Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
ballet lesson. 88 家でもポワント。
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:42 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


やっぱり、まだまだポワントは初心者だし、
ポワントは、じゃなくて、全部初心者だし、、。
(たぶん、現実的に考えて、
一生初心者で終わる気がします)

ポワントレッスンですが、
レッスンで週に1〜2回だと
さすがに子どもでもないし、
最初ものすごくこわいんですよね、、、。
10日もあくと、
本当に感覚というものを
すっかり忘れています。

今まで毎回そうなので、、、
ちょっと家で履くことにしました。

毎日2〜3分のことですが、
こういう時間を毎日
設けることで、
ポワントに慣れてきました。

しっくり来始めた、、というのか、
恐怖心が少しでも払拭された気がします。

昨日のレッスンでは、
かなり恐怖心が薄らいでいて、
自分比でちゃんとまずは
立てた気がします。

たった2、3分のことですから、
これからも時間を見つけて、
続けて毎日やってみようかなあ、、とかって
思いました。

ストレッチはなかなか継続が
できないんだけけれど

まあ、それでも
やっぱり、家だと、
緊張感に欠けるから、
怪我にもつながることも考えて、
あくまで5分以内と、、思ってますが、、。

周りに左右されないで、
一人で心を落ち着けて、
立ってみて、
ポワントの重心を
もっと前にもってくる感覚が
わかった気がしたし、

先日、松ヤニがないクラスで
水をつけてポワント履いたら、
すごい汚れがついたんですが、
その汚れを見て、
つま先の後ろ側に
汚れが付いていることで
ちゃんとトゥに乗り切れてないのが
自分でわかったし、、、

という経緯もあったので、
前重心の意味が少しわかって
嬉しかったです。

センター>最後五分の集中力がもたなくて、
前にやってる振りだけど、
覚えられず、 しどろもどろ、、
そこが悔しかったなぁ。
簡単なことなのに。

ピルエット、 足と足の真ん中に重心とプリエ、
定まってまない、前のめりになることがあるから、
うまく回れない。

アティテュード、
後ろ足もっと内側に。
中心によせる。
でも、体の軸は引きずられないように、
まっすぐに。

そんなこんなのレッスンでしたが、
ものすごく疲れて、
帰宅して、しばらく横にゴローンって
なってました、、汗
リラの精のストラップ・・・
   | バレエなお買い物たち♪ | 09:08 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


先日購入したストラップが
ほんとうにかわいかったので、
リラの精のバージョンの
スラップをまた購入しました。

これは、お食事とか連れてってくださる
先生へのお礼にと、、、。
気に入ってくださるといいなあ〜〜
松ヤニスプレーを購入
   | バレエなお買い物たち♪ | 09:19 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


クラスのレッスンで、
松ヤニの粉が
ちゃんと置いてある教室って
月にほんの1〜2回しかなく、、。

前はリノリウムのクラスもあったのに。
私がポワント履くころには、
リノリウムのクラスがなくなってました。
なので、いまだ、リノリウムは未体験です。

他の教室って床が汚れないように、
松ヤニの粉がないので、
水をつけて
今までやってたんですが、

水だと、床の汚れがシューズにつきやすく、
すごく汚くなるので、
1回でもものすごく真っ黒になってしまう。

それで、いよいよやっと
それを防止するためにも
「松ヤニスプレー」
というものを購入してみました。

履く直前に吹き付けてみましたが、
最初の数分は、
粘着力ありありで、
足を上げるタイミングが
逆にずれてしまって、
怖かったように思いましたが、

数分したら、大丈夫になりました。

ヴァイオリンの松ヤニよりよりは、笑
バレエ用なんだし、スプレーでまんべんなく
吹き付けられるので、
なかなかよい感じです。

吹き付けたところが、
茶色になってしまうのは、
水をつけてやるのと
同じ感じになってしまいますが、
それでも、汚れはつきにくくなったので、
それがよかったです。
 
バレエDVD三昧しました。
   | バレエ公演、動画 など | 09:02 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


まずは、懐かしのブラックスワン、
これはまだ会社員だった頃、
同僚と見に行った懐かしの映画。

練習着なんかも今じっくり見てもとても素敵だし、
自宅のリビングに大きな三面鏡が置いてあり、
そこで練習するシーンがあるのですが、
そのセッティングがとても素敵で、
こんなお部屋いいなぁって、、、。

