Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
バレエショップは一番ワクワクの場所
   | *海外でバレエな生活 | 16:47 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |




見るだけでも一番ワクワクする場所は
やっぱりなんといってもバレエショップ・・・

ロンドンのお店と
何かあるかなぁ〜って
地元のバレエショップに、、。
スコティッシュバレエ
   | *海外でバレエな生活 | 19:37 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



この階段のデザインで有名な
Theatre Royal Glasgow(=スコティッシュバレエ)
に行って来ました。

でも、この日は、残念ながら
公演等はまったく何もなかったので、
外見と中をぶらっと見ただけで終わりました。
はじめてのポワントのお買い物。
   | *海外でバレエな生活 | 10:18 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



バレエショップには、 もちろん今までも、
何度も足を運びましたが、

でも、人生初、ポワントを買うために
お店に行きました。

先生にはギャンバというメーカーを
勧められたので、
探し回ったんですが、
見つけられない。

どこのお店にも置いてないし、
ネットのロンドンのギャンバの住所目当てに
行ってみると、
そこは、もう、お店でなくなっていたりして。

結局、とりあえず、
小物を買うためにも、
サンシャとフリードに行ってみました。
フリードは土曜日だったせいもあって、
中高生がたくさんフィッティングされていて、
なんとフィッティングの場所には
バーも備え付けられていました。

きれいな女子達がポワント試しながら、
そこで立ってたりしましたが、
すごく敷居が高かったし、
(とても、その子たちの中に
初心者のおばちゃんが
入っていける雰囲気じゃなかったです。笑)

フリードは初心者には難しいと聞いてたので、
とりあえずは、ギャンバがなかったので、
サンシャで見てもらうことにしました。

最初パートナーという名前のポワントを
購入しようと思ってたんですが、

 

私にはあわない、、ということで、
グロリアという製品を購入。

購入にいたるまで、
フィッティングルームでは
もうこれでもかってくらい
足にいろんなの履かせてくれて、
しっかり見てもらえました。

たぶん30分くらいも!!
こんなにしっかり見てもらえると
思ってなかったので、
それだけで感激しました。

ほんと、自分もよくわかってないし、
おばちゃんだし、初心者だし、
さらっとしか見てもらえないと
思っていたので、 びっくりしました。

座って履くだけでなく、
普通に立ってみたり、
まだ、つま先では立てないので、心配でしたが、
(まだ、そもそも練習にはいってないですし)
座りながらもいろんな体位で見てもらいました。

座りながら、お腹をあげて、
足をつま先で立つみたいな姿勢です。笑

様々な角度から検討してもらった結果、
私にベストなシューズは
実はSanshaにはなかったんです。

買ったものはポワントの中ではベター、
でもベストじゃないと

 

はっきり言ってもらえました、、。

ちょっと残念だったけど、
でも、そもそもポワントって
最初からどんな人でも
ベストなものってなかなか
見つかるものでもないだろうし、
いろいろと今後比べるためにも、

今回は これだけみてもらって、
そしてベターなものがあっただけでも
よし、、かなあって。
それで納得して買いました。

なんなら、って
他の店も紹介してもらえましたが、
ただ、もうそこで2足買ったので、
時間もなかったし、
また、次回ということにしましたけど、

男の子の店員さんでしたけど(驚)
こういう応対してもらえると
本当にいい買い物したなあって思えました。

行ってよかった♪
また、行きたいと切に思いました♪

初ポワント購入inロンドンでした。
ボリショイ 海賊 行ってきました。
   | *海外でバレエな生活 | 10:06 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

リッチモンドの学校の他に、上級生向けの
学校がオペラハウスの横にもありました。
ここまで来られる生徒さんは本当に数少ないんだそうです、、。


ボリショイの顔はやはり、ザハロワですね。


上から見た、バーカウンター。
この景色が好きなんですよね!


最近は、ロイヤルオペラハウスに行く前は、
必ずロッホファイン、、というふうに決まってしまいました。
何しろ魚が美味しい。
このときは、ムール貝を食べました。


ロイヤルオペラハウスのポケストップ。


いつも8月は、ヨーロッパのバレエカンパニー
どこもおやすみなんですよね。

それでも、2014年はマリインスキー、
今年はボリショイ(ロイヤルオペラハウスにて)が見られました。
昨年は確か何もなかったので、
ロイヤルバレエスクールに見学に行きました。

本当は海賊は今年1月にタマラ・ロホのを見たので、
ザラロワの白鳥を見たかったんですが、
イギリス行きを決めた6月には
もうチケットは完売だったので、
また、海賊にしました。

Le Corsaire (Bolshoi):
Saturday 13 August 2016, 7.30pm
Medora Ekaterina Krysanova
Conrad Igor Tsvirko

The performance lasts around 3 hours 15 minutes
and ends at approximately 10.45pm.


