Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
ballet lesson. 103 ポワントレッスンのこと。
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:26 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


ポワントレッスンでは、パッセで前に進んで行く練習を。
とにかく腕が使えてない。
腕は飾りでなくて、全身、上半身を
引き上げるのを助けるもの。
脚ばかり頑張ってる。

そりゃ、まだまだ足、脚のことで精一杯ですもの〜
って感じですが、、。
腕をまあるく、形のチェック。
下を向かないこと。
上、前を見て進むこと。

時々こうして突然にポワントレッスンが
高度になります。
いつも下から上へと
継続したレベルだったらよいんですが。

やはり、その点でその日のメンバーによって
突然に高度になったり、
一番最初のレッスンになったりするのが、
自分のことだけ考えるとちょっと不満かなぁ。
仕方ないですが。
毎回すこしずつ上がっていくのが理想です。

片足パッセをやって、少しコツと怖さを克服できたと思ったら、
しばらく両手バーばかり続き、
そして突然に片足、、なんてことの繰り返しで、
そのあたりで進歩が止まってる気がします、、不満。笑

こうなったらやっぱり家練習あるのみかなあ、、。
ballet lesson. 102 私の脚はグミ
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:21 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

 

ポワント、とにかくあげる脚のことより、

軸脚をびんとはる。

上半身をもっと使うことを

今後は一番に考えること。

 

例のロシアの方に、

足を押してもらって、ここまでだよ、、と。

この体制にもってくるのは、かなりの筋肉が必要だし、

もっと甲を押し出すように立たないと、と、、

これは大変だわあって。あらためて。

 

脚もさわってもらって、

引き上げるこつを教えてもらったのはよかったのですが、

触るなり、「なにーこの柔らかい脚」

「グミみたいだよ〜」と。笑

 

でも、これだけ前重心で立つと

いやでも脚の全体の筋肉を使わざるを得ないのが

なんとなく感覚がわかったし、

脚全部を上へ上へと引き上げられやすく、

そして、その延長で上半身も

引き上げられやすくなる感覚が

ほんの少しわかった気がしました。

 

前後脚ストレッチでは、

真正面に向けるクセをつけるように。

 

パドブレ、ポワント後ろ足が基本。

反対にならないように。

上半身が弱い。

 

センターのアラベスク、

一番から二番に行く時の腕が

まるでクロールになってる。

またかあ、、、でした。

ballet lesson. 100 101 スリッパのかわりにトゥーシューズ? 100回記念。
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:15 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
この日は、なんとなんとレッスン100回記念でした。
先生のお陰で、100回レッスンに通えました。
長期旅行もあったし、
病気のせいで相変わらず行けない日も多いですが、
1年4ヶ月で100回。
月にしたら、6回強。
思ってるより、いがいと少ないなぁ、、
と思いましたが、

ポワントで両足ではセンターで
なんとか動けるようにもなり、
先生のお陰でここまで来たって感じです。

暑い日だったけど、
1日ぶりのレッスンは
やはり、前回とは対照的に
体が割と動いたのを実感。

ポワント初の方と一緒だったのですが、
喜んでおられたなぁ。
その方の真新しいシューズに比べて、
かなり私のシューズは落ち着いたなぁって感じで、、
足にかなり馴染んだ気がします。

その方がこれから毎日家でも練習する
っておっしゃってたので、
私もなんだか負けられないなぁって。

四番ポジションの足の確認。
ちょっと離れすぎてる。
引き上げの確認。
足に気をとられるより、まずは引き上げ、、。
腕、若干もう少しまげる。
顔の定位置を早く定めること。
毎回違うようでは、自分が苦労する。

ピケ、手に振り回されないように。
ただ出すだけで。
力はまったく加えないこと。

ポワント、もっと早く回るように。
最後は足を揃えて五番で、、
足がガチャガチャしてるのは、
そこまできちんと回りきれてないから。
もっと自分の力で素早く
軸で回るようにするともっと楽。

バレエシューズでは、今までで一番早く回れた気がします。
ballet lesson 99 されど体重
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:16 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


久しぶりのレッスンで体重かった〜。
先生もそれを見越して、
バーレッスン重視でした。

ポワントレッスンもたぶん五分くらい?笑
センターでは、私の体操のような動きに、
先生、もっと踊りらしくと、、、苦笑でした。

シソンヌとかそういう動きが入ると、
ほんと、余裕がなくなり、
バレエであることなんてすっかり忘れて、
ほんと、体操というか、、
なんというか、どうでもいい動きに
なってしまっているんだろうなぁ、、。

