Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
piano lesson 39 音量の調整を、、。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:46 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


モシュコフスキーエチュード10番もショパンバラード4番も
音量をまずとりあえず、自分でここはこれくらい
とかって、1小節ずつ考えて練習&弾く。

ショパンの4ページ目、和音からはじまるところ、
和音だからそうなるのは
しょうがないけど、
一個一個ばらばらにガンガン弾いてるところを、
右手のメロディーラインが活きてくるように、
調節していく。

その練習をこれまた1小節ずつ、
最低10分は練習するようにとのこと。

先に譜読みを進めるより、
まずはそれ以前の部分の
細かく徹底した練習を、、と。

ショパンの曲によくありますが、
和音でありながら、
メローディラインを作っていくって
本当に技術的にも難しいなあ、、。

そこがショパンならではの
美しさなんだけれど。

練習時間についていろいろと先生と話しましたが、
やっぱり、どう考えても圧倒的にこういう大曲をやるにしては、
少ない、、。
本当に今のピアノ環境悪いなあ、、、。
練習したいのに、できないってねえ〜

あと、先日の先生の演奏会について、
自分なりの感想等ちゃんと
伝えられる時間がありよかったです。
だって、先生の努力はすごいもの。
そこは、ほんと尊敬の域ですもの。
だから、それが伝えられたことは有意義でした。

(渡した)花束がちゃんと飾られてて、
それもしっかり水換えしてくださってるのか、
まだまだ生き生きしていて、
ありがとうございます。という気持ち。
嬉しかったです。
ballet lesson 155 いろんな人がいるね。
   | バレエレッスンとか・・・ | 15:10 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
この日は、、まあ、それなりに。
直前に偶然の個人レッスンとかで教えてもらったこと、
あれだけ教えてもらったのに、
すっかり忘れてる自分が悲しかった。

ほんの1週間強あいただけで、
こ〜なるのは、
やはり、根底にはどうしても経験不足があるよなあって。

ポワントも調子よくなかったし、
この日特に注意されたことは、
四番ポジションの間をもっと横の幅を縮める。
これがうまくアンドォールできてない足には
ほんとにきつい。

この日は一番仲がよいお二方がいらしてたので、
この日とは別の曜日でちょいムカつく人がいて、
その愚痴を聞いてもらう。
話したらすっとしました。

あまりにも率直な人がいて、
私みたいにポテッとした体型の
こんな人がバレエするんだって思ったわよ、、とか、
心の中で何思うのも勝手だけど、
それをわざわざ言うかなあって、、思う。

私だってそういうなら、
その人によくそんなよぼよぼの歳で
やろうと思ったわね
って言えるところを言わないでいるんだし、
それが大人だって思うし。
しかも、あなたのそのスローペースに
毎回付き合ってるのよ〜って、、
それは、皆も感じてるとこなんだから、、、と。

それでも、みんなお互い様だから
なんとか折り合いつけてお互いいいレッスンにするべく
多少なりとも雰囲気作ろうってしているのにって。

まあ、いろんな人がいるね。
「ロシア国立モスクワクラシックバレエ」
   | バレエ公演、動画 など | 14:59 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


「ロシア国立モスクワクラシックバレエ」
のくるみ割り人形を観てきました。

クララのバージョンじゃなく、
海外のカンパニーらしく、
全部大人のマーシャバージョンだったけど、
それにしても、斬新な演出、振り付けで新鮮でした。

ここのカンパニーのダンサーは、
全体的にほんとに細いなぁって思いましたが、
ただ、主役の人が異常にに細くて、、
そりゃ、子どもの役だけど、
長いドレスの時はそうでもなかってけど、
チュチュは、、ね。

いくらバレエでも細ければ細いほど
いいってもんでもないなぁと。
なんだかどちらかというと、
ねずみの女王が主役な感じ
の印象も受けました。笑

​吉田むつきさんっていう
日本人の方が中国の踊りを踊られてました。
彼女が出てくると、
前の方々が双眼鏡を取り出すので、
彼女目当てだったんだぁとか、、 。
あとで調べてみようでした。

スペインの踊りで、
滑って転んだ方がいらしたのですが、
その起き上がりの早いこと。
そこに見とれました。笑
さすが転んでもプロだなぁって。笑

ポワントよりハイヒール、
フラメンコなんかの靴って
逆にバレエダンサーにとっては、
難しいのかなあとかって
ちょっと勝手に思ったりしました。

まぁ、クリスマスのシーズンですから、
華やかな気分を楽しめました。
結局どんなクラシックバレエでも好きですもん。

お高いバレエマトリョーシカが売られてました。
演奏会行ってきました。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:55 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



ルーテル市ヶ谷センター音楽堂にて、
私のピアノの先生の演奏会に行って来ました。
教会でひらかれた、
なんともアットホームな感じのコンサート、
とてもよかったです。

