Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
ballet lesson 123 目が嬉しい日。
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:20 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


目の保養日。
ロシアの方が二ヶ月ぶりに
来られたので
またまた目がとっても喜んだ日なのでした。

ピルエットの時、
だぁーって大きく勢いよくなってるから、
もっと二番の手から先、
コンパクトに
って横で言ってもらえて、

コンパクトコンパクト
って頭でイメトレしながらやったら、
結構体の軸が安定して、
くるっと早く回れて、、。

ちょっとしたアドバイスで
気持ちよく回れて嬉しかったなぁ。

驚いたことでは、ロシアの方、
二度もすってんころりん、、、と。
あんなに上手な人でも、
もちろんやってることは超高度だけど、
でも、重心がちょっとでもずれると転ぶんだなぁ、、
としみじみ思ったのでした。
びっくりしました。

そのロシアの方ですが、
踊りを見させてもらっていて
改めて気付いたのですが、
ふくらはぎのほうが太ももより太い、
太いというか筋肉がついてカッコいいんですー。

太ももは細くてしまってて、
膝あたりはもちろん細くて、、。

あんな脚に本当憧れます。
もちろん、長さが圧倒的に長いから
カッコいいってこともありますが。

とにかく、脚だけでなく、
顔形、背中から、、、スタイルから踊りから
ちょっとした動きから、立ち振る舞いから
何から何までかっこよすぎるんです〜

だから、その方が来られたら、
自分自身もめっちゃテンション上がります〜
ballet lesson 122 自分で探すこと。
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:13 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


ポワントでピケターン、
もっと体の軸を素早く回す。
自分で回るんだ、、
というような強い気持ちで。

なんとなくこの日は、
背中、膝裏がちゃんと伸びて立てることが
出来たような気もしたかなあ、、自分なりに。

ポワントで立つ=
何度も自分でバランスとってみて、
その感じを自分でつかむこと。
先生からは、
そこまでは人それぞれ体が違うので教えられない。

自分で探すこと。

センター最後のポーズでシャッセを忘れないこと。

アッサンブレ、パドブレ、シソンヌ、ジュテ
何度も練習。
脚を横に出した時、
出した脚のところに体を移動させない。
横に脚は出すけれども、
進むのは前にまっすぐに。
ballet lesson 121 深い呼吸を意識してみたら。
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:48 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


淡々と進んだレッスンでした。
この日は特に何も注意もされず、、。
それはそれで寂しいものもありますが、 、。

ポワントでもだいぶ上半身が引き上げられてきた、、
とそのお言葉が嬉しかったです。
今一番の課題は上半身の引き上げ、、ですから。

自分なりに考えて、
呼吸が浅いから、
肩、胸、首までもガチガチで
上半身が引きあがらない気がして、

深い呼吸を家でもときおり、
意識してするようになったら、
肩甲骨の感じや胸あたりが
なんとなく普段でも
柔らかくなり、

引き上げもしやすくなった気がしました。

まだまだポワントは、
日によって安定性には欠ける時も多々、、と先生。
自分でもそれはよーく認識していて、
その日の体重とか体調、
その前にどんなレッスンだったか、
とかいろんな要素で
立ちやすいとかそうでないか、、
最初の感じでわかるようにはなりましたが、

いつでも最低ラインはキープ出来るようになりたいものです。
やはり、週3回レッスンすれば、
そういうこともキープ出来やすくなるだろうけど、
そもそも週3回毎週レッスンそのものがあるわけではないので、
やはり、家でどこかわりと高めの何かにつかまって、
少しトゥーシューズ履いてみて、、、との
アドバイス。

体重は筋肉量がどうのこうのより、
やはり、一キロでも減っていた日のほうが
やはり立ちやすいかなぁと。

一キロなんてまぁ誤差の範囲ではあるけれど。
でも、どーしてこうも体重が落ちないんだろう。

バレエ来てる方、年齢関係なしに、
体重で悩んでいる方は一人もいないんですよね〜
太ったり痩せたりはしないみたい。いつも一定。

太ったとか体重落ちないとかは私だけだもんなぁ。
ballet lesson 120 上半身の引き上げが急務。
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:40 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


一つのかたちを徹底的に
一人ずつ見てもらいました。
パッセ、アティテュード、アラベスク。
センター、ピルエット、アンデダン。

ポワント、パドブレ、横の手を
もっとしっかり。
手、腕は飾り物じゃなくて、
引き上げ、重心のためにとても重要。

一人ずつ見てもらうレッスンだったせいか、
途中途中余裕があっだ感じ。

私と同じことを注意されてた、
上半身が使えてなく、
肩、首がガチガチの方を見てると、
私もあんな風になってるんだなぁ
とよくわかった気がしました。

自分がどうなってるかは、
なかなか客観的に自分でわからないし。

でもでも、上半身引き上げためには、
やなり、体幹や肩甲骨あたり、
上半身を鍛えることが急務かも、、と。
あと、体重を落とすことも。

自重トレーニングとかストレッチとか、
ペットボトルを使ったような
何かトレーニングみたいなものを
家でもやらなきゃなぁ。
ballet lesson 118 119 身体が繋がった。
   | バレエレッスンとか・・・ | 11:02 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