昨日は特に重心も低いし、
脚も上がってない、、
前はもっと上がってたよと、、。
まぁ、レッスン、結構あいたし、仕方ない。
今週末、来週とあるから、
調子を取り戻せたらなぁ。

でも、体が重いのは、
運動不足だけでなく、
実際に体重も増えてることもあると思う。
体重が51キロから
半年で54キロまで増えてしまった。

生まれたての赤ちゃんが3キロですから、
赤ちゃん背負って踊るかそうでないかって
雲泥の差だし、
せめて、3キロやせたら、
引き上げという点でも、
かなり踊りやすいだろうなぁって
それは疑いもない事実でしょうが、

3キロ太ったってことは、
元の体重から3キロ痩せるまでいくとすると、
結局合計6キロ頑張らなくてはいけないことに、。汗

3キロのうちのすべてが脂肪というわけではなく、
筋肉も含めての重さということではあるけれど、
バレエをしないなら、それはそれでいいと思うのだけれど、
引き上げて踊るということでは、
筋肉があろうとなかろうと、
その重さが足にかかるということは
事実だしなあ。

しかし、不思議なことに
バレエクラスの数人に痩せた?
顔が小さくなったと、、と言われました。
体重は増えても、引き締まったのかな。
不思議なこともあるもんだ。

引き締まりということでは、
昨日帰りにクラスの人とご飯を食べに行って、
体重話しでは、その方は60キロあるとのこと。
脚なんてアスリートの脚で、引き締まっていて
かっこいいんですが、それだけあるんだって、、。
見た目と数字は比例しないですね。
数字は数字ですし、見た目の方が大事だと思いますが、
やっぱり脚、足の負担を考えると、
せめて元の体重に戻りたいです〜
ballet lesson. 97、98 「お肉がたくさんついてていいわね〜っ」
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:07 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ハッピーアワー。
この日はまさに半日ハッピーアワーでした。

もちろん、ビール、アルコールが
格安で飲める時間帯のことですが、
レッスンもなんとか2レッスンこなし、
身体カラカラ〜っ
になったところで、

ビール〜
先生と乾杯〜
まさに至福の時。

バレエの先生ですから、
一緒にほんとバレエ談義とまりませんでした。

レッスンはこの日、
さらに体力低下を感じ、
ポワントの時はすでに脚がプルプル、ガクガクでしたが、
まぁ、一通りルーティンはこなせました。 ほっ。

ポワントは前にも書きましたが、
前はシューズの中、
なんか足が詰まってる感じでしたが、

なんとな〜く、指先が伸びてきたのを感じる
と先生に話したら。
それだけ、引き上げが出来てきたってことねーと。

それから、これからポワント履く予定の方が、
どうしてそんなつかまらないで、立ってられるの?
って、、信じられない、、
なんて、、言われて。笑

私もそんな風に言われるだけ、
ちょっと先輩に、
また、成長したんだなぁ、って。
なんて、、笑
今までこの1年ちょっと。常に
一番後ろから追いかける立場でしたし、、。

でも、その方はバレエ体型だし、
いざ、履きだしたら、
あっという間にコツがつかめそう。

いいなぁ。バレエ体型、、です。

クラスの中にはまさにバレエ体型
って人も多いですが、
私は普通の体型、かつ完全日本人体型。

そんな折、お肉がたくさんついてていいいわね〜と、、
何気ない一言。
まぁ、太りたくても太れない方からしたら、
ほんの悪気ない言葉でしょうが、

バレエ教室での出来事ですから、
私はまったく嬉しくありませんでしたよー。汗&泣

新しいことでは、アラベスク、
第1から第4まで練習。
顔をちゃんとつけて、、。
顔の向き等。
とにかく顔の向き、集中レッスンでした。

あとは、入門クラスでは
白鳥の腕の動きなんかをやりました。>新鮮でした。

そしてハッピーアワーへ、、。
ballet lesson. 95、96 大人から組は私だけでした。
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:04 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
入門、初級と受けたのですが、
体調もあると思いますが、
やはり、2レッスン目は今回はスタミナ切れ。
最後のポワントレッスン時に
スタミナ切れおこすくらいだったら、
入門クラスはやめにしたほうがよいなぁと。

調子のよいときは
まぁ、2クラス受けたら、
(前々回みたく)やった感も
感じられたらいいですが。

ピケターンの手先曲がってる。
もっとす〜っと伸ばす。
(何度言われてもできない、、意識はしているんだけど)