空間の音の響き、雰囲気と
バッハがまさしくマッチしてました。

(バッハでしたが)バッハは淡々と進むし、
バーンとかジャーンとか
ダイナミックではないので、
人によっては簡単に聞こえるかもしれないけど、

同じようなテンポでずっと変調しながら進んでいく、
かつ、音を綺麗に、、
は本当に難しいだろうなぁ
って思いました。

先生でありながらも演奏も現役でされていることに
本当に頭が下がります。

最初から最後までほんとによく
コントロールされた演奏でした。
前で見させていただいて、
ペダルの勉強にもなりましたし、

あらためてロマン派とはまた違う
(バッハの)難しさなんかも感じました。

やはり、子どもの頃の印象と変わりますね。
子ども時代のバッハの練習は好きではなかったし、
面白みなんか全然ありませんでしたから、
そんな印象が今まであまりにも強かったですが、
あくまで自分の経験からだけの好き嫌いでしたので、
ちゃんとした生演奏聴くことも大切ですね?。

人間的にもテクニック的にも
素晴らしい先生に教えてもらえて、
ほんとに光栄だなって。
あらためてそんな気分にもなりました。
お気に入りのレオタード
   | バレエなお買い物たち♪ | 10:30 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


色がきれいで、最近の中では一番のお気に入り。
ただ、多少なりとも体型をカバーしてくれるタイプではなく、
どちらかというと、体型の悪さを
さらに誇張するタイプのレオタードなので、
来年はこれが似合う体型を目指したいなぁ。

来年の目標はポワントで
バーなしでアラベスクがちゃんとできるようになる。
ポワントでピルエットがもっときれいに一回まわれるようになる。
バレエシューズでピルエット二回まわれるようになる。 かなぁ。
ballet lesson 153 154 「バレエやってる」ともう言えるよ。
   | バレエレッスンとか・・・ | 11:24 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
バレエそのものは、
一年半やそこらでそんなにすぐ
上達するものではないけれど、
でも、何が変わったかって、
姿勢がよくなったことかなぁ。

自分でも歩く時とか
立つ時にも気をつけなくちゃと
思うようになりました。

バレエのレッスンなんて、
週に数時間だけなんだし、
その他の大多数は日常の生活なのだから、
普段こそ、気をつけよう、、
と思えることがバレエ効果かなぁと
あらためて思いました。

先生にも今日初めて言われました。
背中が変わった。
バレエらしい体型に変わってきている、、と。

バレエやってるともう言えると思うよ〜と。笑
そっか、、今まではまったく何もできない、
バレエの動きもわからない、、では
やはり、言ってはいけなかったんだなあ、、とか。笑

やはり、ちゃんとした動きをしていると
そんな体になってくるんですよね〜。
不思議、、、と、、、。

と、そんな嬉しい言葉をいただきました。

ポワント、アラベスクがどうしても
うまく前にのれないけど、
それは経験年数からしてしょうがないけど、
でも、いつかは立てるようになりたいなぁ。
先生にもやはりアラベスクで立ちたいですよね〜って、、。
いつ立てるのかわからないけれど、
長期計画でいつかは、、と頑張ろう。

パッセ、体の移動が遅い。
だからなんかふにゃ、、として立ってると、。
それから、パッセの時は、
腕はきちっとしたアンナバンの形に。
上からかぶせるように、、がくずれないように。
疲れてくるともう最初から体が引きあがってなくて、
腕の形も下がっていると言われました。

今度はそこをまず気をつけよう。
前回には腕を使って、上半身の引き上げが
少しわかった気がしましたが、
この日はまた忘れてました。

センター、もっと抑揚をつけて、、と
一つ一つ丁寧にはやっているけれど、
流れがないし、ダラダラと見えてしまうから、、と。

ポワントに比べて、センターの動きの進歩が
おそいね〜っと言われてしまいました。悲
 
ballet lesson 151 152 引き上げのコツが、
   | バレエレッスンとか・・・ | 11:11 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
いろいろとやりましたが、
やはりピルエットなんかは波があるね〜
きれいにできる時と、
そうでない時の差が、、、と。
まあ、それは経験年数が浅いから
仕方ないね、、と。

ポワントレッスン>
パッセのとき、腕の力も借りて
ひきあげる。
手、腕は飾り、添え物じゃない。

今まで何回も言われてきてましたが、
やっとその意味が少しわかりました。

ぐーっと腕から上半身が引き上げられるコツが、
すこーしだけつかめた気がしました。

ふと一瞬立ちやすかったし、
足が軽く感じられて、
これが引き上げ
ってことなんだなぁと。

この感覚がわかって、
バレエシューズでもかなり安定。

この頃顔がちゃんとあがってる。
この頃時メキメキ上達してるから
楽しいでしょうと、、
と先生に言われました。

それもこれも先生のおかげ、、。

まあ、0からの変化なので、
わかりやすいことはわかりやすいよね。
誰しも。7年から8年目の人よりは
わかりやすいに決まっていると思うけど、

先生自身もこれからが楽しみと言ってもらえて
それはそれで嬉しかったです。
期待してもらえることもやはり人間として
嬉しかったです。
 
ballet lesson 147 148 149 150 リンクし始めているって。
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:23 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ソテ、シソンヌ、アラベスク、
パンシェ、グリッサード、
アッサンブレ、横、たて、。
 
