Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
新しいバレエシューズ
   | バレエなお買い物たち♪ | 12:23 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


バレエシューズが先日、
ダメになってしまったので、

今度買うときは、足先に皮が付いてないものを、、
とのことでしたので、
布製のものを。

今までのはゴムはちゃんと最初からついていましたが、
これは、片方しかついてなかったので、
片方は合わせて、縫う必要がありました。

バレエシューズもいろいろなんですね〜
 
ballet lesson. 78 バレエシューズの履き心地
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:54 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


牡蠣が食べたくて、
なんか妙な組み合わせになりましたが、
この組み合わせは、大失敗。

香辛料がエキゾチックな味すぎて、
なんだか、ゲップがとまりませんでした。笑
それに、食べた後ずっとスッキリしなかったです。

まあ、こんな日もありますね。


レッスンですが、
ピケターン、足を五番の形にして回るのに、
だんだん足の幅が開いてきている。

バレエシューズが先日、
濡れてしまったので、あらためて洗濯して、
乾かしたものを履いたら、

足先がブロックされて、まったく
回れませんでした。
シューズいつも洗ってるという人もいて、
シューズによっては、底が何も変わらないらしいけど、
私のみたく、
ギシギシって音を立てて、
まったく滑らなくなる場合もあるのね〜〜って。
ひとつ勉強。

このバレエシューズはとても短かったなぁ。
今度買うときは、足先に皮が付いてないのを
できたら買ってください〜と。
先生が見て、足先の状態がよくわかるように、
ということで、全部布製にまたしようと思います。

あまりに滑らなさすぎるので、
同じクラスの人が古いのを貸してくれましたが、
また、それも履き心地がまったく違い、、
トゥシューズはまぁ、履き心地は
千差万別なのはわかるけど、
バレエシューズもほんっと、
履き心地いろいろだなぁ
と改めて思ったのでした。

奥が深いですね。




この日はなんとも寒く家を出るときは、
気温3度。
仕事でもなけりゃ、
何かしら個人レッスンを予約しているというわけでもなく、
こんな日にレッスンくるなんて、
よっぽどやる気のある人だけだよね〜って
思って家をでましたが、
なんと、全員出席の事実にびっくりしたのでありました。

みんななんて熱い、、、。
ballet lesson. 77 水浸し・・・
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:44 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

この日は和食で。

レッスン、下半身の安定とは逆に、
(脚は典型的日本人。頑丈そのものな感じですもん)
上半身の硬さが目につく。
腕全部というより、
肘から下を柔らかく使う。
手首に力が入っているので、
そこがものすごく硬い印象。

上半身と下半身とでは
シナプスつながってないなあ〜
やっぱり足の動きにばかり気を取られているんだろうなあ。

でも、先生に最初の頃、
右足って言われて、右がすぐ出なかった頃に比べたら、
右って言われて、右がすぐ出るようになったんだから、
すごい進歩よ〜、、、なんて言われ、
まあ、それはそうだ、、と納得。
低いレベルではありますが、
確実に進歩はしているということで>自分比

脳と足のシナプスはつながったようです。笑

あと、手が行く方向に顔もいつも向ける。
バーレッスンでは気をつけていても、
センターになると、振りのことで頭がいっぱいで、
いつも顔が真正面を向いてしまっている。

柔らかく柔らかく、、。
前回も同じことを書きましたが、
次回もまずそこを意識して
やろう。

あと、水筒の蓋が開いてしまっていて、
移動時に全部中身のポカリスエット的な飲み物が
バッグの中でこぼれてしまっていて、
到着して、着替えようとしたら、
もう全部びちょびしょ、、。

もう帰ろうかと思ったほど、
凹みましたが、
皆さんが気を使ってくださり、
ストープ、エアコンのところで
直前まで乾かしたら、、とか、
ポワントも履くまで時間があるからってことで、
先生が椅子の上で乾かしてくださったりで、

いじけることはほんの数秒で、
そのあとは、多少気持ちは悪かったですが、
とりあえず、レッスンには参加できました。

トゥシューズは濡らすと滑らなくなりますが、
ここまで濡れると本当に今度は
つま先で回れなくなりますね。
新たな発見です。

水筒もきちっとロックされてなかったんだなあ、。
今度からなんども確認しなくては、、と思いました。

ほんとおっちょこちょいです、、。

昨日は子供のときに少しやっておられた、、という人が
来られ、形がバレエだなあって、、
なんかやっぱり違うなあってしみじみでした。
 
倉永美沙 さん
   | Ballet ダンサ〜 | 10:29 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


ボストンバレエのプリンシパルダンサー。
今日はじめて知ったダンサーさんですが、


同じ日本人として、
こんなラインは本当に理想!
❣️






理想は高く、、何歳になっても(╹◡╹)笑
 
ballet lesson. 76 ロボットになってる、、、汗
   | バレエレッスンとか・・・ | 14:40 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
先日のレッスン、
センターにて、
「ロボットになってる」
「バレエなんだから〜」と、、、。