センター、
ロボットになってしまう腕の動きを、
肘からだけ動かす練習を
1人出来てなかったのでやってもらいました。

お一人は子どもの時に少し習っておられてた方。
大人になって再開されて10年以上。
もうお1人はモダンバレエを長〜くされてた方で、
ほんとの大人から組は私だけでしたので、
いろいろと目から勉強になりました。

ともかく一つ一つの動きが丁寧、、
を意識されていて、
なので、美しいなぁ。と。

次回は、動きの中の(全部は無理でも)
一つだけでも、自分で決めて、
丁寧にやってみようと、、。

あと、先生にお二人の方から、
腕のラインをよく見るように言われて見てました、
お二人に比べたら、
ただ、機械的にやってる、
私はまだまだだなぁ、、と。

ポワント、またまたはじめてパッセで横歩きを。
もっと早く軸脚にのって、
移動とともに、パッセを。
その方が楽で、戻りが少ない、、と。

ほんと子どもからの方は、
軽々動かれるので、
あんな風にできたらなぁと。
ballet lesson 94 「普通の身体にもう戻れないよ〜」
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:49 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


例のロシアの女の子。
(どんどんバレエの動きを習得するにつれて、、、、)
「もうバレエやったら、
普通のカラダにもどれないよ〜」
とかって。
かわいい冗談からはじまったレッスンでしたが、

この日は参加人数がとても多くて、
先生もやはりとっても張り切っておられました。
そりゃ、先生だって人間ですから、
こじんま〜りの人数より
やる気満々の多くの参加者の時の方が、
相乗効果でやる気でますよね〜!?

なので、先生も力入って、
またまたハードなレッスンでした〜。
でも最初から最後まで
とてもピリっとした空気感で、
充実したレッスンでした。

帰りも久々に参加された仲良しさん達と遅めのランチ。
ポワントきつかったね〜とバレエ談義。
何しろポワントレッスンで
(特に私は)やったことないことオンパレードで、、。
もうがくがく。

アラベスクの形で、
足を上げたり下げたり、、
これがまた最大限今までやった中で
一番キツかった。

音楽が終わるまで、
最後まで続けられてた方はお一人だけ。
なんてキツイんだろうと、、
私は潔く途中で諦めてしまいました。

でも、この練習を家でもやってみたら、、
と同じクラスの方からアドバイスされました。
たま〜にやるくらいでは、
これはキツすぎるから、
家でも定期的に練習したら、と。

そっかあ〜。
そりゃそうだよね〜
先生によると、コツは胸を上下する感じで、、ということでした。

ピケターンもちょっと怖さが抜けなくて、
両腕をどうしても2番にパッと広げることができず、
ついアンナバンのままで回ってたら、、。
「それじゃあ、キョンシーですよ、、」と
言われる始末。汗
腕と脚がばらばらで、、悲惨でしたが、

それでも、片足パッセは、
前より長く上半身ぶれないで立てたことが救いかなぁ。
これは大きい変化でした。
ちゃんとできたのは、1回だけでしたけど。

そんなこんなの充実日でした。
この充実気分は家に帰ってからも続くし、
いいホルモンが出ている感じで、
機嫌よく過ごせます。汗
ballet lesson. 92、93 細いだけじゃない身体。
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:11 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
昨日のレッスン、
週末と同様、
入門クラスプラス、初級クラスを受けたのですが、
土曜日は本当に文字通り入門クラスは
入門クラスだったのですが、

昨日は、その入門クラスに
例のロシアの方が来られたため、
(入門クラスとか関係なしに、
時間が取れた時に、
オープンクラス的に参加されるため、、、)

どうしてもレベルは上がり気味に、、、。

なので、普通のクラス×2って
感じで本当に最後はヘトヘトになりました。
1クラスの終わりにシャンジュマンとかやって
すでにお疲れのところで
始まった2クラス目。

1クラス目は人数が多かったですが、
2クラス目は2人だけ。
しかも、昨年見学したときに、
とても素敵な踊りだなあって思って
見ていた方と2人だったので、
もう疲れてましたが、
すごくはりきってやりました。

でも、身体は疲れているのですが、
やっぱり、ピルエットなどは
やればやるほど、調子が上がってきて、
やはりこれは時間数なんだなあって。

疲れていると、、
身体がよく動くは、
別物なんだってしみじみ思いました。

またロシアの方の動きに魅せられながら、
本当に楽しくレッスンできました。
ロシア時代(子供時代には)
何かのコンクールで銀賞をもらったとか、、
おっしゃってたし、、もう最初のストレッチから
動きに釘付けなんですよね。

