すごいダイナミックでした。
他のお客さんも同じようにそう思われたようで、
最後は何度も何度もブラボーと拍手喝さいでした。

やはり、舞台はいいものですね〜

夢のような時間。

何か文を書くことが陳腐な感じです。
素晴らしさを言葉にできないですね。
ballet lesson 99 されど体重
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:16 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


久しぶりのレッスンで体重かった〜。
先生もそれを見越して、
バーレッスン重視でした。

ポワントレッスンもたぶん五分くらい?笑
センターでは、私の体操のような動きに、
先生、もっと踊りらしくと、、、苦笑でした。

シソンヌとかそういう動きが入ると、
ほんと、余裕がなくなり、
バレエであることなんてすっかり忘れて、
ほんと、体操というか、、
なんというか、どうでもいい動きに
なってしまっているんだろうなぁ、、。

昨日は特に重心も低いし、
脚も上がってない、、
前はもっと上がってたよと、、。
まぁ、レッスン、結構あいたし、仕方ない。
今週末、来週とあるから、
調子を取り戻せたらなぁ。

でも、体が重いのは、
運動不足だけでなく、
実際に体重も増えてることもあると思う。
体重が51キロから
半年で54キロまで増えてしまった。

生まれたての赤ちゃんが3キロですから、
赤ちゃん背負って踊るかそうでないかって
雲泥の差だし、
せめて、3キロやせたら、
引き上げという点でも、
かなり踊りやすいだろうなぁって
それは疑いもない事実でしょうが、

3キロ太ったってことは、
元の体重から3キロ痩せるまでいくとすると、
結局合計6キロ頑張らなくてはいけないことに、。汗

3キロのうちのすべてが脂肪というわけではなく、
筋肉も含めての重さということではあるけれど、
バレエをしないなら、それはそれでいいと思うのだけれど、
引き上げて踊るということでは、
筋肉があろうとなかろうと、
その重さが足にかかるということは
事実だしなあ。

しかし、不思議なことに
バレエクラスの数人に痩せた?
顔が小さくなったと、、と言われました。
体重は増えても、引き締まったのかな。
不思議なこともあるもんだ。

引き締まりということでは、
昨日帰りにクラスの人とご飯を食べに行って、
体重話しでは、その方は60キロあるとのこと。
脚なんてアスリートの脚で、引き締まっていて
かっこいいんですが、それだけあるんだって、、。
見た目と数字は比例しないですね。
数字は数字ですし、見た目の方が大事だと思いますが、
やっぱり脚、足の負担を考えると、
せめて元の体重に戻りたいです〜
シゼル、永久保存版です
   | バレエ公演、動画 など | 09:08 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


結構前に録画したマリインスキー・バレエの
「ジゼル」を見てます。
コスチューム含め久しぶりのロシアンな雰囲気満載ですね。

パリ・オペラ座のマチュー・ガニオ
とヴィシニョーワ。
この組み合わせはあり得ないくらい嬉しい。
なんといっても男女とも、
私の一番大好きなダンサー同士ですから。
夢の組み合わせです。

そして、どうされてるかなぁと思ってた、
コルプさんも見られて。
しかし、コルプさんこの役で
いい味だしてますね〜。

「ジゼル」は、
フランスで生まれて、
マリインスキーで育った演目ですが、
やはり、一番好きな演目です〜。

マチューはなんといっても
性格、人の良さ、気品、
表情とどの場面の踊りにもいつもでてますね。

ヴィシニョーワのジゼルはDVDでも舞台でも
前からよく見ていましたが、
二幕は更に憂いを帯びていて、、
表情がまさに女優ですね。
ここ数年の進化を見ました。
 
ロパートキナ、引退されるんですね。
   | Ballet ダンサ〜 | 06:11 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ウリヤーナ・ロパートキナが
ダンサーとしてのキャリアに終止符を打つと発表。
マリインスキー劇場公式に掲載されています。
https://www.mariinsky.ru/news1/2017/06/16_3


とありました。
オーレリーの時もそうだったけど、好きなダンサーが次々と引退。
長く踊っておられたし、
やはり、さみしいなぁ。

先日DVD観たばかりだったので、。
性格が素敵で、いろんな踊りが踊れた人だったんだなぁ
とあらためて認識してたところでした、、。
  1/131P  >>