Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  1/21

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
やせたければ脂肪をたくさんとりなさい ダイエットにまつわる20の落とし穴
やせたければ脂肪をたくさんとりなさい ダイエットにまつわる20の落とし穴 (JUGEMレビュー »)
ジョン・ブリファ
糖質制限の決定版というべき本。学ぶところがたくさんあります。
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
50歳からは肉を食べ始めなさい
50歳からは肉を食べ始めなさい (JUGEMレビュー »)
藤田紘一郎
「炭水化物をやめなさい」に引き続き、目からウロコ本。肉好きな私にとっては、50歳以上になっても後ろめたい気持ちで肉を食べなくてよいのが本当にいい。正しい肉の食べ方や効果は納得の1冊
シリコンバレー式 自分を変える最強の食事
シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 (JUGEMレビュー »)
デイヴ・アスプリー
私のバイブル本です。すべてが目からウロコで、この本を参考にして、今の食生活を構築中。結果は上々です。
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。
ballet lesson 36.バレエが趣味と言えるには?!
   | バレエレッスンとか・・・ | 01:00 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
今日は、レッスンに行き、
そのあと、お友達の娘さんの発表会に行き、
なんとも旅の前にも
バレエな生活炸裂でした。

今、羽田空港で搭乗を
待っているところです。

バーレッスン、
顔をきれいに自然にあげて立つ
とかそういうことを時間をかけて
再度教えていただきました。

ストレッチ、ビンバリング
今日は効果的にできるように、
角度から位置からコツを徹底的に
教えていただきました。
キチッとやると、
やはりすぐ効果に結びつくのも実感。

脚を上げるのも
今まで全然できてませんでしたが、
お尻を締めるように意識したら、
(今までも意識してたつもりでしたが、、)
突然かなり脚が上がるようになり、
びっくり。

ピルエット、もっと4番を低くかまえる。
そして、片手アンバーの手は
真ん中より行き過ぎない。
前も言われてましたが、
また、忘れてました。

意識して丁寧にやってみたら、
ピルエットも
調子よくできて、
びっくり〜
やはり、一つ一つの動きを
確実にやってみると、
それなりに早くできるものなんですね。

先生が、、
大切なのは、
センターで複雑な動きとか
振りをすることなのではなく、
プリエがきちんとできてるか。
例えば4番ポジションで
ちゃんと重心真ん中で立てているか。
アンドゥオールで、
そして、踵が内側に向いているか、
手の動きと顔の向きをちゃんと
連動させているかどうか、、

そういうことが大切だと、
そういうことが
バレエやっているかどうか、
ちゃんとバレエが趣味と言えるかどうか、、
だということ、、
と説くとおっしゃって下さいました。
ballet lesson 35. バレエ的に歩く練習しました。(笑)
   | バレエレッスンとか・・・ | 08:55 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

​ バーレッスン>4番の足の立ち位置を決めたあとも、
また場所が移動してる。
決めたら動かさない。

このことは先日も指摘してもらいましたが、
まだなおってないようでした。

あと、バテュ、非常にゆっくりとしかできません。
相変わらずゆっくりしか足が動きません、、、。
それでも、左足の方がまだ動かしやすいことに
気がつきました。
パッセも左足のほうがやりやすいので、
全体的に左足脚が右足脚よりいい状態なんだなあって
バレエやってはじめて気がつきました。
となりでやっていた人もそう言われていたので、
割と皆そうなのかなあ〜っ。

センターでまずは歩き方を教えてもらう。
私の歩きかたは、まるでまるでコメディでした〜
みんな大笑い。 汗
いや〜ただ、歩くだけなんですが、
バレエ的に歩くの難しいですね〜

パンシェは手、腕を下げるというより、
脚を上げるという意識で、、。
その延長で腕が下がるという風にすること。

それから、ワルツを二人組みになって踊りました。
私のお相手をして下さったのは、
クラシックバレエのこのクラスに来るまでは、
長らくモダンバレエをされてた方で、
いかにもバレエ体型。
動きはいつも軽やか、
かつ、いつも笑顔で踊られています。
ちらちら見るだけでなく、
そんな方と一緒に踊ることで、
何かものすこく勉強になりました。 
充実感いっぱい。
しかし、ワルツは苦手。
バレエももちろんピアノも。
3拍子が日本人らしく苦手すぎる。