バレエ終演後、
のんびりもう一度、
ワイン、、、なんて飲んでいる時間はない
のはいつものことなのですが、
ロンドン街中ーオックスフォード家まで
2時間はかかるので、
いつもバレエ行ったら、帰って寝るのは
2時過ぎてしまいます、、。

そしてこの日は、
わざわざこう記載があったように、
7時半から始まり、
途中休憩がありましたが、
11時過ぎまであって、長すぎて、驚き!

一応演目は最後まで見られましたが、
電車に間に合わなくなるため、
ダンサーの挨拶は、
最後まで見られなかったんです〜
残念。

いくらオックスフォードでも、
こんなことは初めてでした。
ロンドンに住んでたら、、
そんなことはないので、
やはり、田舎はそういう面では残念。


上記しましたように、今回は予約したのが遅すぎて席がとれず、
このあたりからの席で。
それでも、最後残っていた席でした。

暴露?!映画があったり、
いろいろと物議を醸していたボリショイバレエ団ですが、

一言で言うと、良くも悪くも
ボリショイらしさを感じられたバレエでした〜
踊りの演出も舞台装置もゴージャスで
眠りの森みたく派手。

一言言うと、派手派手派手。

アクロバット的なところも
ボリショイらしさを十分感じられました。
海賊ですし、男性のジャンプ炸裂で
観客は大喜びしてました。
また、ジャンプが高い〜

ダイナミックな演出に
観客の拍手もダイナミック。

​観客も喜び方が素直ですね〜

衣装は素晴らしかったです。
これを素晴らしいと感じるかどうかは、
個人によってかなり違うと思いますが、
従来の感じと違っていて、斬新、新鮮でした。

でも、細かい演出はところどころが本当によかったけれど、
全体として、何か、退屈なとこも多々あり。
それは、まあ、席が悪かったせいかもしれないけど。

でも上からチュチュを見ると、
スカートの部分がほんとに丸く見えて、
それはそれで、可愛くて、
上の席からでも結構楽しめました。

海賊をそもそもよく知ってないのですが、
演出が随分違っていて?
なんだか途中でよくわからなくなったりしました。
キャストと演目の説明のチラシがありましたが、
英語で結局わからず。

観客層はいつよりさらに年齢層が高くて、
おじいさんが楽しんでおられる姿は
それはそれで日本人的にはいつもながら
いい驚きでした。

ボリショイのグッズがテンポラリーで、
たくさん売られてて、
でも、ザハロワの顔がプリントされたTシャツとか、、
何も欲しいものがありませんでした。笑
そして、頼まれてたロイヤルのグッズは
お店も縮小されてたので、
ほんとに何もなかったです。

しかし、色の白いロシアのダンサーの中でも、
エカテリーナ・クリサノワさん
美しかったです。
色が白い〜
イーゴリ・ツヴィルコさん、
脚が長い〜
それが、一番の感想です。笑

また、同じメンバーのツアーの
東京バージョンの
チラシが届いてましたが、
日本では海賊はやらないのね〜
そう思ったら、お得な感じに思えました。
もう行ったことが随分前のことのように
思えますが、

まあ、でもともかく、どんなバレエでも好き、、
という気持ちは変わらないです。
ロイヤルオペラハウスのお店は改装中。
   | *海外でバレエな生活 | 10:47 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |






イングリッシュナショナルバレエを2度見に行ったので、
ロイヤルオペラハウスには、今回はお店だけ行きました。

でも、お店はなんとなんとクローズしてました。
仮店舗がオペラハウスの外側にできてましたが、
また、これがちっちゃくて、しょぼかった。

買いたいものもなく、帰って来ました。
お店の改修工事には2年もかかるとのこと。
オペラハウス全体の工事だったら納得だけど、
なぜ、お店だけに2年も??と
日本ではあり得ない遅さに
なんかイギリスらしさを感じたり、、。でした。

オペラハウスのお店側のドア前に
バレエダンサーの卵らしき人達がたくさんたむろしてました。

あと、バレエダンサーの銅像を見つけました。
何度も通っていたのに、今回初めて発見しました。
オペラガルニエに行ってきました。
   | *海外でバレエな生活 | 22:23 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |




パリに行くということで、
一応、オペラガルニエにも行ってきました。
でも、今回は舞台はなし。
見たいものがなかったし、
イングリッシュナショナルバレエを2回観る(観た)
予定もあったため、まあいいっか、、と。

でも、せっかくだから、中に入って、
すぐにある、小さいお店とあと、写真の(レストランの横にある)
オペラ座の外にあるお店に行ってきました。

まあ、予想はしておりましたが、
オペラ座の中に入るのに、
テロがあったということもあり、
ものすごいセキュリティチェックがありました。

普通のスーパーでもデパートでも
チェックがあったのは驚きましたが、
(もちろん、不特定多数の人が出入りする場所ではあるけれど)

今回訪れた中で一番厳しかったのが、
オペラ座でした。
一人一人かなり時間をかけての荷物、ボディチェック。

その時間のかけ方、厳しさは空港以上なのでした。
ボディーチェックも適当にパンパンと
体を叩くというものではなく、
しっかり手のひら全体で上から下まで
触られてチェックされました。
なので、女性は女性にチェックされました。