シソンヌ、ピルエット、
トンベ、パドブレ、グリッサード、アッサンブレ
等、もっと全部きれいに精度を上げていくために
1個1個確認してもらいながらやりました。

アッサンブレは、
体を真っ直ぐに前方を向いてたら、
脚は上がらない。
斜めに入って飛んでから、
体を真っ直ぐにすること。
特に何度もやりました。
なんでこんなにできないんだろう、、。

トウシューズではパッセの練習。
パッセは得意なんだと思う、、と
先生からのお言葉。
まだまだ出来ないけれど、
そうなのかな、、、。
そうだったらもっとはりきってやろう、、なんて。笑

パドブレ、二人でやって
ぴったりうまくいって、
先生も褒められました。

こうして、二人でやって、
揃うと嬉しいなあ。

あとは、三人で手を繋いで、
四話の白鳥みたく、
簡単な踊りをやりました。
顔もつけて、、。
これも揃って楽しかったな。

あとは、私のやることは、
真ん中でプリエでまつ。
パドブレで進んで三回ピルエット、
そして、 スキップで八の字に回ってポーズ。等々。
一人一人の踊りを組み合わせた踊りを
みんなでやりました。

先生がぼそっと、、
今までいろんな舞台とか見たことが、
先生が伝えてることと
なんかリンクし始めて、
うまく頭で消化されつつある
って言葉をかけてもらえて嬉しかったなぁ。

イメトレとかなりきり度、
その気になることは得意だし、、笑

 
piano lesson. 38 曲を弾くって、、、。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 13:13 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
モシュコフスキー新しい曲、
だめだめ。
たった1日必死でやって、
その時はまあなんとかなっても、
こうして、あらためてレッスンで弾くと、
だめだめですね。
やっぱり、順を追ってちゃんと何度も練習しないと、、、でした。

それはバラードでも同じで、
半分くらいの成功率で
次々に譜読みを進めても、
そこまで先生に見てもらえるわけでもなし、
きっちりたとえ1段ずつでも
弾けてから、次に進もう。

弾けないまま、間違いながら
最後までなんとか弾くより、
ちゃんと弾けて3段のほうが
まし、、と言われましたし。

でも、この日は先生と暗譜の大変さ(中年になってから)
についてとか、(先生もなかなか覚えられないと)
そして、大切さ。
やっぱり、チェックだけとかでも、楽譜を見て
弾くのはよくない、、と先生論。

あと、毎日練習することの大切さとか
演奏会にどれだけ緊張するか、、、とか
結構話が弾んでしまって、
あまりレッスンはしなかったのですが、
たまにはこんな日もあってもいいかなあとか
結局ちゃんと私も練習できてなかったのだし。

それでも、最初の2ページは本当に
流れがでてきて、いい感じになってると
おっしゃってもらいました。
右手はクレッシェンドで大きくとか
左手はデクレッッシェンドで小さくなるとか
そういうコントロールは非常に難しいけれど、
そういう細か〜いところまで見てもらいました。

出だしの3つの音符がもたついているので、
ゆっくりだけど、きっちり弾くを
習得するために何度もやりました。

曲を弾くってこういう細かいことをやるって
ことなんだなあ
ってあらためて思った次第です。
ballet lesson 146 悲しい出来事。
   | バレエ*レッスン着 | 13:24 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


体験レッスンに行った時に、
その人の動きを見て、素敵だなあって思って、
頑張ってみようかなと
思わせてくれた方が
今週で辞められてしまい、
とても悲しかったです。

前回に個人的にちょっとお話しはしたけれど、、、
やはり、いろいろ思いはあるよなぁって。
クラシックバレエ、、、、。

現実を受け入れて、どこまでやるか、
やれるか、やれないか、、、とか。
私はいつまでやるだろう、いつまでできるだろう、
この年齢からどれくらい進歩できるのかなぁ、、。

あとは、その方はクラシックの前は
モダンバレエを10年もされていたので、
クラシックではどんどん前に進めるというわけではないので、
その苛立ちもあったみたいだし、
クラシックバレエを
辞めるのか続けるのかは、わからないけれど、
続けるとしたら、もっとレベルの高いお教室に
行かれるんだろうなあって、、今までの言動から
そう思ったりしました。

ロシアの方もいなくなり、
その方もいなくなり、
私が憧れていた人がどんどん
いなくなるので、そのあたりは
やっぱり目からの刺激が減るのは
とても残念です。
  1/137P  >>