先週、今週と続けてレッスン行ったことで、
体が軽い、体が柔らかい。

自分比でいつもより、、という意味でですが。
やはり、全然違うなぁと。
やはり、回数大事ですね〜あらためて。
こんなに体が伸びると感じたのは初めてでした。
そんなこといっても、
ピルエットはまた全然できなかったですが。

うまくなれるかどうかは、
どれだけ意識してできるかどうか、、
と先生おっしゃってましたが、 本当にそうだなぁ、、と。

あと、アンドゥオールにできるだけ近づけるって、
本当に本当に難しい、、。
すべての基本はここからなのはわかるんだけど、
できてないから、脚が外向き、踵が内側にならず、
まっすぐになっちゃいます。

ballet lesson 34. もっと軽やかに。
   | バレエレッスンとか・・・ | 08:47 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



センターレッスン、 ピルエットする前、
4番プリエの後ろ足は、
きっちり、地面に着地していること。
私は浮いてしまっている、、。

やはり、次にまわることばかり
つい、考えてしまい、焦ってしまってるからなぁ。

着地してないと、重心がまっすぐに保てないとのこと。

そこから、ルルベ、パッセともっていく。
ときどきパッセになってない。
そして、腕を広げてから、風船の抱っこへと、、。

スキップの動き。
私はいつもドスドスしすぎ。重々しい。
もっと軽やかに。
先生何度も見本見せていただきました。
バレエレッスン後は、
バレエ友みんなでパン食べながら、
長々と熱く語り、

そして、湿度も気温もちょうどよく過ごしやすかったので、
ポケストップ巡りのために、
3駅分も帰りに歩き、
結構運動量が多い1日となりました〜

やっぱり、‪ポケモンGO‬ のおかげで結構歩けますね。
一石二鳥。

やっと、SWAN ドイツ編 買いました。
   | バレエなお買い物たち♪ | 07:27 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


モスクワ編に続き、やっとドイツ編も購入。
うれしいなあ〜
早く2巻でないかなあ〜っ

やはり、SWANとキャンディキャンディ、
私にとっては、永遠不滅漫画。笑
 
ballet lesson.33 家でもやってみて。
   | バレエレッスンとか・・・ | 07:20 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
Lesson 27に大人のバレエ、
その日の調子により、
アップダウンがありすぎ、
って書きましたが、

調子が悪いとか良いとか、
今日は出来るとか出来ないとかって、、
その差をそろそろなくしていかないと、、と、先生。
同じようなレベルでいつもできるように努力しない、、と、
とアドバイス。
精度をあげる練習が必要だって。 ​
そりゃそうですよね。
それはわかってはいますが、、、、という感じです。

バー>4番の足の位置を
変えないこと。ここと最初に決めたら、
その場所でずっとやること。

アティチュードを
先生にまた、私の脚を手で持ってもらって、(有難いです)
後ろの位置を確認。
本当に本当に
ここまで脚を上げて持って行くんだとわかりますが、
本当に大変です。
一人で出来るようになるにはどれくらいかかるでしょうか、、、です。

家でもアラベスク、アティチュード
やってみて、、と。

家でストレッチを含め、
何かをやる、、ということは
今までまったくないのですが、

ピアノだってヴァイオリンでも、
家での練習なしにレッスンはあり得ないのですから、
同じくらいに難しいバレエ。

上手になりたいのであれば、
何かしら家でも出来ることはやるべきですよね。

センターでは、
パドブレ、グリサード、アッサンブレ
この三つを今までにないくらいに集中的にやりました。
いやぁ。苦手なので、どこもかしこも
なおすところだらけだけど、

