Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
ライモンダ観てきました。
   | バレエ公演、動画 など | 14:36 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


バレエの先生と
牧阿佐美バレエ団の
ライモンダを観て来ました、

ワインがグラスじゃなく、
飛行機みたく、
ボトルで出てきて、
ガブガブ飲んで、(全部飲みたくて)
ただの酔っ払いになって
観てました。

ほんと、ボーッとなってましたが、
先生は、バレエ団ご縁があるので、
いろいろと情報を聞きながら
鑑賞できました。

群舞と主役、皆でフェッテやリフトがあったりと
ダイナミックな舞台でした。

ともかくライモンダは今まで縁がなく、
はじめて観ましたが、
結構レッスンでも音楽使っているんだなあって。
ライモンダの曲、再確認。
曲を聞いたら、
なんとなくロパートキナが浮かんできました。

やっぱりバレエはいいな。
天使の羽ー米沢唯さん
   | バレエ公演、動画 など | 07:53 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

ボディミュージアムに
きれいな背中、

美しい肩甲骨=天使の羽で、

米沢唯さん出られてましたねー
背中も美しいけれど、
鎖骨も脚も本当に美しかったです。
ドン・キホーテ Don Quijote 観てきました。 
   | バレエ公演、動画 など | 14:31 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |






牧阿佐美バレヱ団の
ドン・キホーテ Don Quijote
(都民芸術フェスティバル)の
(3月3日(土)と両日あり、)
3月4日(日)に行ってきました。
文京シビックホール 大ホール

キトリ エフゲーニヤ・オブラスツォーワ ボリショイ・バレエ
バジル ドミートリー・ソボレフスキー
スタニスラフスキー&ネミロヴィチ・ダンチェンコ記念
モスクワ音楽劇場バレエ団 


プリンシパルの二人が出てきた時、
まずは、ジェーニャの筋肉質のふくらはぎ、
ソボレフスキーの脚の長さに目がいきました。
体の半分は脚って?ってくらい。
もうずっとそこに目が釘付けでした。笑

ジェーニャ、なあ〜〜んて軽〜い踊り。
ふわ〜〜っとした踊り
そして、腕の動きのきれいなこときれいなこと。
あと、重心の位置がかなり他のダンサーに比べて高かったし、
また、上半身の柔らかさも際立ってました。
ほんと全身で踊っているという感じで、

さすが、ワガノワ出身ね〜とあらためて。
でも何よりの魅力は、
ずっと見ていたくなる笑顔かな。
本当に可愛かった。
どの場面も魅力的だったけれど、
白より赤のコスチュームがよく似合うなあと
思って見てました。

あとは、随所で見られた、リフトが高いこと高いこと、、
でおおって感じだったし、
ソボレフスキーなんて実は今までよくは知らなかったけれど、
見たこともないような入り方のジャンプの連続で、圧巻でした。

関係者の人たちかなぁ??
バレエされてるであろう、
スレンダーな綺麗な方々、
バレエ少女がたくさんでした。
結構空席もちらほらあり、
招待席がたくさんだったんだろうなぁ、、なんて。

ジプシーの踊り。
キューピッドの踊りもとてもよかった。
キューピッドはブラボーや拍手もとても多かったなあ。

私が観たこの日は、阿部裕恵ちゃん、
出番なくて残念。
土曜日だったら、青山季可ちゃんも両方見られたのにな。
季可ちゃんは余裕の安定した踊りでしたが。

やっぱ、両日行けばよかったなあ。
ジェーニャは大好きだし、
価格もS席11,000円でお得だったんだから、
二回でも(何回でも)見ればよかった。  

演出はさすがの牧阿佐美バレヱ団だなぁと。
笑いも随所にあったり、
なんといっても全てが綺麗でした。

ほんと、私はバレエ好きすぎると
再確認たのでした。笑
舞台見るのは、何より幸せ時間でした。

飾ってあったポワントはニーナのものだそうです。

開演が14時半からだったので、
近くの青いナポリというお店でランチしました。
風は強いけど、ポカポカ陽気の下、
テラス席でイタリアンランチ

はじめて行きましたが、
活気あるお店でした。

 
ロイヤル・アルバート・ホール
   | バレエ公演、動画 など | 18:15 | comments(2) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

ロイヤル・アルバート・ホール(Royal Albert Hall of Arts and Sciences)

こんなホールがあるんですね〜
知りませんでした。
しかも、バレエもやったりするんですね。

写真は昨年12月>バーミンガムバレエの
くるみ割り人形を
だ〜が見に行ったときの写真です。
「ロシア国立モスクワクラシックバレエ」
   | バレエ公演、動画 など | 14:59 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


「ロシア国立モスクワクラシックバレエ」
のくるみ割り人形を観てきました。

クララのバージョンじゃなく、
海外のカンパニーらしく、
全部大人のマーシャバージョンだったけど、
それにしても、斬新な演出、振り付けで新鮮でした。

ここのカンパニーのダンサーは、
全体的にほんとに細いなぁって思いましたが、
ただ、主役の人が異常にに細くて、、
そりゃ、子どもの役だけど、
長いドレスの時はそうでもなかってけど、
チュチュは、、ね。