トゥーシューズか重くなった体に慣れて来たのか、
全身、上半身がいくらかでも
下半身に協力できるようになったせいか、
終わったあとの疲れ方が
いくらかでもマシになりました。

そして、トゥーシューズで五番、
アンオーで立ったときに、
はじめて足先から、膝裏、お尻、肩甲骨、
頭が繋がった感覚が持てました。

首はまだまだ伸ばしきれてないし、
腕もうまく体を誘導できず、
ただの添え物になってますが、

それでも、体がばらばら、
上半身もまったく使えてない、、
肩はガチガチ。

から脱却出来つつあるのが、
先生にも言われ、また、自分でも感じられて、
非常に嬉しかったです。

トゥーシューズのクラス二人しかいなくて、
落ちついて、先生のアドバイス通りじっくりできて、
ほんとに有意義なレッスンでした。

センターでは、トンベの時、
手首から肘までもっと柔らかく。
最初から型にはめようもして、ガチガチ。
もっと解放させること。
とにかく手先に力が入ってるから、
肩から力を抜くこと。

もう一人の方に、泳ぐことをイメージして
やってみたら、、、と。

アッサンブレもっと勢いよく。
ピケの手、腕、>顔を向けた時に手もまっすぐして、
方向指示にすること。
毎回言われてます。

ピルエットはうまくいった!

この日は調子よかったから、
終わってからも気分よく、
チャコットまで松ヤニスプレーを買いに行き、
中華料理を食べて帰りました。
午前中は買い物、次週の料理の下ごしらえ等
ずっとしてたので、
立ちっぱなしだったけど、、

それでも、午後はバレエレッスンニクラス受けて、
さらに30分歩いてチャコットに行き、
中華料理を食べて、また歩いて帰り、

なかなか私なりにはめずらしく
とても元気に過ごせた一日でした。
これだけ、脚を使っても、
筋肉はほとんど思ったほど増えてないなぁ、、。
しゅん、、。
ballet lesson 117 新しいストレッチ。
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:35 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


久しぶりのメンバーとのレッスン。
この日は新しいストレッチを教えてもらいましたが、
手で足首を持って、
前に脚、膝を伸ばす、
それができたら、上に上げるというもの。
効く〜苦しい〜
その延長で、アティテュードも
手で膝を押しながら、後ろに脚を伸ばしていく、
形とコツをみんなで再確認。

このストレッチ、家でもやれば、
かなり効果ありそう。
ふとした隙間時間にできそうなものを
教えてもらえるのはホント有難いなぁ。
(家でやれるかなあ〜ストレッチは本来大嫌いなので、、)

センターでは、二番の腕の形、
また、そこからのアンナバン、アンオーの形、、。
本当にこの形がしっかり未だに定着してなくて、、。
でも、この形が汚い、いい加減なのは
最悪、、と先生がおっしゃってたし、
無意識でもきちんとした形になるように、
ここは努力したい、、。
ピルエットの二番の腕からアンナバンも
ちょっと下に下がりすぎてたことに
今更ながら気がついたし、、。
二番の腕とアンナバン、
ここが今年後半の肝かなあ。自分では。

ポワントはこの日は
とりあえずなんとか自分なりに
以前に戻れた!?
普通に出来た気がしてホッとしてます。

このところ体重が急激に増えて、本当に
怖かった、、。
足首をひねりそうで。
でも、体重が減るより先に、
この体重であらたになんとか
足が勘をつかんだのかなあ、、とか。
嬉しくないですが。

筋肉は増えてきているので、
一緒に増えている脂肪だけをなんとか
落としたい、、、。う〜ん。
ballet lesson. 115 116 ナイアシン効果。
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:38 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


立ってる時、ピルエットする時等、
やはり二番の手の手首が曲がってたり、
力が入ってたり、、
随分前から注意されてるけど、
もうクセになってるから、なおしましょう、と。

パドシャ、シソンヌ、バッチュ、シャンジュマン
とジャンプばかりやって疲れて、
最後のトゥジャーズが履ける気がしなくて、
履かない申告をしました。
まぁ、久しぶりのレッスンだったし、
スタミナ切れ。
自分でやらないとしたのは、
たぶん2回目かなあ、、。
残念だけど、無理して
怪我するよりもましだし。

あと、初左足前のスプリッツ成功。
屈折1年半の成果と言えますが、
でもそれよりも、たぶんですが、(不確か)
ただの体感なんですが、
ナイアシンを摂取して以来、
なんだか身体、股関節、指がよく動くようになり、
その効果な気がします。
急にできるようになったから。