今だからなおさら思います。
こんな三面鏡がほしいです。笑

まぁ、妄想エスカレートとか、爪を剥がすとか、
そんなシーンは体に
またまた痛みが走るようでしたが、
どのシーンシーンも綺麗で、
やはりこの映画は久々に観ましたが、好きですね〜

それから、ボリショイ バビロン。
やはり、ロシアのダークな部分が
クローズアップで、
ホントに暗い、

また、バレエダンサーとし、舞台に立てる、
踊れる幸せというよりも、
職業としての過酷さに
主に焦点が当てられていて、

ホントにダンサーって、
性格的に強くないとやっていけないなぁと。
しみじみ。

ロシアという国は、
今でも怖い国だなぁ、前時代的だなあ、、
と思うニュースを時々目にしますが、
そんなニュースのことも思い出したりもしました。

それでも、ロシアにはまだ行ったことがないので、
ダークな部分も含めて、
近い将来ほんとに行ってみたい国ではあります。

ロパートキナ(孤高の白鳥)

白鳥のイメージが強いけど、
ロパートキナって、
ほんとレパートリー広い、
広かった人なんだなあと。
そこがびっくり。
全然知らなかった。

こうして、いろんな作品が一挙に見られ、
そして、踊ったる姿がやはり、
きれいだなぁと。

細い、細すぎるなぁって常々思ってたけど、
役によっては、このくらいの細さが
とても綺麗に見えるものがたくさんありますね。
あらためて、そう思いました。

しかし、ワガノワのバレエ学校は
ほんとに大変なんですね〜。
どこも世界に名だたる学校は
そうだろうけど。
ロパートキナが大変だったというと、
説得力がありました。

いろんな作品、あらためて、
見たいと思わさせる踊りばかりで、
私は全然知らなかったから、
かなり新鮮でした。

定番の白鳥より、ずっといい作品がたくさん〜

ロパートキナっていい人なんだろうなあって
昔からなんとなく思ったましたが、
画面からも思慮深い、聡明な、性格のよさそうなところが
伝わってきました。

本当に偉大なダンサーですね。

ロシア語とフランス語満載の映画でした。
ballet lesson. 87 ダイエットしなきゃ、あぶない。
   | バレエレッスンとか・・・ | 08:19 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


いつもよりは少なめに、、、笑

ポワントで片足パッセ、
全然できませんでした。
しまいには足がぐにゃっとなったりして、
ヒヤッとしたりして、、。

この間は、もうちょっとうまく立てた気がするのに。
これだけ大変だと思ったのは、
やはり、体重が増えたせいかも、、と。

でも、エシャッペ、滑らせながら
脚を開くというのが、なかなか難しいですが、
うまく最後はピッと両足で止められて、

おっと自分で思えたし、
一つでもそう思えた瞬間があれば
よいんだけど、、。

この一ヶ月でなぜか3キロも太ってしまい、、
これは、大きいなぁ。
脂肪だけでなく、筋肉も含めての
3キロとはいえ、

やはり、バレエが大事で、
怪我したくないなら、
太ったぶんくらいは戻さないとな。
いくら中高年の趣味でも。

いや、中高年だからこそ、
身体的には強くないんだし、
そーゆーことは自分で気をつけないとなぁ、、
ちょっと悔しかったので、
ほんと、ダイエット〜だわ。>決心。
ballet lesson. 86 膝裏をまっすぐ伸ばす。
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:32 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


足の膝が曲がり気味。
膝裏をこれでもかって
まっすぐ伸ばすこと。
そこを一番気をつけること。
私のポワントの一番の問題点

それから、まだまだ全身使えてない。
今はまだいいけど、
これから、時間長くなったりすると、
脚だけで立ってると、
すぐにバテることになるから、

顔も上半身からもう全部上げる。
全身を使って立つ。
そのほうが圧倒的に
立ちやすいはずなのだから、、と。

うーん。
自分では引き上げて、
できる限り伸ばしてるつもりなんだけどなぁ。
全然伸ばされてなくて、
何かブロックされているみたい、、。
(何度も言われて、何度も書いてますが)

