Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
やせたければ脂肪をたくさんとりなさい ダイエットにまつわる20の落とし穴
やせたければ脂肪をたくさんとりなさい ダイエットにまつわる20の落とし穴 (JUGEMレビュー »)
ジョン・ブリファ
糖質制限の決定版というべき本。学ぶところがたくさんあります。
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
50歳からは肉を食べ始めなさい
50歳からは肉を食べ始めなさい (JUGEMレビュー »)
藤田紘一郎
「炭水化物をやめなさい」に引き続き、目からウロコ本。肉好きな私にとっては、50歳以上になっても後ろめたい気持ちで肉を食べなくてよいのが本当にいい。正しい肉の食べ方や効果は納得の1冊
シリコンバレー式 自分を変える最強の食事
シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 (JUGEMレビュー »)
デイヴ・アスプリー
私のバイブル本です。すべてが目からウロコで、この本を参考にして、今の食生活を構築中。結果は上々です。
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
こんな美しい妊婦さんいないですよね>ポリーナさん。
   | Ballet ダンサ〜 | 09:49 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



先日のお写真に加えて、またまたポリーナさんの
お写真があがってました。

先日も神々しいと書きましたが、
本当にこんな美しい妊婦さんいないというほど、
美しいですね〜。

全身幸せオーラが写真から伝わってきました。
こちらまで幸せな気分になります。
松ヤニ ポワントとヴァイオリン
   | バレエのこと/その他 | 15:21 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


ポワントレッスン前に、
皆さん、(滑らないように)松ヤニを砕いた粉を、
シューズの先につけて練習されるのですが、

ヴァイオリンの弓にも(塗ることで)
引っ掛かり&摩擦を作るための
松ヤニがあります。

それで、そのヴァイオリンの松ヤニを
ポワントにも塗ってみました。

塗ってはみたものの、
またまた風邪をひいてしまって、
レッスンはお休みです。

効果のほどは、また、次回です。
violin lesson.44 新しいケースを購入しました。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 14:11 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


前のケースの留め金の調子が悪くなってしまったので、
新しいケースを購入しました。

前のものより若干大きめですが、
リュックタイプなので、
安定して持ち運びできるので、
その点はよかったです。

レッスンですが、なんとなんと
あまりに1週間が早すぎて、
ピアノばかりに時間をとられて、
ヴァイオリンまったく本をあけることもなく、
音階の練習もすることなく、レッスンに行きました。

そう先生にまずは申告しましたが、
先生、嫌な顔ひとつせず、
今、練習しましょう、、と
教えて頂けました。

ずっと練習してなかったので、
音程が少々悪かったので、
先生と一緒に曲を弾きましたが、
それがまたいつもながら楽しい。

先生の綺麗な音色を聞いているだけで、
癒しになります。
それを聞きに行っているようなものです、、。汗

久しぶりすぎて3rdポジションの指使いで
あたふたしてしまいました。
やっぱり、たくさん忘れていたので、
ちゃんと習ったらすぐにやらないとなあって。

3rdポジションは3rdポジションの位置内での
動かし方、、、を練習すること、、と。
軸になる親指はあちらこちらに
動かさないこと。

弾く指が寝てしまっているので、
立てて弾けるように、
自分なりに親指の上下を工夫すること。
そして、肘から下だけを動かすこと。

あと、弦が汚れているのかと思いきや、
弾くと指が黒く(先週から)なるのを
先生に言ったら、
指板が古くて剥がれてきているのでは、、と
先生のもそうなるそうです。
でも、それが即問題というわけでもなく、
気にならなければ、それはそれでいいのだそう。

そういったことも含め、ヴァイオリンは本当に
アナログだなあ〜って。
piano lesson. 29 思ったよりめちゃ時間がかかりそうっ〜
   | ピアノ/お稽古+関連* | 15:19 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ショパンのノクターン13番。
当初自分が考えていたよりも
はるかに時間がかかりそうです。

ポロネーズまでの間のウォーミングアップに、、、なんて
当初は思っていましたが、、。

そして、雨だれ位のスピードで終わるかと
予想していたのですが、、。
そして、今年中に終わって、
新年はポロネーズから、、、と勝手に思っていましたが。

結局全然前に進みませんので、
春くらいまでやってそうです。
だって、今日はレッスンでも
1小節ずつといった速度ですから。
こんなことははじめてです。笑

タイにするところを、見逃していて、
指番号を2で弾いていましたが、
タイにするためには、3の指であらかじめ
弾いておかないと、そうできなくて
それの修正とか、 小指の音が聞こえないとか
そんなこんなで、
でも、1小節1小節、ゆっくり先生に確認して
もらえましたので、ありがたいです。