いくらバレエでも細ければ細いほど
いいってもんでもないなぁと。
なんだかどちらかというと、
ねずみの女王が主役な感じ
の印象も受けました。笑

​吉田むつきさんっていう
日本人の方が中国の踊りを踊られてました。
彼女が出てくると、
前の方々が双眼鏡を取り出すので、
彼女目当てだったんだぁとか、、 。
あとで調べてみようでした。

スペインの踊りで、
滑って転んだ方がいらしたのですが、
その起き上がりの早いこと。
そこに見とれました。笑
さすが転んでもプロだなぁって。笑

ポワントよりハイヒール、
フラメンコなんかの靴って
逆にバレエダンサーにとっては、
難しいのかなあとかって
ちょっと勝手に思ったりしました。

まぁ、クリスマスのシーズンですから、
華やかな気分を楽しめました。
結局どんなクラシックバレエでも好きですもん。

お高いバレエマトリョーシカが売られてました。
ボリショイのドキュメンタリー
   | バレエ公演、動画 など | 12:10 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


1966年に撮影された、
ボリショイのドキュメンタリーを見たのですが、

レッスンのときも、
公演のときも
いつでも髪の毛を上に大きく
盛ってたんだなあ〜って。
一番の印象。

生まれる前のドキュメンタリーかなり貴重な映像でした。
フェリシーと夢のトウシューズ(ballerina)
   | バレエ公演、動画 など | 10:24 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


フェリシーと夢のトウシューズ(ballerina)観て来ました。

エッフェル塔が建てられた時代のパリの背景と
オペラ座バレエを堪能。

とても可愛かったし、
踊りの振り付けをオーレリーとジェレミーが
担当しているだけあって、
動きもいい加減じゃなくて、
本格的なバレエの動きだったし、
それが大満足。

物語の先が予想できる
単純なストーリーなので、
疲れなかったし、
軽快に進んでいくので、
あっという間の時間でした。

これは、DVD出たら買いたい位に
私の中ではポイント高かった映画でした。

とは言っても、映画館は渋谷の夕方でもガラガラでしたが、、。
東京シティバレエ、観に行ってきました。
   | バレエ公演、動画 など | 16:10 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

 

東京シティバレエ団のリハーサルを見に行って来ました。

リハーサル風景なんてはじめて見て、

あれこれほんと思うところはたくさんあり、

いい経験になりました。

 

レッスンをして、それから行ったので、

嬉しいバレエ三昧デーでした。

 

写真はリハーサル前の自主練風景。

ここまでは写真撮影よかったのよね???

 

音楽を意識すること。

 

私の先生がいつも言われている、

音楽の重要性について再確認できた感じがします。

 

あと、質問コーナーでは、

子どもが

食生活について質問して、、(すごいっ)

レッスン前はおにぎり等、、

でもレッスン後は甘いもの等

食べたくても食べない、、とか、

言われてました、、。さすが。

 

あとは、プロとしての表現をどうするかといつも考えて等

話されてました。

 

石井先生ってはじめて知りましたけど、

5歳の時のバレエは遊びだった。

でも、遊びの仕事を80年も続けてこられたのは幸せ

とおっしゃってましたが、

 

「遊び」という言葉いいなぁと。

すごく響きました。

 

でも、その昔はバレエのことは、

トヴダンスと言ってたそう。

パブロワの来日時の時代の方なんだなぁと。

 

戦後はちゃんとしたメソッドもなく、

足腰に無理をさせたとおっしゃってました。

 

いろんなお話も聞けて、

楽しい時間でした。

 

あと、リハーサルですから、

衣装ではなく、自前の!?練習着も、、とても

新鮮でした、、。

ジゼル、観に行ってきました。
   | バレエ公演、動画 など | 15:59 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


新国立劇場でジゼルを観てきました。
ジゼル特有の軽い軽い空気感と
足さばきが見事でした。

コールドバレエの理路整然とした美しさ。
ジゼルは小野絢子さん。
アルベルトは福岡雄大さんでしたが、
一幕も二幕もただただ素晴らしく、
涙がでそうでした。

あと、ロシア人の指揮者の方が
最初から素晴らしかった。
すごいダイナミックでした。
他のお客さんも同じようにそう思われたようで、
最後は何度も何度もブラボーと拍手喝さいでした。

やはり、舞台はいいものですね〜

夢のような時間。

何か文を書くことが陳腐な感じです。
素晴らしさを言葉にできないですね。
シゼル、永久保存版です
   | バレエ公演、動画 など | 09:08 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


結構前に録画したマリインスキー・バレエの
「ジゼル」を見てます。
コスチューム含め久しぶりのロシアンな雰囲気満載ですね。

パリ・オペラ座のマチュー・ガニオ
とヴィシニョーワ。
この組み合わせはあり得ないくらい嬉しい。
なんといっても男女とも、
私の一番大好きなダンサー同士ですから。
夢の組み合わせです。

そして、どうされてるかなぁと思ってた、
コルプさんも見られて。
しかし、コルプさんこの役で
いい味だしてますね〜。

「ジゼル」は、
フランスで生まれて、
マリインスキーで育った演目ですが、
やはり、一番好きな演目です〜。

マチューはなんといっても
性格、人の良さ、気品、
表情とどの場面の踊りにもいつもでてますね。

ヴィシニョーワのジゼルはDVDでも舞台でも
前からよく見ていましたが、
二幕は更に憂いを帯びていて、、
表情がまさに女優ですね。
ここ数年の進化を見ました。
 
  1/14P  >>