遠くから鏡を見ると、
顔も小さいから、とても
華奢に見えるんですが、

近くだと圧倒的な筋肉質。
細いという感じじゃなく、
しっかりした身体に筋肉がついていて、
かっこいい身体、、、で、
私も細いだけじゃなくて、細いというよりも、
こんな身体になりたいなあって
心底思いました。

憧れの方がいるレッスンって
最高ですね。

センターでは細い指摘。
腕、上半身の動きを、、
脚よりもとにかく上半身で
魅せること、、と。

あとはまたまた顔の向き。だめだめ。
今年の目標は顔の向きかなあ、、、。

足をもっともっと内側に曲げる&足の甲を出す、、
できてるけど、もっともっと&
それと、アンドォールと、、、
たったのタンデュだけの動きでも、
そこを最大限にやってみると、
足の小指あたりがつりそうに、、、汗
まだまだだなあ。

ポワントレッスンですが、
その憧れた方が
次回から履かれるのですが、
(前にも書きましたが、
そんな素敵な踊りされる方より
自分が早く履くなんて、
思いもよらなかったことでしたが)

まずは私目指して、追いつきますね、、と
嬉しいお言葉でした。
なんか、照れますが、
本当にこうしてバレエの気持ちを素直に分かち合えることが
とても嬉しかったなあ、、、。
ballet lesson. 90、91 入門クラス
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:24 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
週末は2コマレッスンを受けました。
入門クラスが新しくできたので。
とてもゆっくりしたスピードだったけど、
私だってまだまだ1年ちょっとしか経験がないのだし、
やはり、入門は入門で、
得ることはたくさんありました。

昨年までは、入門クラスがなかったので、
私も最初から無理やり、
初級クラスに入らざるを得なかったですが、
まあ、そこで必死についていって、
鍛えられた部分はありますが、

こうして丁寧に1から教えていただくと
なるほどなあって思うことも多々。
アンオーの形からまずは
しっかり再度見てもらいました。

ともかく、私は脚より腕より、
何よりも顔の位置、向きがいけてない。
どんなに意識してやっているつもりでも、
毎回、やはり、いまいち、、らしい。

もっとフンって感じでやってみてと、、 笑

アラベスクの形はだいぶよくなってきたと。 わ〜い。

次の初級クラスでは、
ポワントもまぁ、それなりに、、 。
シューズの中の指の感覚が、
段々と自然になってきた感じがします。
伸ばせてきたというのか、、
縮こまってないというのか。
そういう気づきがあって嬉しかったです。
ballet lesson. 89 ロシアの方が!!!
   | バレエレッスンとか・・・ | 08:47 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


この日は炭水化物を食べ過ぎました。


この日、レッスンですっごく素敵なことが。

30代(たぶん)のロシアの方が
突然レッスンに来られました。
サンクトペテルブルク出身の
ワガノワ式でレッスンされてたという、、。

この数年はきっと赤ちゃんを育てていたのかなぁ。
バレエは5年ぶりだと、、。
この5年間、ヨガ、エアロいろいろやったけど、
物足りない。楽しくなかった、、と
ストレッチはやらないと気持ち悪いので
ずっと続けてた、、と。
(いつかそんなふうに思いものです。笑)
やっぱりバレエが好きだ
っておっしゃってて、、。

そうだよね〜って。
あれだけ踊れたら、そりゃあ、、、
バレエでしょって。笑
本当に外見も綺麗だし、
アンドォールでちゃんと開いた足
というものを間近で見せてもらったり、、
もう目の保養になりすぎました。

ご自分のペースでされつつも、
やっている時も私の方もじっと見てくださって、
後ろから、アティテュードの形を指摘してもらい、
ピケ、パッセで回るときに、
体と脚はオッケー。
あとは、頭だけがついていってない、、
なんてチラッと指摘してもらったりしました。

先生から何度も言われてたことだけど、、
やっぱりできてないんだなぁと。
でもそんなことよりも、

テンション上がって、
もう見とれながらレッスンできました。
あまりのレベルの天と地の差ですから、
その点に関しては、
何も感情はなく、ただただ見とれながら、、。

5年日本にいらっしゃったそうですが、
あと残り少ないですが、
10月まで日本にいらっしゃるということなので、
あと何回か(午前の)レッスンがご一緒できるかと思うと、

その間に目で盗めるところは
盗めさせてもらおうって
本当に本当にワクワクです。

バレエってなんて美しい動きなんだろうって
あらためて間近で見せてもらって、
もう大感激しました。

それにダンス(バレエ)は世界共通言語。
好きが同じだと、
あっという間にどこの国の人でも
友達になれると、
本当に素敵なことですね。
  1/10P  >>