Mark Salmanさんの動画もそうですが、
レントとなっている部分ですが、
柔らかい感じはしてはいても、
基本的にきちっきちっと楽譜通りに弾かれていて、
もう計算し尽くされている、、と。
そういう風に参考にしながら 弾くこと、、、と。
その部分はそう弾かないといけないようです。
変に抑揚とかつけないで。

まあ、でも、いい曲なので、
ゆっくり年をまたいで練習しよう、、です。
ほんと、この曲ってきちんと練習しないと
いつまでたっても弾けない、、、。(何が言いたいんだか、、っですが)

それから、パデレフスキ版を使っていますが、
なんだか指番号もなく、ちょっと不親切ですね〜
と他の楽譜を見て、できない部分の指番号を
鉛筆ではじめてふりました。
ballet lesson. 56 ハンカチをありがとうございました。
   | バレエレッスンとか・・・ | 08:46 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


いつも私の前にいて下さった上手な方が、
お引越しにて最後のレッスンでした。

ほんと、いつも後ろから、
背中を拝見しながらバーレッスンしていたので、
なんだかとても寂しい気分です。

その方から最後にハンカチをいただきました。
お引越し先でももちろんバレエは続けられるそう、、。

バーレッスン、また、フォンデュの時に軸足が曲がっている。
ほんと、しんどくて、もういつもこのあたりで
限界になってしまうんですよね。
わかってはいるんだけれど、
もう、脚が言うことをききません、、、汗

トゥシューズ、いつもより少し長い時間やってみたら、
もう、家に帰って一気に疲れが出てバタンキューでした。
ほんと、疲れるものですね。
でも、夜もぐっすり眠れる効果があり、、
いつも不眠症気味の私にとっては思わぬ効果でした。

膝をぐっと後ろに引くこと。
あと、アッサンブレだったかエシャッペの時に
膝下しか使えてないので、
脚全部を使うこと。
先生の掛け声とともにやってみて、
なんとなくコツは一瞬つかめた気がしました。 

センター、グリッサードに引き続き、
苦手発見。ソテ。
足を一回着いてから、低く飛ぶ。
シソンヌとゴチャゴチャになってしまう。
違いをちゃんと教えてもらったけど、
イマイチ把握しきれなかった。

ソテ、シソンヌは今後の課題です。
ballet lesson. 55  60代、70代ですごいと思う。
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:43 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


久しぶりのクラスに参加。
「お久しぶり〜」との暖かい挨拶で
はじまったレッスンでした。

ポワント時、あともう少し引き上がれるだろうと。
エシャッペ、もっと足を擦る。
今はまったく擦れてない。
バーレッスンは前後に上手な人に挟まれて、
安心してお手本を見せてもらいながらできました。

センター、前にも言われたけれど、
手、腕の動きが平坦で縮こまっている。
もっと最初から大きく。

アティテュードの足の位置、
久しぶりに先生に手で足を掴んでもらって、
なおしてもらう。
私はバレエシューズで。
他の皆さんはポワントで。
もう、すごいなぁって。
バレエシューズでも大変すぎるのに、、と。

それは、センターのピケなんかでも思うのでありました。
こんなこと、いつか自分にもできるんだろうかぁって。

TVCMを先日見ていて思ったんですが、
60歳〜「いつの間にか骨折」とか、ほんとこわいですよね。
あと、中高年の運動として、片足で10秒立つとか
そんなのを見かけたりしますが、、。

しかしですね、あらためて思うのに、
私が行ってる教室って、
概ね中高年を対象としている教室なんですが、
ただの片足どころか、ポワントで立ってたり、
ピルエットしてたり、
そんな回転する中高年、
シルバーの人たちってすごいと思います。

50代からって本当に人の健康度って様々すぎますね。
私もできることなら、
そんなバレエ教室に来られているような、
元気なシルバーになりたいものです。
 
violin lesson.43 16分音符難しい。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 18:08 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ピアノにエネルギーをとられすぎて、
ヴァイオリンの練習は、
またまたほとんどできないまま
むかえたレッスンでしたが、

ヴァイオリンは家で
ちゃんと練習してなくても、
先生の前だと、 120%家よりも
マシに演奏できる気がします。

もちろん、じゃあ、弾いてみてください、、
と言わればば、多少は緊張もするけれど、
ピアノはこうはいかない、、。
家でできてたことでも、
先生の前だとできないことも多いのに、
家でもできてなかったことは、
先生の前で、まぐれでできたり、
120%の集中力を発揮したからといって
家でできなかったものは、できない。

これが、初心者の練習曲と
それ以上の曲との違いなんだろうなあって。
なんとなく。

でも、今日はカイザー1番で
16分音符での 練習、、もうメタメタ、、。
音がともかくひどいので、
それを聴きながらは辛いものがあるし、
もう、そうなってしまう要素がありすぎて。

