Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
発表会見に行って来ました。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 11:14 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


習っている先生のところの
子どもたちの発表会を見に行って来ました。

先生、たくさん子どもたちと連弾されてたし、
最後に一曲弾いてくれたのがよかったなぁ。

あと、やっぱり、男の子たちの演奏は
小学生からすでに力強くてとても印象的でした。

自分が子どもの頃に弾いた曲が
たくさんでとても懐かしかったし、

連弾といえば、お父さんとの連弾されてたのがよかった。
何しろお父さんとの連弾ははじめて見たし、
そのお父さんも2年前からはじめたピアノを
子ども一緒に一生懸命さが伝わってきました。

私も連弾したいなぁ、、と。
それにしても、子どもの頃から
こんなピアノ弾けて羨ましいな、、とも。

今回は、一番後ろでゆっくり音を楽しんできました。
ピアノの森
   | ピアノ/お稽古+関連* | 11:12 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


毎週楽しみに録画して見てます。
いろんなピアニストが弾く楽曲が聞けるのも嬉しいけど、
なんといっても背景やピアノのタッチが綺麗で毎回癒されてます。
piano lesson 47 緊張しない日とする日。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 11:04 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ピアノつっかえつっかえで、
なんとか後半の部分の前半を
二回先生の前で弾いてみる。
この日はなぜかまったく緊張なし。
何が作用して緊張したりしなかったり、
ほんと、自分でも理由が知りたい。 笑

まぁ、練習が十分でないので、
こんなもんかなぁと。

1回目よりは2回目が間違いは少なかったし。
まずはつっかえをなおさないと、
先生に見てもらえるところがない、、という。

モシュコフスキーは、もっと早く弾けるように、、
で終わりました。

子どもたちの発表会の案内をもらいました。
また、今年も見に行こうかな。
piano lesson 46 8分音符の速度を同じにすること。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 12:11 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
バラード、
左の8分音符の速度を同じにすること、
右のトリルにつられて、、とか
16分音符につられて、、とか、

微妙に速度が一定にならないので、
なかなかメロディが聞こえてこない。

速度を一定に保つことを意識して、
3小節くらいずつ地道にやってみてください、、と。

あと、でも音は間違ってないだけ、
かなり練習したんだなぁと、、とわかりました
と言ってもらえましたが、。汗

モシュコフスキーは相変わらず、
まったく練習してないままのレッスンでした。
前回に引き続き、、。

ミスはあっても、
淡々と同じスタンスで弾いてるとこは、
かなりいいですよ、、と。

なんかいいところを必死に見つけて
褒めてもらった感もありましたが、、。笑

次回までにはこれ、、ちゃんと練習しよう。
久々のピアノ自主練習。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 17:08 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



久しぶりのピアノ自主練習と
リーズナブルなフランス料理ランチの
自分への投資デ〜でした。

桜を使ったピンク色のお料理とケーキがなんとも春らしく、
お得な気分でした。

お店とスタジオがとても近いので便利です。
しかもいつ行っても美味しい。
piano lesson 45 ギロックという作曲家。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 16:43 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
モシュコフスキー、
(ハ長調の割と簡単な曲なので、)
初見でできますか?
と、、しどろもどろ弾いてみました。
ですが、途中ヘ音記号になるところ、
気がつかず、ト音記号でなんだか変だなぁ
と思いながら弾いてました、。
(変にきまってますよね、、汗)
やっぱり初見は苦手、、です。

バラード、途中からはしどろもどろ、
今度から最初からではなく、
途中から見ていただくことになりました。

左右バラバラのところは、
右左分けてやったほうがよいか聞いてみましたら、
なんとかとりあえずは、両手でやったほうがよいと。

ほんとに練習時間はますます捻出できないですが、
先日のYAMAHAに行って電子ピアノは諦めた旨説明しました。

六月に発表会あるけど、今回どうしますかーって。
どちらでもよいのですが、一応お伝えしておきますよと。

でも、今弾ける曲げないことを言うと、
今までの曲とか、ノクターンはどうですか、、と、。

どんな曲でも二カ月で満足に練習できる環境じゃないから、
前回に引き続き、今回もパスして、
その次、余裕をもってバラード4番ででてみようかなぁ。

まぁ、今は体調の予想がつかないので、
大きな約束もしたくないしな
と言ったところ。

前の方がギロックという作曲家の楽譜でレッスンされていて、
はじめてきいたことを話すと、

綺麗な曲ですよと。

ギロックはショパンなんかが大好きな近代の作曲家で、
ショパンのエッセンスたくさん入ってますって。
綺麗でかつ初心者向けの教材だそう。

ご親切に楽譜も貸してくださいました。
ちらっとYAMAHAのお店に。電子ピアノはやめました。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 15:57 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
先日ヤマハに行って、
勝手にあれこれ試弾できる電子ピアノと
店員さんにお願いして、
グランドピアノ三台、
グランドピアノ仕様の電子ピアノを
試し弾きさせてもらいました。

