Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
ballet lesson. 88 家でもポワント。
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:42 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


やっぱり、まだまだポワントは初心者だし、
ポワントは、じゃなくて、全部初心者だし、、。
(たぶん、現実的に考えて、
一生初心者で終わる気がします)

ポワントレッスンですが、
レッスンで週に1〜2回だと
さすがに子どもでもないし、
最初ものすごくこわいんですよね、、、。
10日もあくと、
本当に感覚というものを
すっかり忘れています。

今まで毎回そうなので、、、
ちょっと家で履くことにしました。

毎日2〜3分のことですが、
こういう時間を毎日
設けることで、
ポワントに慣れてきました。

しっくり来始めた、、というのか、
恐怖心が少しでも払拭された気がします。

昨日のレッスンでは、
かなり恐怖心が薄らいでいて、
自分比でちゃんとまずは
立てた気がします。

たった2、3分のことですから、
これからも時間を見つけて、
続けて毎日やってみようかなあ、、とかって
思いました。

ストレッチはなかなか継続が
できないんだけけれど

まあ、それでも
やっぱり、家だと、
緊張感に欠けるから、
怪我にもつながることも考えて、
あくまで5分以内と、、思ってますが、、。

周りに左右されないで、
一人で心を落ち着けて、
立ってみて、
ポワントの重心を
もっと前にもってくる感覚が
わかった気がしたし、

先日、松ヤニがないクラスで
水をつけてポワント履いたら、
すごい汚れがついたんですが、
その汚れを見て、
つま先の後ろ側に
汚れが付いていることで
ちゃんとトゥに乗り切れてないのが
自分でわかったし、、、

という経緯もあったので、
前重心の意味が少しわかって
嬉しかったです。

センター>最後五分の集中力がもたなくて、
前にやってる振りだけど、
覚えられず、 しどろもどろ、、
そこが悔しかったなぁ。
簡単なことなのに。

ピルエット、 足と足の真ん中に重心とプリエ、
定まってまない、前のめりになることがあるから、
うまく回れない。

アティテュード、
後ろ足もっと内側に。
中心によせる。
でも、体の軸は引きずられないように、
まっすぐに。

そんなこんなのレッスンでしたが、
ものすごく疲れて、
帰宅して、しばらく横にゴローンって
なってました、、汗
ballet lesson. 87 ダイエットしなきゃ、あぶない。
   | バレエレッスンとか・・・ | 08:19 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


いつもよりは少なめに、、、笑

ポワントで片足パッセ、
全然できませんでした。
しまいには足がぐにゃっとなったりして、
ヒヤッとしたりして、、。

この間は、もうちょっとうまく立てた気がするのに。
これだけ大変だと思ったのは、
やはり、体重が増えたせいかも、、と。

でも、エシャッペ、滑らせながら
脚を開くというのが、なかなか難しいですが、
うまく最後はピッと両足で止められて、

おっと自分で思えたし、
一つでもそう思えた瞬間があれば
よいんだけど、、。

この一ヶ月でなぜか3キロも太ってしまい、、
これは、大きいなぁ。
脂肪だけでなく、筋肉も含めての
3キロとはいえ、

やはり、バレエが大事で、
怪我したくないなら、
太ったぶんくらいは戻さないとな。
いくら中高年の趣味でも。

いや、中高年だからこそ、
身体的には強くないんだし、
そーゆーことは自分で気をつけないとなぁ、、
ちょっと悔しかったので、
ほんと、ダイエット〜だわ。>決心。
ballet lesson. 86 膝裏をまっすぐ伸ばす。
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:32 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


足の膝が曲がり気味。
膝裏をこれでもかって
まっすぐ伸ばすこと。
そこを一番気をつけること。
私のポワントの一番の問題点

それから、まだまだ全身使えてない。
今はまだいいけど、
これから、時間長くなったりすると、
脚だけで立ってると、
すぐにバテることになるから、

顔も上半身からもう全部上げる。
全身を使って立つ。
そのほうが圧倒的に
立ちやすいはずなのだから、、と。

うーん。
自分では引き上げて、
できる限り伸ばしてるつもりなんだけどなぁ。
全然伸ばされてなくて、
何かブロックされているみたい、、。
(何度も言われて、何度も書いてますが)