早く弾こうとすると、
やっぱり、 不必要な力がかかったボーイングになるし、
だから疲れるし、
弦を押さえる指と弓を当てるタイミングが合わなくなるし、
うまく力がかからないから、
かすれる音になるし、
肘より下だけを動かすべきなのに、
全部の腕が動いてしまっていて、
腕が後ろに引きがちになってるし、
そんなこんなで弓の1cmくらいしか使えてなかったり、、。

もう改善の余地がありすぎて、
次回まで練習する要素がありすぎ、、、でした。

途中、あまりにも腕を後ろにひいてしまったり、
ボーイングの腕が上がりすぎたり、下がりすぎたり
さだまらないので、先生に腕を持ってもらって
練習しました。笑

それでも、まあ、竹取物語のほうは、
次のセクションにとりあえずは進めることになったし、
サードポジションにもだいぶ慣れてきた気がします。

カイザー手強いです。
ballet lesson. 54 ポワントクラス一個増えるかな!?
   | バレエレッスンとか・・・ | 14:29 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


先生に今までの発表会の
どんなだった、こんなだった、、
という 裏話をお聞きしました。

いろいろとご苦労と醍醐味、
こだわりもおありだったのが
よく伝わってきましたし、
あれこれ、私も想像しながら
お話をうかがってました。

>楽しい

教室で何か要望とかリクエストなんかありますか?
と聞かれたので、
先生が、トゥシューズはとにかく、慣れ。
回数がものを言うので、、
と以前おっしゃっていたので、

教室の方でも少しの時間でいいので、
トゥシューズの時間、クラスを作って欲しい、、
とお願いしましたら、

そうね、、と。 (新しいクラスなので)
来年のはじめをめどに、
2年〜経った人たちで
履けそうな人たち、
希望する人に(どんな感じか)
声をかけてみて、 やってみようか、、
という嬉しいお言葉。

私もそこがメインの教室なので、
ここでもポワントクラスの練習ができたら、
張り合いがでます。
とはいっても、
ポワントで立つ訓練をしてる最中、状態ですが、
この状態から実際に踊れる、、
って気が全くほんとしないですが。笑

バーレッスンでは基礎中の基礎をやりました。
まず、ともかくまっすぐ立てているかどうか、、
から はじまって、ストレッチetc。

あと、1にも2にも音楽、、
音楽をよく聞くことが 何よりも大事。
あとは、失敗は誰でもある。
でも失敗、間違えても、立ち止まらないで
やり続けることが大切。
じっとしてたら、音楽はどんどん進むし、
周りも混乱するし、、と。

そういったアドバイスがありました。
piano lesson. 29 そんな甘いもんじゃないですよ!笑
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:18 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ピアノはどうですか?
と先生に聞かれて、

最初の1週間は練習できたんですが、
あとの1週間が、、。
もう月日の経つのが早すぎて、気が付いたら、
(レッスンの)今日でした、、。
と苦しい言い訳。

もう、1週間ぶりにやってみたら、
全然弾けませんでしたし、
当初の目標の最後まで譜読みをする、、も
できませんでした、、と。
言い訳三昧ではじまったレッスンでしたが、、。

ショパン、モシュコフスキーとも、
高校三年生くらいの
バリバリ毎日二、三時間練習するような子達と
同じ曲をやっているんですから、
1週間前のことなんて
覚えているわけもなく、忘れてて当然ですよと。

ピアノはそんなに甘いもんじゃないですよ〜笑
と。
でもまあ、そうはいっても、
なるべく気楽にやりましょうよ、、と。
気持ちよく練習する術を見つけるとか、
練習する仕方ですよね、、要するに、、と。

やはり、モシュコフスキーもショパンも
片手練習が足りなさすぎる、、と。

ショパンノクターン13番をやってますが、
先生と片手ずつかなり早いスピードで的確に
楽譜通りに何度も練習しました。

そして、そのあと、
ゆっくりノクターンらしく両手でやってみました。

よくなってる、、。すごくいい、、。
と言ってもらえ、
最後はなんとかよい感じで
レッスンを終えられました。

ともかく、やっぱり毎回毎回言われていることには
片手ずつ練習かな、、。
自分では十分やっているつもりだけど、
全然足りてないんだなあ〜。

片手ずつやらないと、メロディーを歌うようには
弾けない、、。永遠に、、、と、、。

モシュコフスキーにしても、1段ずつとか
そんな練習をやってみてください、、、と
強くアドバイスしていただきました。

 
これ、理想!?(笑)
   | バレエのこと/その他 | 17:56 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


こんなの理想、、!?
そうでもない?笑

インスタグラムで先ほど見つけました。
  1/122P  >>