電子ピアノをまず買うことを
視野に入れてもいたのですが、
30万円台のものでも、
鍵盤がバウンドする感じで弾きにくく、
グランドピアノ仕様のものであっても、
しかも、160万円くらい。
小さいグランドピアノと同じ価格。

であったも、グランドピアノと比べたら
なんともいえないタッチ。
指の感じで、、。

結局、今の環境では
何もアクションを起こさない限りは、
あまり練習はできない
という状況は変わりませんが、

それでも、電子ピアノを買うことはやめました。

毎日電子ピアノで練習できたら、
タッチ感がどうのこうのという以前の
譜読みくらいはできるし、

とりあえず忘れる
ということはなくなるかなぁとも希望して、、
でしたが、

あまりのタッチ感の違いに、、。
なんか練習も結局は二度手間みたいになるかなあ、、とか
突然、弱気。意気消沈。

そこまでして、場所もとるのに
やっぱいいかなぁって。

買わない決断ができたので、
今回の試弾、
ヤマハのお店に行ってみたことは
とても有益になりました。

お店の一階にイベントピアノがあったのですが、
大盛況なんですね〜〜
子どもたちが列を作って待っていたり、
ご両親が写真撮られてたり、、
とごった返していましたし、
今きちんと最初から最後まで弾ける曲もないので、
並んで待ってまではよいかなぁって、、
大の大人の私は弾いてみるのを諦めました。

きっと時間が悪かったですね。
日曜日の3時でしたから。
piano lesson 44 小指をおこして。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:27 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
今日は今までで一番緊張も
気負いもなく弾けました。
その理由は不明で、、 。
その理由がわかったら、
今度から自分自身をそのようにもっていくべく、
応用できるのになぁ。

ノクターン15番、
途中3連になるところ、
突然3連ということで、
規則正しく弾かない。
ショパンらしく、
今までの流れをこわさないようにすること。
そこがこの曲の一番難しいところかな、、
ということでした。

バラード4番、
先が見えてきましたね〜と。
譜読みしてるときから、
譜読みしてるときこそ、

小指が寝てしまう癖があるので、
おこして丸くして弾くことを意識する。
指の先で弾くとか
そういうことを譜読み時に
意識することで、
もっと弾きやすくなるし、
メロディもきれいにきこえるようになる。

これは自分でも認識していて、
あ、、と気づいた時には
なおすと、ポーンとクリアな音になるのは
気がついてて、、と先生に話すと、
ちゃんとわかっているじゃないですか。
わかっているなら、なおす努力をしましょう、と。笑

雨だれのとき、出だしの音をきれいにするために、
かなり小指を矯正したのに、
他の曲になると応用できてないなあ、、、です。
文京シビックホールに飾ってあったピアノ。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:55 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


文京シビック大ホールに飾ってあったピアノ。
ピアノ内部にたくさんのサインが書かれてありました。
piano lesson 43 「ショパンって繊細さだけじゃないんですよね」
   | ピアノ/お稽古+関連* | 16:24 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
バラード4、
(ニコライ・ルガンスキーの)コンサート行ったからでしょうか。
生演奏で勉強になりましたね〜
前と演奏変わりました。
ダイナミックになったし、、と。
嬉しいお言葉。

ものすごく迫力ある、心に響く演奏だったことを
お話して、かなり心に残りましたと
ご報告。

ショパンって繊細さだけじゃないんですよね。
随所に力強さの部分があって。
とショパン談義。

それから、バレエの先生だけでなく、
最近はピアノの先生とも
バレエのお話もたくさんしています。

バレエの話にショパンの話。
もう楽しすぎです。

親しくさせてもらっても、
それでも、毎回かなり緊張して弾いているので、
ミスタッチが減りません。
緊張してなくても、かなり難易度が高いのに、、
と結構凹みますが、、。

それでも今回はなんとか1ページ進みました。

メリハリとタメ。
場面が変化するところの
変化っていうか。
ちゃんと意識的に変えて弾くこと。

ここの変わるとこすごく好きなんですよね〜〜
と先生。
まだまだここから難しくなるので、
頑張ってくださいね、、と。

まだまだ先は長いなあ。
半分くらいまでは来たか?
楽譜のチェックもまだ全部してない、、という。汗

モシュコフスキーは今回あがりでした。
ほっ、、、。

  1/26P  >>