さる、かに、ロボットと〜笑

手のしなやかな動きを
先生にやってもらって、
なんとかマネしてやってみる。

センターでの動きが余りにも
ぎごちないので、
「トゥシューズの方が早く上達するかもね、、」と。

嬉しいような嬉しくないような、、です。

なんといってもバレエですから、
踊りになってないのは、致命的ですもんね〜〜

次回はもっと手の動きも考えてやってみよ。

ピケ、いつも手の動きに気を取られてしまっているので、
手を使わないで、
くるっと足だけで、
体の軸を回すということを意識してやってみる。

この日は、
アンドゥダンのコツが
ほんの少しわかった気がしました。
足首を回しすぎて、ひっかけすぎてバランス崩してました。

ピルエットは、
ちょっとルルベが中途半端になってる、、。
音楽に合わせようと、、
そこまで意識がまわらなかったです。

この日はなんだかポワントでは
足先が妙に痛かったなぁ、、。
まあ、そんな日もあるかぁ、、 です。

それでも根性でアラベスク、アティチュード〜。
顔をもっとあげることをすぐ忘れちゃう。

「目だけ上むいてる、、」って、、 あは、、
怖いですよね。

アロンジェ、肘から動かす。
手首だけ動かさない。
肘をほんの少し前にやってそこから、、。

またまた注意をたくさんしてもらった
盛りだくさんのレッスンの日なのでした。
ballet lesson. 75 やっぱりバレエはなんといってもアラベスクよね〜
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:19 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


基礎徹底的に日だったかな〜
あれ、なんていう名前だったか!?
キツツキみたいににクペの形で、
何度も足を打ち付けるの、、
もう、途中で何度も足がつりそうになりました。
脚真横から、、の意識を忘れない。
脚に力を入れない。
膝から下だけを動かす。
しかし、先生の高速キツツキには毎回驚かされます。笑

アティチュードの脚の再確認。
次の日はここんところでは
お尻下が最高レベルの筋肉痛に。

歩いて行って、ポーズ。
みんなで何度もやりました。
ポーズの取り方を教えてもらいましたが、
歩くのはもちろんのこと、
ポーズ1つとってみてもなんとも難しい、、 。
先生のポーズと自分のポーズを交互に見ながら、
鏡を凝視してました。

この動きをドンキの結婚式のパドドゥの音楽でやりました。
大好きな場面なので、
テンション上がりまくりでした。

フェッテのおさらい。
もう一度ゆっくり教えてもらいました。
腕を広げてからあとは、遠心力ですばやく回る。
手をきちんと広げるのを
ここでもまた忘れがちに。

アラベスクのL字型について再確認。
まだまだ脚があがりません、、、。
もうでもバレエっていったら、
このアラベスクの形よね〜
と一人で思ってました。

先生、他の方に
もうそろそろポワントで
アラベスクできて欲しかったけど、
まだまだね〜なんておっしゃってましたが、
バレエシューズでもまだまだな私は
ほんと、、そんな日が来るかしら〜です。

先日は割と一つのことを何度も確認しあって、
まったりゆっくりのレッスンでした。

春らしいパスタとケーキで、
レッスンあとは、また、おしゃべりでした。
ballet lesson. 74 黒装束の団体・・・
   | バレエレッスンとか・・・ | 15:12 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


昨日ははじめて、
パントマイム的なことを取り入れて、
表現力について教えてもらいました。

前よりは、表現力ついてきた、、
と言ってもらえましたが、
正直まだまだそこまでの
余裕がないです、、。

バレエってひとつのパとパをつないで、
組み合わせて、
一つの流れ、
動きを作っていくものだと思いますが、

ちょっとパターンと音楽が変わると、
途端にメチャメチャ、、訳がわからなくなります。
一つ一つのパは十分今までやってきているのに、
その組み合わせなのに、
組みわあせがちょっとでも変わると、、
ほんと覚えられないし、あせってしまう。

そして、前回と同じく言われたことは、
全部自然に繋げていくべきということ。
プツンプツンとパの間で動きを分けない。
切らないことと、、。

今後はいろんなパターンでやって
徐々に&どんどん慣れていってください、、と先生。

それから、お初なことでは、
床に座って、上半身だけの動きをやりました。
結構キツイし、膝を立ててやるので、
膝に手が当たらないようにって、
ちゃんとアンオーの形が意識できる、、と。
そういう意味があるんだなあって。