ポワントレッスン2回目の方が
いらっしゃって、
一緒に1からやりました。

今までおざなりになってた、
ドゥミポワントを通って立つ。
を一生懸命やってみました。

今まではポワントがかたくて、
どうしても足指がつりそうで、
うまくできないし、
あまり好きではなかったので、
結構いい加減にやって、
さらっとやってたんですが、

その方とやってみて、
やっとドゥミポワントを通って、、が
少しだけできたように思いました。
なんでも、やはり、順序踏まないとダメですね。

ピルエットのパッセ、
前より脚が上がるようになったのが、
自分で認識できてなんか嬉しかったなあ。
中村祥子さんの食事。
   | Ballet ダンサ〜 | 09:23 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

インスタグラムで中村祥子さんが
こんな写真をアップされてました。

納豆は私は食べ物の中で一番嫌いですが、

でも、「身体に良いものを摂りつつ、
食べたいものも食べつつ、
たくさん身体を動かすが、、がベスト」

とても共感しました。
ballet lesson. 85 ポワント初アラベスクセンター!
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:19 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


バーレッスン>タンジュ、
後ろがルルベになってしまってる。
もっと親指だけちょこんと置く程度に。

ポワントレッスン>私にとっては、初めての30分コース。
最初の時点でもう小指がつりそうでしたが、

センターにて、パッセ、
エシャッペ
パドブレが入ったちょっとした踊り。
そして、アラベスク、
回転の練習等を
みなさんについて必死にやってみました。

めちゃくちゃ、やはり恐恐でしたが、
少しコツがわかったような、、!?

前から言われているように、
片足にのる。
その時膝はまっすぐに。
すぐ重心移動。
すぐ引き寄せて、引き上げる。

回転はもたもたしない。
さっさと早くスピードをつけてやったほうが
やりやすい。

アラベスク怖かったし、
全然だったけど、
同時にはじめてセンターでやってみたこと、
感動でした。
これだから、どんなに屁っ放り腰でも
猿の踊りでも、バレエはやめられません。

先生から、踊りに幅が少し感じられるようになった
と言ってもらえたことが
とにかく嬉しかったです。

ものすごく充実したレッスンになりました。
妙典バレエスタジオ 第6回発表会に行ってきました。
   | バレエ公演、動画 など | 09:31 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


まずはその豪華さと盛大さにびっくり。
コッペリアの全幕物をしかも、
ちゃんとしたセットをつけて、
(セットがまた豪華だったんですよ)
また、男性ゲストも4〜5人はいっての
壮大な発表会でした。

本格的すぎました〜

1部はバリエーションとか
パドドゥや大人や小さな子どもたちの踊り。
2部はドンキのコンサート。

途中、フェッテで足が降りちゃった人も
ちゃんともちなおし(すごいなあ)て
何事もなかったかのように
踊り切る、、さすが、、でした。
そういうところ、観客にも伝わり、
途中からは1回ずつのリズムに合わせての
手拍子をみんなでやったりして、
会場の暖かい雰囲気もよかったです。

一番印象に残った踊りの方は、
キューピッドの踊りを踊っていた女の子。
軽やかで本当によかったです。

大人クラスの方々もがんばってたし、
コンテンポラリーは若さと躍動感、
やわらかさが存分に見られ、
そのレベルの高さに驚きました。

隣に座られてた方が多分(推測すると)
お孫さんを見に来られてたようですが、
連日のリハーサル、
朝8時から夜11時くらいまでがんばっている、、と
話しておられました。

このような盛大な発表会だと
それくらいの努力がやはり必要なのだなあって。
先生の演出、とりまとめなんかも
さぞかしご苦労なんだろうなあ
って想像しながら見てました。

子どもたちもみんな上手でびっくり。
今の子たちはほんとに手足が長いなぁ。

みなさん全員がやはり、全幕もののほうが
生き生きして踊られてて、
その印象が一番強かったです。。

男の子の役は大人がやってたりして、
それがまた微笑ましかったです。

たいてい、小さな子どもたちって
一部だけとかの出演が多いように思いますが、
最後まで子どもたちも出演で、
子どももいっぱいでるチャンスあって、、
大変だろうけど、いい機会だなあって。

こんなレベルの踊りを無料で見せていただいて
感謝感謝のゴールデンウイーク最後の日でした。
こ〜んなかわいいストラップを買いました。
   | バレエなお買い物たち♪ | 08:51 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


こ〜んなかわいいストラップを買いました。
ひとつひとつ手作りなんです。

あんまり可愛かった&オーダーもできるとのことで、
先生へのお返しに(をする必要があり)
リラの精の衣装バージョンをオーダーしてみました。
  1/129P  >>