Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
ballet lesson 196 アティテュード褒められた。
   | バレエレッスンとか・・・ | 14:41 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
たんたんと進んだレッスンでした。
アティテュードの形、
アラベスクも首が
ちょっとは上がってきた、
いい感じと褒めていただきました。

二種類のソテ、なんども練習。
もっと軽く、重々しすぎるーと、、。

気を取り直して、お腹に力を入れて、
上に引き上げて飛んでみたら、よくなったと。
やっぱり、おなか重要だなあって。
自分でも見た目も軽く飛べるなぁと、、。
やはり、そーかぁって、
思った次第。

ソテばかりやって、これってジャンプだし、
疲れて、あとのエシャッペとか、
ポワントダメダメでしたが、、。

まあ、褒められたこともあったからよし、、かな。
ballet lesson 195 首、首、ろくろ首のごとく、、。
   | バレエレッスンとか・・・ | 14:37 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ソテ、出す腕、手がまっすぐになってるから、
少し内側に斜めにするときれいに見える。

ポワントでルルベ、
そして、足を前横後ろに出す動きのときに、
片足は真横に。
そして、体はまっすぐだけど、
反対側に重心を外側にして、
両方でひっぱるようにすると、
足がひらきやすくなる。

首首首、ろくろ首のごとく、、首をもっと伸ばすこと、、
何度も言われました。

足もできてきた。
上半身も引き上がってきた。
あとは首と顔。

前よりはマシになったけど、
まだまだ首が固まってる。
上にもっとのばす。

これがまた難しい。
もっと伸ばすのかぁ。

iPhoneで下ばかり向いてるから、
ますます伸びないのかな。笑

今年の目標は、
やはり、前は上半身と書いたけど、
次は、首だー。首。

固いんだから、
柔らかくするべく、
マッサージでもしようかしらー、、なんて。

そういえば、バレエダンサーってほんと、
普段でただ立って歩いてるだけでも、
首伸びてるもんなぁ。

首が伸びたら、
首から肩のラインももっときれいになる、、と。

がんばろう、、。
ballet lesson 194 ダメダメ日。しんどかった。
   | バレエレッスンとか・・・ | 14:32 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
この日は到着する前も体重いなぁ。
大丈夫かなぁ、、と思いながら、
レッスン開始。

途中もしんどいわけではないけど、
重い重い。

ポワントもエシャッペ、この間はもっとできたのにねー、、と。汗
あと、ピケも出す脚の膝が曲がってる。
まっすぐ出してすぐ重心移動、
引き上げのリズムが崩れてた。
ダメダメ。

へんな癖がつかないようにしないと、、
と言われちゃったし。
いつもはできてたのになあ。
まぁ、体が重いから、しょうがなかったかな。
これって、やはりホルモンの関係かなぁと。
寝不足もあったし、。

それでもピルエットだけは今までで
一番出来がよかったのが救いかな。
まぁ、こんな日もあるさ、、と。

次回がんばろ。
アティテュードの足がたたみかけるようになってる。
パッセの形からそのまま後ろに。
たたみかけない、、こと、、と。
ballet lesson 192 193 白鳥の動きをやりました。気分はダンサー笑
   | バレエレッスンとか・・・ | 14:28 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
白鳥の動きをみんなでやりました。
もう気分だけは、ダンサー気分でした、、。笑

歩く、 出して、プリエ
出してプリエ
手は肘から先をやわらかく、
顔を大げさなくらいに手の位置につけること。
ソテの時の顔は出した手の先を見る感じで。

ポワント、アラベスク、顔を上。
頭を上から引っ張られてるイメージで。
上に上に引き上げて。
でないと前のめりにぬってる。

ピケ、腰でコントロールする。
パドブレ腕も使って、体をひきあげる。
エシャッペいつもは2番だけだったけど、
四番は初めてやってみる。

ピルエット、2番の手がまたあやふや。
しっかり横に出して
足はルルベにもっとあげる。
センターでは、見える景色がバーでやってるのと違うので、
しっかり上に立ててないんだなぁ、、と実感。

アッサンブレ、バチュ何度もやったけど、 いまいち、、できなかった。
相変わらず。なんかいつまでたってもできる気がしないのだなあ。
ballet lesson 190 191 足が最大限に凝った。
   | バレエレッスンとか・・・ | 14:24 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ともかく、足、脚が弱い。
それプラス、そもそも体重のハンディもある、、

で、足の上げ下げが入ると、
もう、死ぬ。笑
バレエシューズでもそうだし、
ポワントはさらに。

ぐぬゅっとあげると
足首痛めるから気をつけてと、、。
疲れてぐにゅっとなりがち。

さっといっぺんにあげて重心にのること。
さっとあげるといえば、
アントルラッセ、
また、手を上げるとき、
ぬーとあげてしまってて、
なんかくせになってるなぁと。

あと、回転の変形、久々に。
出す足、アテール反対がわの足をルルベでパッセ。
大きな問題はないけど、
出す足が広すぎるから、
ベターと見えてしまってると、、。

間を広くとることで、
自分なりに上下のリズムをとるようにしてたんだけど、
せまくすると、なんか調子くるって
できなくなってしまいました。

センターでは、ピルエット二回、
アントルラッセ、アンデダン、スキップみたいなの、
名前なんていうんだろ、4回、
グリーサード、アッサンブレ何度もやってみる。

パとパのつなぎがもうちょっときれいにできたらなぁ。
先生にことあるごとに、荒削りだけど、
悪くないと言われるのだけど、
荒削りの部分の精度を高めていけたらなぁって思う。
ここ何ヶ月かで一番足が凝った。
マッサージ必要、、。
ballet lesson 189 ふくらはぎ死んだ、、
   | バレエレッスンとか・・・ | 17:19 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