だから、どこに行っても中に入るのに時間を要すという
観光になりましたが、
逆にこれだけパトロール、チェックが安心でした。

これだけ、チェックをうけて入って、
お店に行くだけ、、舞台はなし
ってちょっともったいなかったなあ〜とも思いましたが、、。笑

中のお店には日本語の本なんかも
かなり置いてありました。(オーレリーの写真集とか、、)

今回買ったものは、布製のバッグと
オペラ座バージョンの小物入れ。
やっぱり、例のあの有名なオペラ座のハチミツも
(写真だけでなくて)買えばよかったかな。

Le Corsaire (海賊)@タマラ・ロホ行ってきました。
   | *海外でバレエな生活 | 08:37 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |





ホール前に飾ってあった巨大なポスター。
おばさんがずっとポスターの立っておられたので、
全面の写真が撮れませんでした。笑



地下鉄の駅に貼ってあったポスター


先日は、タマラ・ロホの
くるみ割り人形に行ってきましたが、
もういっちょふんばって、
せっかくですので、「海賊」も行ってきました。
誰のを見ようかなって思いましたが、
コジョカル好きだから、コジョカルでもよかったけれど、
やはり、ちがう人で、、、で、、と思って、
タマラ・ロホにしたんだけれど、
結局、くるみ割り人形が当初の予定のコジョカルじゃなくて、
タマラ・ロホだったので、2度観ることになりました。
でも、もう踊りやめちゃうのかなって思ってたから、
また、8月の世界バレエに引き続き見られてよかったです。

今回のイギリス滞在最後のイベントでした〜。
今回は一階の後列から5列目で鑑賞(^^)
ポワントツリーはまだ飾られてました。



ジャクソン国際バレエコンクールで金賞を受賞した、
加瀬栞さんの踊りがとてもよかったです。
(お友達に教えてもらうまで知らなかったんですが、、)

さすが若さあふれるキレがある動きで、
特に、イングリッシュナショナルバレエの中で踊っていると、
日本人らしい繊細な感じの踊りが際立って見えました。

ポラントのカツンカツンという音もまったくしないような、
しなやかな動きで、最後まで魅了されました。
となりの観客の人たちもものすごく賞賛していたし。

流れの早い物語展開であっという間の2時間半でした。

最近若いダンサー情報とかまったくついていけてないので、
教えてもらっていて、最初からしっかり見られたのでよかったです。
ずっと、日本人かな?中国人かな?とか余計なこと考えずに見られたし。笑

でも、踊りが際立っていて、
ロホのこれでもかってくらいの
パワーゴリ押しの存在感出す出す〜〜
って踊りとはまた違って、
最初から最後まで自然な踊りでそれがすごくよかったです。

今回の公演、たくさんの日本人の観客の人たちを見かけました。
タマラ・ロホ@くるみ割り人形
   | *海外でバレエな生活 | 16:00 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |













アリーナ・コジョカル
いつかイギリスで観たいと思ってました。
やっと叶ったと思ったんですが。
いつもたいてい、私がイギリスに行くときは、(たいてい夏場は)
コジョカルは日本に来日していたりしてたり、、そんな感じで、、。

移籍されて、もう、ロイヤルバレエではなくなって、
イングリッシュナショナルバレエですが、
(ロイヤルは何度か行きましたし、)
ナショナルバレエのほうはお初だったのですが、
こちらも古い劇場でとても趣があってよかったです〜

コジョカルですが、
楽しみにしてましたが、何かの理由にて、
タマラ・ロホに。
それがちょっと残念でした。

タマラが嫌という訳ではなく、
次はタマラの海賊が控えているので、
クララはコジョカルで見たかった。

クララのイメージとコジョカルって
とってもマッチしていると思ったので。
くるみ割り人形って、たいてい12月の
クリスマスシーズンに観るイメージですが、
1月の10日までやっていたので、
ラッキーでした。
一月はまだまだクリスマスのイギリスですね。

あと、日本だと、クララって中学生くらいの
上手な子が踊る役って思ってましたが、
プリンシパルがクララを踊るんですね。
まあ、ほとんどがクララばかりなので、
中学生じゃなくて、プリンシパルが踊るのはお得な感じでした。

全体的にシックな演出してよかったです。
ポワントのクリスマスツリー
   | *海外でバレエな生活 | 08:45 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


まだまだクリスマスの飾りの
イギリスですが、
バレエ好きにはたまらない、
ポワントのクリスマスツリー

イングリッシュナショナルオペラハウスの飾りでした。
バレエなお土産1
   | *海外でバレエな生活 | 09:28 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

ロイヤルオペラハウスで購入した、
ハガキと小さなキーホルダー。

買おうと思っていた、布袋(昨年見たものは)
もう売られてなかったです。
やっぱり、なんでもその時に買わないとダメですね〜っ。

残念なことにiPhone6のカバーもバレエのお店では、
まだどこにも売られてませんでした。

何も買うものがなかった。
  1/5P  >>