グリサードって足を摩るんですね〜
はじめて認識したかも、、です。

アッサンブレ飛んだときに、
軸足は場所を決めたら、その場所で飛ぶ。
その際に前になるほうの脚は
足先が上を向かないように。
脚は伸ばすように。

これだけやってもらっても、忘れる確率大。
今度のレッスンまでちゃんと覚えていたらよいんだけどなぁ。

あと、回転は、、ふ〜む。
手は風船を抱っこしているように。
その次の腕を広げる動作、
また、(何度も言われてますが)しっかり広がってない。
難しいなぁ。

まぁ、一週間ぶりのレッスンだったし、
その割には全体的には悪くなかったかな。
体はそんなに硬くなってなかったし、
行く前はひどい雨だったし、
う〜んという気分でしたが、

体を動かすとやはり、終わった後、気持ちよいです。
体が軽くなります。

そして、先週も書きましたが、最後に先生と踊る
アダージオは最高に楽しいです。

と盛りだくさんでレッスンが終わりました。
ballet 最近の好きな写真たち。
   | Ballet ダンサ〜 | 06:44 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ballet lesson.32 気持ちの温度差。
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:40 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



昨日は体調が悪くなりかけてたのもあって、
レッスン行けるかなあ〜って
思いながら、結局は行きました。
が、行きはめちゃくちゃ暑かったし、
帰りはゲリラ豪雨で、ひどい雨だったし、、、。
まぁ、そんな日もありますよね。

レッスン終わってから、
昨日は中華を食べに行きましたが、
やはり、麺は(私には)てきめんに太りますね〜
いやあ、今朝の体重、体脂肪びっくりでした。
やっぱり、グルテンフリーが私には合っていると
再確認しました。

ご飯の内容はともかく、
このレッスン後のご飯が
最近は一番の楽しみで、、。

時間を気にしないで、(これが大きいです)
バレエや人生を語れたり、
ほんと楽しいです。

でも、やはり、大人のバレエ。
な〜んとなく、いろんな感情が
一つの教室といっても、
複雑にからみあってますよね、、。

バレエやそのレッスンにかける情熱?
生活の中に占める割合っていうのか、
バレエにかける熱心さみたいなもの?
そんなのは温度差があるのは、
当然すぎるほど当然だと思いますが、

まぁ、その与えられた時間時間、
とりあえずは、できうる限り一生懸命レッスンする、、という
大前提はあるにしても、なかなか気持ちの歩幅を
合わせることは難しいですね。

個人の背景や能力、体型、年齢、性格
何もかもがあまりにも大人は違いすぎますし。
そういう各個人がどう思っているのか、、という
お話なんかもしたりしました。

レッスンでは、
エシャペ、足をちゃんと擦ること。
センター、アラベスク、パンシェ、
キチッと軸足に重心がのってないから、
フラフラしている。
シソンヌ、パドシャ、出来なかった〜
また、苦手が増えたかな。

先生と一緒に踊ったアダージオが楽しかった〜

あと、5分程、創作タイムがありました。汗
音楽を聴いて、自分で即興で振り付けをする、、という。
同じことの繰り返しばかりしか思い付きませんでした。
今までたくさんの動きを教えてもらいましたが、
こういう時に、自分でアウトプットするのは
とても難しいですね。
 

Ballet du Ciel の発表会に行ってきました。
   | バレエ公演、動画 など | 06:55 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

http://balletduciel.com
お友達の娘さんの発表会に
連れて行ってもらいました。

お友達は、以前は同僚だったのですが、
それも、もう10年以上前の話で、、
その後、Facebookで再度お互いを発見。
そして、バレエ大好きになっていて、
娘さんもバレエライフをされていることがわかって、
また、やりとりがはじまりました。


Ballet du Ciel
1st School Performance
LA DANSE -sunrise

生徒さん、先生の踊りも素晴らしいものを
見せてもらいました。

現役を退いて、
老体にムチ打って踊ります、、
みたいなアナウンスが
先生たちの前にあり、、
会場の笑いを誘っていたけれど。笑
さすがにしなやかさと迫力の踊り。

また、一人だけの男の子も上手だったなぁ。
しかもこれが無料で見られたことも大満足。
そして、皆、本格的なコンテンポラリーも
踊れるなんて
素直にすごいなぁ、、と。
クラシックもコンテンポラリーもあり、
見応えがありました。