ポワントレッスン2回目の方が
いらっしゃって、
一緒に1からやりました。

今までおざなりになってた、
ドゥミポワントを通って立つ。
を一生懸命やってみました。

今まではポワントがかたくて、
どうしても足指がつりそうで、
うまくできないし、
あまり好きではなかったので、
結構いい加減にやって、
さらっとやってたんですが、

その方とやってみて、
やっとドゥミポワントを通って、、が
少しだけできたように思いました。
なんでも、やはり、順序踏まないとダメですね。

ピルエットのパッセ、
前より脚が上がるようになったのが、
自分で認識できてなんか嬉しかったなあ。
ballet lesson. 85 ポワント初アラベスクセンター!
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:19 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


バーレッスン>タンジュ、
後ろがルルベになってしまってる。
もっと親指だけちょこんと置く程度に。

ポワントレッスン>私にとっては、初めての30分コース。
最初の時点でもう小指がつりそうでしたが、

センターにて、パッセ、
エシャッペ
パドブレが入ったちょっとした踊り。
そして、アラベスク、
回転の練習等を
みなさんについて必死にやってみました。

めちゃくちゃ、やはり恐恐でしたが、
少しコツがわかったような、、!?

前から言われているように、
片足にのる。
その時膝はまっすぐに。
すぐ重心移動。
すぐ引き寄せて、引き上げる。

回転はもたもたしない。
さっさと早くスピードをつけてやったほうが
やりやすい。

アラベスク怖かったし、
全然だったけど、
同時にはじめてセンターでやってみたこと、
感動でした。
これだから、どんなに屁っ放り腰でも
猿の踊りでも、バレエはやめられません。

先生から、踊りに幅が少し感じられるようになった
と言ってもらえたことが
とにかく嬉しかったです。

ものすごく充実したレッスンになりました。
ballet lesson. 84 みんなの前で一人でレッスン、、
   | バレエレッスンとか・・・ | 08:44 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


ゴールデンウイークはもともとレッスンがなかったし、
前後に1回あったレッスンも結局バタバタしていて
行けなかったので、久しぶりのレッスンでした。

久しぶりに履いたポワントは
やっぱりしっくりいかなくて、
うまくのれなかった感があったし、
ちょっと滑りそうになって、
恐怖感もありましたが、

それでも、今月から
全部の曜日にポワントレッスンが
組み込まれることになったので、
どの曜日に行ってもとりあえず
ポワントが履けるということでは、
とても嬉しくなりました。

ただ、この日参加した人で
ポワントレッスン参加する人は
たまたま私一人だったため、
みんなが見ている前で
一人レッスン。

なんか妙に緊張しました。

みんなが「いいね〜」「いいなあ〜」って
やっぱり硬いんだね〜って。
パッドを見て、
「こんなのやっぱり入れるんですね〜」とかって
いろいろと話しかけられ&触らせて〜っと、、
「足先はどうなっているの?」
などなど

やっぱり不思議いっぱいのポワントですよね〜笑

モダンバレエを以前されていて、
体の柔らかさから、
踊るセンスから、、
何から何までダントツの方がいらっしゃって、
しかも、軽〜い身のこなしで、
誰がどう見てもバレエ体型のその方よりも

先にポワントが履けるようになったことが
また、みんなの不思議ちゃんなのでした。
私も含め、、。

その方も次回から、、と先生の許可がおりてましたが、
やっぱり、踊りのセンスとかと
足脚の筋肉とか引き上げとか
そういうのは別物なんだなあ〜なんて、、。

その方がポワント履かれたら
一緒にポワントレッスンできるのが
すごく楽しみになりました。

すごく楽しそうにバレエされている方で、
昨年見学にて、(懐かしい)
その方から目が離せなかったのを
覚えているし、
とにかくいつも笑顔なので、
仏頂面の私にはその点がとても勉強になるし、、で。

その方とペアで練習したのですが、
先生に、鏡の前でよく見て、、と。(その方を)
体〜頭、伸びているでしょうと、、、
私はもっと伸びるのに縮こまっている、、と
(前から言われていることですが)
先にいつも動きを形づくろうとして、
そこで伸ばすのがストップしている。
もっと解放するよ〜って、、、
何度も言われているのですが、
今だ、解放ができません、、、、。

はじめて、2レッスン続けて受けてみましたが、
もう汗だくで、脚はがくがくで疲れました〜
が充実したレッスンでした。


 
ballet lesson. 83 トゥーシューズetc
   | バレエレッスンとか・・・ | 14:47 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