それから、歩き方、、の練習。
バレエの歩き方。
足先だけ擦りながら、
上半身は動かさず、素早く歩く、、
本当に本当に難しいですね〜

まぁ、楽しかったんですけどね。
体調はイマイチでした。

あと、猿とかカニとかいろいろ言われてますが、 笑
昨日は黒装束の団体みたいだと、、
どよーんとのっしのっしと歩いてる、、と。

もう、可笑しくて可笑しくて。
これは私だけに言われたのではなく、
みんなに、、だったのですが、、。

先生、ネーミングつけるのうますぎ、、です。
しばらく頭からはなれませんでした、、。黒装束、、、。汗
新しい巻きスカート。
   | バレエなお買い物たち♪ | 15:04 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


シックな感じの新しい巻きスカートを買いました〜
巻きスカートはものによっては、
途中でくるくるまわってきたり、
変なシワがよったりと、、いろいろと今まで失敗もしているけど、
ミレラのだけは、私の体型にばっちりなので、
そういうブランドがあることが本当に助かるし、嬉しいなあ、、。
ballet lesson. 73「それじゃあ、カニですよっ」汗
   | バレエレッスンとか・・・ | 16:57 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
「それじゃあ、盆踊りですよ」
「それじゃあ、カニですよ」

今日、先生に大きな声で言われちゃいましたが、
本当にもう自分でも笑けてきて、
しばらく笑いがとまりませんでした。
となりの人も笑いがとまりませんでした。

「パドシャは猫よ〜 っ」
「もっと上半身引き上げて、軽く〜 」
そのあとに、「それじゃあ、カニですよ」と言われたのでした。
きっとベターっと横歩きみたくなってたんでしょうね。
正直、このとき、エシャッペ、シソンヌと来て、
相当疲れてましたので、、。(と言い訳)

「エシャッペももっと引き上げて、」
「二番の足は擦る。そして、ピシッと止める」
このピタッと止めることができるかどうかで、
見栄えが全然違うようです。
「まだ、膝が伸びてない」とのことで、 
そして、「まだまだ脚が弱いですね」とのことでした。

ポワントでアティテュード。
バレエシューズの時のように、
先生に脚の位置をまた手で直してもらいましたが、
自分で思った以上に
もっともっと中心に向かわないといけないんだなあ。

そして、「どこか一点で立とうとしない。
手も上にもっと伸ばして、脚も。
体全部使って立つこと」

「背中、肩がどうも苦しそうに立ってる」と。
これは、前からも注意されてますが、
う〜ん。 いまいちわかってません。
1回もちゃんとできてないので、
感覚がまだまだわかりません。

センター、アッサンブレの練習。
もっと前足を伸ばす。
シャッセ、プリエと同時に飛ぶ。

あと、センターでまたまた言われたことは、
「もっと手を大きく広げる」 
「音楽は流れてるのに、動きがなんだか
プツンプツンとパとパのつなぎのところでとまってる。
流れを作って」

それから、「顔がまったく楽しくなさそう。
表現力でもって、こんな風に踊ってるよの〜
みたいな感じで、
どう踊りたいかまで意識して、、」と。

いゃぁ、、もうすべてが必死でした。
必死のうちに終わりましたし、
体調不良あとのレッスン。
1回抜けているので、
なんといってもものすごく疲れました。
楽器不可のマンション
   | ピアノ/お稽古+関連* | 13:55 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
私の人生において、子供の頃から
今まで、、、、
今だかつて、楽器不可の家に住んだことはありません。

マンション時代になってからも、
特に楽器可物件を探していたわけでなく、
たまたま、どこも可だったので、
そんなもんかと思っていたら、

今度引越し予定のマンションですが、
楽器不可、ピアノはもちろんのこと、
クラリネットとかバイオリンさえも
持ち込み不可でした、、、。

もう驚いたったらなかったです。
まあ、それでも、楽器関係の友達にも
そんなもんだよ。世の中楽器可の物件のほうが
少ないんだから、、特に賃貸は。
と言われ、今までが単にラッキーだっただけか、、と。

実際に申し込みまでに
楽器のことは記載がなかったし、
そもそも確認しないで、
なぜ安心していたか、、というと、

そのマンション、バイオリンの先生と同じマンションで、
先生は自身の練習もあるだろうし、
生徒も来るだろうし、
ピアノも置いてあるし、、で
安心してたんですよね。

そしたら、昨年の9月から管理会社なども変わって
ルールも一新。
それまでの入居者の人はいいけど、
新しい入居者からは一切だめだとのことでした。

同じ建物で、こうも違うと、、、
ひどい〜って、、。
まあ、いやなら、やめれば、、って話ですが、、。

ちょっと考えちゃいます。
家に楽器があって、
いつでもやれる状態(やらないけど)と、
どこかにわざわざ行って練習しなきゃいけない、、
なんて、、状況は私みたいなタイプの人間には、
練習することのハードルが非常に高くなります、、が、

この件は、まあ、とりあえずは
(間取りも気に入っているので)
そこに住むとして、
対策をほんと、考えなきゃなあ〜です。
  1/127P  >>