振付家の人もかなり有名な方だそうで、
酒井はなさんの旦那様とかなんとか?
会場にも見えているとのことでしたが。

小さい子どもたちも大人っぽくてかつ、
可愛かった〜
今時の子どもたちって、お子の時代より
さらに大人っぽくなってる気がしました。

ともかく、誘って下さって、
本当にありがとうございました
という気持ち。
だけど、上記しましたが、
なんともお会いするのは、12、13年ぶりくらい。

その当時、2歳か3歳くらいだった子が、
今じゃ高校生でバレエやってて、、
月日の流れにもうただただ驚くばかりなのでした。
若いっていいなぁ〜と。
皆、キラキラしてました。


香港の空港で飛行機を待ちながら
書いてますが、
昨日はバレエレッスンをうけてきて、
その後、慌てて発表会そして、
空港へ、、とめずらしく
慌ただしい1日となりましたが、
バレエ三昧デーでした。
フラワーアレンジ 夏の花たち。
   | 東京生活☆ | 09:49 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



フラワーアレンジ 夏の花たち。

・ひまわり
・クルメケイトウ
・姫ひまわり
・カーネーション
・ヒペリカム(ピンクの実)
・ブプレリウム(葉物、枝)

もっと真ん中にくっきり穴をあけて、
ドーナツみたいにして、
花も凸凹なしで作りたかったけど、
いつもながら、
どんどん違う感じになってしまいました、、汗
piano lesson 25. 1年ぐらいかかりますよ〜っ
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:55 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

1ヶ月ぶりのレッスンになりました。
いやあ、道中暑すぎました。
着いてすぐじゃあ、弾けない、、と思い、

とりあえず休憩が必要だと思ったので、
早めに着くようにして、
座って休憩中、
前の方のレッスンを見てましたが、
この数ヶ月いつも同じ方なので、
よくわかるのですが、
上手になられているなあ、、と
それがわかって、
私自身もとても刺激を受けました。

飛翔を練習し始めて、
指の力がかなりついたように
思ってますが、

それでも、モシュコフスキー時、
まだ、指じゃなくて、
腕、手首を使おうとしていると、、
指をもっと使ってください、、と
基本部分を指摘してもらいました。

飛翔は一応終わりました。
でも、自分なりには、
とっても不出来だったので、
もう一度次回見てもらうことに。
それで最後かな〜。
この曲は最初から、かなり苦手部分の連続だったので、
一応なんとか形になり、
終わったことが感慨深いです。

しかし、この曲はその日の体調がもろに
出る曲ですね〜。
だいたい、今日は指がなぜか
まったくうまく動きませんでした。

モシュコフスキー7番
まだ、終わりません。滝汗
間違うところは相変わらず決まってて、
そこの4小節が全然なおってない。
なおってないということは、
きちんと部分練習まったくできてない
ということだから、、と
おまけでオッケーとかはなしでした、、。泣

英雄ポロネーズ、
とりあえず、4ページまで、
譜読みしたので、
先生の前で両手で弾いてみるものの、

最初の3小節で、もうストップ。笑
そして、その部分がダメダメだから、
リズムも音も指使いも。
それで、出だしを先生と何度も一緒にやりました。
ありがたい、、、。

「いやぁ〜この曲は、一年ぐらいかかりますよ。
覚悟して下さいよ〜」
「片手だけでも一年かけてもよいくらいです」
「ただ弾くだけなら、いいけど、
ちゃんと弾くつもりなら、
まずは、もう一度片手ずつでやってください」
「片手暗譜するぐらいの気持ちで」と。

家で譜読みするのに、
(一カ月半レッスン行けないので)
ちょっと弾き方がわからないところがあり、
3ページ目のことを先生聞こうとしたら、

「いや、、、一カ月半ですよね」
「そこまで進めなくてもよいです」
「1、2ページだけ、まず 片手ずつでやって下さい」
とのこと。
そっかぁ。

先生も、両手でなんて、、
長い間弾かせてもらえなかったそうです。
一年かあ。
ポロネーズで一年なら、
バラードとかスケルツォなら、
やはり、2年単位ですね。

「ともかく、右手左手別々で
かな〜〜り練習することによって、
この曲に関しては、
かなり、出来上がりが左右される。
違ってきますから、、」と。
先生のお言葉でした。

 

Check
  1/112P  >>