昨日は、いつも一緒にレッスンしている、
とても感じの良くて好きなクラスの方が
トゥシューズデビュー。

「履けるとは思っなかった」
「たった1分でも履けたことが嬉しい」
と何回もおっしゃってて、

私も約半年経った今でも同じ気持ち〜と。

トゥシューズチェックつながりで、
レッスン時、
今まで気にしてなかったけど、
リボンの結び方が甘いと、、先生。

先生の前でやりなおしてみました。
結果、かなりタイトに結ぶんですね〜。

半年経ってからの発見でもありました。
知らなかったよ〜汗

ここぞとばかり、いろんなシューズを見せてもらいましたが、
シルビアの色、見た目も触りごごちも
なんか良さげ、、。
密かに私の憧れの方は、カペジオを履かれているとのこと。
その方はその方で、フリード履きたい、憧れてるけど、
合わないのが残念なんだそうです、、。

昨日は先生と中華料理でした。
ballet lesson. 80 81 82 びしょ濡れになったら・・・
   | バレエレッスンとか・・・ | 12:50 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |





春、4月、移動、変更の月ってことで、
なんだかバタバタしていました。
それでも、体調が悪いとき以外は、
レッスンは割とコンスタントに通ってました。

3月末に水筒のフタのロックをし忘れて、
カバンの中で飲み物がでて、
全部びしょ濡れになりましたが、

その後、洗って、
靴乾燥機で、
バレエシューズ、
トゥシューズとも乾かしたら、
トゥシューズ、土踏まずのところが柔らかくなり、
折れやすくなり、
ここぞとばかり、曲げてみました。
全体に柔らかくなってよかったかも。
茶色っぽくなり光沢もなくなりましたが、、と
当初は思いましたが、

バレエシューズ同様、やっぱりダメになりました。
バレエシューズは前回記載しましたように、
ギシギシと音がなり、回転等ができなくなりました。

ポワントも上記したように
柔らかくなって、折り目がついて、
よくなったのかなあ〜って思ったら、

ものすごく縮んで足先が痛かったので、
その後、新しいポワントを試してみたら、
痛くならなかったので、
やはり、びしょ濡れで、縮んで、かつ、
何かが変わってしまったのかなぁ、、です。
早々と一足無駄にしてしまった感じです。

それでなくても、バヤデールは廃盤になっていて、
入手は困難なのに、、です。

あと、やっぱり、なんといっても
バレエは体重が軽いに越したことないよね〜〜って。
ほんと実感した日でもありました。
一緒にレッスンされている方が
紆余曲折があり、5キロ痩せられて、
ものすごくバレエ体型になられ、
回転も前よりよくなり、先生も軽そうね〜、、と。
本人も体が軽くてやりやすいです、、と。

とっても羨ましかったので、
5キロは無理ですけど、
せめてせめて今年は3キロでも痩せたいなあ、、と
切に思いました。

なんといっても、ポワント履くなら、
絶対体重が軽いほうが有利ですもの〜

シソンヌ、パドシャ、アッサンブレ、 徹底的にやりました。
フラッペの練習>足の後ろにやること。
足を持っていくところ、
今までくるぶしの後ろあたりだと思ってました。

ストレッチ、足上げ、横にぐいっと持ち上げるの、、
コツがわかった気がします。
足、脚をなるべくできるだけ、 アンディオールにしてないと、
真横になんかやっぱりあげられないんですね、、 。

今まで途中から、足が前方向を向いてた気がします。
はっきりそれが認識できたら、
ぐっと足が上がるようになりました。

一度だけ前にやったことがある、
新しい回転をやりました。
右足、着地
左足、ルルベ、
右足、パッセ 回る。

ポワントのときは、もっともっと上半身の引き上げ、
体全部を最初から引き上げ。
でないと、立てない。途中で疲れてしまう。
バレエシューズのようにはいかないもの。

レッスン後、回転寿に。
また、暖かい陽射しの中、
お花見を兼ねたドライブ。
日頃車を乗らなくなった私には、
ほんと車道からの都内縦断はとても新鮮なものでした。
帰りは自宅まで送っていただき、
至れり尽くせりの一日でした。
おかげさまでとても有意義、楽しかったですが、
疲れすぎて、なんと8時に寝てしまいました。

まぁ、そこは、女子同士、
バックグラウンドもさまざま、
バレエだけが共通項で、
み〜んなが仲が良いとは言えないし、
いろいろ心の中では不満等もあると思うけど、
大人であることを皆がわきまえてる感じだし、

少なくとも、先生とはご近所同士で、
価値観も似てる、、で、
バレエ関係なく仲良くなれたことが嬉しいですね。やはり。
 
ballet lesson 79. ポワントクラス新設
   | バレエレッスンとか・・・ | 08:47 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
四月は始まりの季節。
教室も新体制になり、
新しい生徒さんのためにも、
例えば、バーレッスンでは、前後の人たちの動きも
じぃ〜っと見るのが常だし。
まだまだ私も一年の経験しかないので、
私には先生何もおっしゃいませんでしたが、
10年選手の人たちには、基本をあらためて
徹底的に昨日は復習。
私にもとても勉強になりました。