ナイアシンは関節痛なんかの人に
効果があるそうなので、
痛みはなかったとしても、
関節の動きがスムーズになることは
絶対ありえるなあ、、、と。

 
ballet lesson. 114 腕は脚より重要。
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:28 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
久々のレッスン。
やはりちょっと忘れてました。
前回ピルエットのコツをつかんだ気がしたのに、
また、パッセになってなかったり、、
いろいろ、、。
軸がゆがんでたり、、。

まぁ、、一歩進んで、
また、下がり、、ですね。

また、軸足軸足軸足、、曲っている、、 。

この日はお盆休み中ということもあり、
レッスンは二人だけ、、
で、主にバーで、
腕の位置、顔の向き等細かく
バレエらしく見えるための角度、
顔の上げ方等チェックしてもらいました。

バットマンの横脚は、
横に出した腕の後ろに上がるつもりで、、
例え、そんなにあがらなくても、、。 笑

これは目からウロコな感じでした。
ポワントのアンオーの腕もうちょっと丸く。
アティテュードは、つま先から頭まで
繋がっている意識でいっぺんに上に伸ばすこと。

四番ポジションで重心の位置、
何回も自分で立って
自分の位置を見つけること。

バーの手をはなすと五番よりはるかに立ちにくいなあ、、と。
ballet lesson. 112 113 コツがつかめた気がする。
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:54 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
先生は同じだけど、
この日は、はじめての広ーいスタジオで、、。
すっごく気分よかったなあ。

二番の腕、上からかぶせるように。
アラベスクよくなった。
でも、胴体はもっと前にまっすぐ。

前回も書きましたが、
しかし、ポワント苦しい、、、
た、、だいじゅうが、、汗

引き上げ引き上げと思っても
足になんかずっしり食い込む感じ、、汗

それに伴って、また、怖さが復活。

バレエを大切に思うのなら、
お盆でレッスンはしばらくお休みだし、
怪我する前に、
その間にダイエット必須。

ピルエット、センター
屈折1年半、、やっとコツをつかめた気がします。
今日は何回やっても同じようにできた。

頭の芯からパッセの脚までつながった感じが、、 。
それが理解できた、、というか。
あ、、できてる。つながっているって
認識できた。

ピルエット後のあとのポーズのことは、
回ってるときから考えること。

手の二番。ピルエットとピケも 力を抜いて出すだけ。
腕をふりまわさない。
ピケー5番ポジションにすぐひきよせる。
足がだらしなく真ん中があいてしまっている。

前後開脚、床まであと1cm!?〜まできたよ〜
屈折1年半。あとでもまだもうちょっと。

それから、来年のおさらい会の話が先生から
でてましたが、、、いったいどうなることやら。 
もし出るなら私にとっては初体験ですが、
嬉しい気はまったくしません、、、、。

まずは体重管理、ダイエット、、、。
ballet lesson. 111 体重激増で。
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:44 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


この頃ほんとにポワントの調子が悪い、、。
その理由は自分でもはっきりしていて、
それはたぶん急激に体重が増えたからだと、、。

病気の症状を軽くするために、
鉄剤を飲んでいるのですが、
吸収(が昨年1年でもあまりうまくいってなかったため)
よくするために、プロテインを摂取しはじめてから
急に太ったというか、
見かけより、体重が激増。
なんとなくむっちりしだしたので、、。
そのせいで、、、。

まぁ、以前よりは多少は健康にはなってるんだと思う。
ただ、やはり、ポワントのことを考えたら、、
体重は軽いにこしたことないもんね〜
3キロで赤ちゃん一人分背負って踊ることになるっていうのに、
5キロほど一気に増えたので、
これはある意味自分の足首とか足にも相当の
負担かけているように思うし、

何しろ、足がポワントに食い込んでいる気がします。
前は少なくともこんな感触じゃなかったので、

まあ、健康をとるかバレエをとるかって
究極の選択にはしたくなく、
両方今の私には大事なので、
プロテインの量を減らして、
うまく体重もコントロールできるように
もっていきたいなあ、、と。

絶対両立はできるはず、、!?

ポワントパッセ、軸足を絶対曲げない。
曲げないですむところに足をまず出す。
そして、すばやく重心移動して、
パッセ、後ろに足をおろす。
顔は下を見ない。

パドブレ、ともかく二番の手、
腕を再度意識して、
そして、そこから腕を動かすこと。

ピルエット、脚がパッセになってない。
何度もやりなおし。

それでもこの日は、
今まででストレッチ、体、脚が一番のびた気がするし、
アラベスクもまぁいい型でできたように思うので、、
悪いことばかりではなかったけど。

自分でほんの少し股関節が開いて来たのがわかるので、
すべての動作がやりやすくなってきました。

問題は体重、、、。
  1/12P  >>