バーレッスンで新しい動き、
ルルベでパッセ、アテールで前、横、後ろって、、
かなーりふくらはぎにきたー。

センター、パドシャ4階、ピルエット1回。
ポーズ。ソテ4回、
トンベ、パドブレ、グリッサード、アッサンブレ。
このソテがうまく入れられなくて、、。
これは脳トレだわぁって。
すっと入れない。

ソテの腕あげすぎない。
下から水平くらい。
腕が硬すぎ。
やわらかく。

ピルエット時のパドブレ、
最初はアテールからルルベへ。
全部ルルベになってる。

ピケ、手の方向、行く方向にきっちり指示してないから、
回る方向がずれてくる。
もっとしっかり同じ方向に出すこと。

この日はパンを食べながら、
たくさんバレエ友とおしゃべり。
ballet lesson 188 細いのがうらやましい。
   | バレエレッスンとか・・・ | 17:14 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
暑かった。
この日は汗がだらだら。

ピルエットどんどんへたになってるような。
軸足にちゃんとのれてないって、、、

​上半身には力は入れない。
下げる。
意識するのは、腰のあたり、肩甲骨。

フォンデュ、軸足まっすぐになってきた。

この日注意されたところは、
それだけだけど、
なんか足がかなりむくんでいて、
悲しかった。

一番仲良くしてる人がかなーり体型よくってスリムなので、、
萎える。
私もせめて元の体重に戻りたい。
バレエやるには、足にかなーり負担かけてるだろうなぁ。

でも、きれいな体型の友達がいると、
やっぱり張り合いがでるから、
いいことではあるね。

今年の目標は何って聞かれて、
その人は(バー持ちながらでも)
アラベスクでちゃんとまっすぐ立てること、、
だそう。

私は、私は、何よりも体重を元に戻すこと、、。笑

ballet lesson 186 187 バレエじゃない素の自分が、、
   | バレエレッスンとか・・・ | 17:05 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ピケ、ポワント、
腰で回ること。
腰でコントロールすること。
パッセのとき、
足がパッと立ってなくて、
にょってなってる。
パッといっぺんに立つこと。

私の場合はパワーと勢いで回ってる。
丁寧に基本を少し思い出すこと。

この日は、引き上げ少し落ちてるとのこと。
そればかりか、散々なところも多々。

ともかくバレエらしくできなった。
グリッサードなんかも全部、盆踊り風で、、 悲

ちょっと気を抜いたら、バレエじゃない素の自分がぁ。
ちよっとレッスン行かなかったら、
すぐこれだなぁ。 
ballet lesson 184 185 新しい動きを1つ
   | バレエレッスンとか・・・ | 16:59 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ポワントでの足上げ下げ
できてないんですが、
二ヶ月以内になんとかしましょうと、、。

もう一つのアラベスクでの足上げ下げは、
気持ち的にはいい感じ。
でも、脚は曲がってる。

フォンデュで足上げ下げはほんとにきついわ。
ともなく、足ばかりでなんとかしようとしないで、
軸足をあげるために、
頭から引っ張られるようにを忘れないこと。
全身を使って立つこと。

パッセ、なんとか前よりキープできるようにはなったけど
まだ、引き上げが、、。
肝はここなんだけどね。

また、センターでのパドブレピルエットのパドブレ、
足をルルベにして進むを再度。

ソテの変形を教えてもらう。
足と腕、顔がばらばらー。
出した足のほうに顔を向ける。
出てる手と反対にまず足を出すことで混乱を防ぐ。

シソンヌ、ソテの組み合わせで
かなりまごつきました。

ひとつのパで終わることはないので、
一つできるようになったら、
組み合わせで組み込んでできるようにする訓練ですよ、、と。

グランバットマンの時、
体がななめになってる。
特に横に足をあげるとき。
なおすように、、と。

そんなこんなのレッスンでした。
ballet lesson 183 傷だらけになりました。
   | バレエレッスンとか・・・ | 16:53 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
足の指のウラの皮が一本分むけた。
足指の上もたくさん赤い斑点みたく傷になってた。
たいしたことしてないのに、
そこだけなんだかプロのダンサーみたいだ、、笑

うらはバレエシューズで、
上はポワントでの傷だけど、
どちらにしても引き上げができてないから
だよね〜。
 
トンベパドブレ、
足アテールじゃない。
ルルベで、、と始めて知ったかも。

ピルエットの最後、もっとバレエらしく、
全身をひろげるように。

ピルエットは、パッセを見せること。
ルルベでちゃんと軸足にのってひきあげること。

ポワントでパッセ何度もやりましたが、
まだまだ 腕、手、胸、頭も引き上げが足りない。
スキップみたいな動き、ポワントでどうしてもできなかった。
いまいちコツというか、つかめなく、
どうやってよいかわからなかった。
なんかわからなさすぎて文章にもできない。汗

あと一番ダメダメは音楽にのれてなかった。
レッスンが久々で、
体が途中でバテちゃって、
集中できない時間が真ん中のほうであった。

ジュテの脚両方曲がってる。
のばす。
アントルラッセでくるっとまわるときの脚は
まっすぐのばす。
足先は下に。

最初はどよーんと気がのらないレッスンでしたが、
最後はなんとか体も軽くなった、
帰る足取りは軽やかに、、でした。
  1/17P  >>