それから、先生に図々しく、
ポワントクラスを作って下さい〜
なんて、、
「今日が一番人生で若いし、
先延ばしにしないで、今年できることは、
なるべくたくさんやりたい、、。」
とお願いしたら、
ほんとに、ポワントクラスを
作って下さいました。
本当に嬉しいし、
怪我だけには気をつけて、
頑張りたいなぁ、、と。
ballet lesson. 78 バレエシューズの履き心地
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:54 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


牡蠣が食べたくて、
なんか妙な組み合わせになりましたが、
この組み合わせは、大失敗。

香辛料がエキゾチックな味すぎて、
なんだか、ゲップがとまりませんでした。笑
それに、食べた後ずっとスッキリしなかったです。

まあ、こんな日もありますね。


レッスンですが、
ピケターン、足を五番の形にして回るのに、
だんだん足の幅が開いてきている。

バレエシューズが先日、
濡れてしまったので、あらためて洗濯して、
乾かしたものを履いたら、

足先がブロックされて、まったく
回れませんでした。
シューズいつも洗ってるという人もいて、
シューズによっては、底が何も変わらないらしいけど、
私のみたく、
ギシギシって音を立てて、
まったく滑らなくなる場合もあるのね〜〜って。
ひとつ勉強。

このバレエシューズはとても短かったなぁ。
今度買うときは、足先に皮が付いてないのを
できたら買ってください〜と。
先生が見て、足先の状態がよくわかるように、
ということで、全部布製にまたしようと思います。

あまりに滑らなさすぎるので、
同じクラスの人が古いのを貸してくれましたが、
また、それも履き心地がまったく違い、、
トゥシューズはまぁ、履き心地は
千差万別なのはわかるけど、
バレエシューズもほんっと、
履き心地いろいろだなぁ
と改めて思ったのでした。

奥が深いですね。




この日はなんとも寒く家を出るときは、
気温3度。
仕事でもなけりゃ、
何かしら個人レッスンを予約しているというわけでもなく、
こんな日にレッスンくるなんて、
よっぽどやる気のある人だけだよね〜って
思って家をでましたが、
なんと、全員出席の事実にびっくりしたのでありました。

みんななんて熱い、、、。
ballet lesson. 77 水浸し・・・
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:44 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

この日は和食で。

レッスン、下半身の安定とは逆に、
(脚は典型的日本人。頑丈そのものな感じですもん)
上半身の硬さが目につく。
腕全部というより、
肘から下を柔らかく使う。
手首に力が入っているので、
そこがものすごく硬い印象。

上半身と下半身とでは
シナプスつながってないなあ〜
やっぱり足の動きにばかり気を取られているんだろうなあ。

でも、先生に最初の頃、
右足って言われて、右がすぐ出なかった頃に比べたら、
右って言われて、右がすぐ出るようになったんだから、
すごい進歩よ〜、、、なんて言われ、
まあ、それはそうだ、、と納得。
低いレベルではありますが、
確実に進歩はしているということで>自分比

脳と足のシナプスはつながったようです。笑

あと、手が行く方向に顔もいつも向ける。
バーレッスンでは気をつけていても、
センターになると、振りのことで頭がいっぱいで、
いつも顔が真正面を向いてしまっている。

柔らかく柔らかく、、。
前回も同じことを書きましたが、
次回もまずそこを意識して
やろう。

あと、水筒の蓋が開いてしまっていて、
移動時に全部中身のポカリスエット的な飲み物が
バッグの中でこぼれてしまっていて、
到着して、着替えようとしたら、
もう全部びちょびしょ、、。

もう帰ろうかと思ったほど、
凹みましたが、
皆さんが気を使ってくださり、
ストープ、エアコンのところで
直前まで乾かしたら、、とか、
ポワントも履くまで時間があるからってことで、
先生が椅子の上で乾かしてくださったりで、

いじけることはほんの数秒で、
そのあとは、多少気持ちは悪かったですが、
とりあえず、レッスンには参加できました。

トゥシューズは濡らすと滑らなくなりますが、
ここまで濡れると本当に今度は
つま先で回れなくなりますね。
新たな発見です。

水筒もきちっとロックされてなかったんだなあ、。
今度からなんども確認しなくては、、と思いました。

ほんとおっちょこちょいです、、。

昨日は子供のときに少しやっておられた、、という人が
来られ、形がバレエだなあって、、
なんかやっぱり違うなあってしみじみでした。
 
  1/9P  >>