Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
年が明けて、調弦してみました
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 15:18 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


チャーリー・シエムが
カッコよすぎて、
演奏を見てたら、
ちょっとヴァイオリンを触ってみたくなり、

昨年の夏以来ケースの蓋をあけて、
調弦して、音階だけやってみました。

あれだけ嫌になってたヴァイオリンですが、
ちょっと新鮮で楽しい感が、、、驚。
かっこいいですね〜
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 20:50 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


チャーリー・シエムがあまりにかっこよくて、
彼のバイオリン見てたら、
自分もまたちらっと弾きたくなってきました。
なあんて単純。

そして、でもあまりのひどさに
すぐいやになっちゃうんだけど。

彼はずっと前から活躍されてたのに、
今頃TVで知りました。
10年後にやってる自分が想像できなかったので、、。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 16:28 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
退職してすぐ、何か新しいことを始めようと、
0からレッスン行きはじめましたが、
はじめて数年、、

このブログ日記にもよく、
おやすみしよう、、とか
続けようか、、とか
いろいろとやったりやめたりを
繰り返していた模様を書いてましたが、

このあたりで完全にストップを決めました。

ヴァイオリンというものがよくわかったし、
最初はいつかはオケに入るのを
大目標に滅茶頑張ってましたがっ。。
初心者のアンサンブルも経験できたことも
今ではとても貴重な思い出です。

辞めたら弾けなくなるのが目に見えているので、
今辞めたらもったいない、、
で細々とやってきましたが、

努力と結果とコストのバランスが、
私にはだんだんと合わなくなりました。

で、、レッスンはとりあえずは先生にお伝えして、
終わりにしました。
ヴァイオリンが手元にあると
また、うだうだ考えちゃうので、
思い切って、イギリスに持って帰ってもらいました。
また、機会があったら、イギリスで
ちょっと触ってみたりはするかもしれません。

理由は、3rdポジションも出てきて、
生半可な練習では太刀打ち出来なくなり、、
ということがありますが、
楽譜の難易度より、
そもそも簡単な曲でさえも
何年やってもヴァイオリンの音にならないことが
最大のモチベーションダウン、フラストレーションでした、、。
難しいなぁ、、としみじみ思った数年なのでした。笑

まあ、よく考えてみましたが、
10年後にやってる自分が想像できなかったので、、。
これが最大の理由でしょうか。

ヴァイオリンもバレエも
大人からやるのには壁が高すぎるものでもあるので、
これからは、10年後も続けているであろう、
バレエ一本で頑張りたいなあ。
violin lesson.52 初めての重音
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 12:58 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ものすごくヴァイオリンへのテンションが
低かった週でしたので、
恐る恐るレッスンに行きました。笑

が最初の調弦、音階から
いつもより調子がいいという、、。
ほんと、不思議な感じでした。
心の中で一気にホッとしました。
(どうなるかと思っていたので)

カイザー(の苦手なスラーを)やり始めて、
自分の負の連鎖が始まり、
途中またもやテンションが低くなりましたが、

曲の途中で重音が出てきて、
はじめて(二箇所だけですが)
重音で弾くという練習を先生とやり、
すごくそれがヴァイオリンらしく、嬉しかったので、
いきなりテンション低いから
モチベーションアップになりました。

3月4月は事情があり、
環境的に練習ができなくなるので、
(ピアノもそうですが、)ヴァイオリンも2カ月お休みです。
その間にせめて大幅に状態が悪くなりませんように。

バレエはスタジオに行けば、
なんとかなりますが、
楽器は家とかで練習してなんぼのもんだし、
やはり、やる気とかそういうことの前に
練習できる環境がなければ、どうにもならない、、
ですね。

まあ、ものすごくやる気があれば、
どうにでもなるもんでも
あるでしょうけど、、
貸しスタジオやヴァイオリンだったらカラオケボックス
でも練習できるだろうし、、。

ともかく、重音が嬉しい〜でした。
violin lesson.51 前日に練習できなかったらダメですね。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 13:44 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
先週の日曜日にピアノで音程を確認しながら
練習もしてみたけど、
やっぱり、いくら日曜日にやっても、
前日とか当日にバイオリン触れなかったら、
全然(レッスンでは)ダメですね。

最初の出だしの音程がまったくとれない、、。
「ド」の音も
脳内の音と実際の音が
結構かけ離れていて、
先生と一緒に弾いていくうちに
やっとこさ、ファーストポジションの音程が
定まってくくる、、という感じで、、。

先生にもせめて、一小節、
それも無理なら、
ドの音を確認してみる、、それだけでも
やってください、、と。

それなしに、日にちがあいてしまうと、
やっぱり誰でも感覚が鈍る、、
わからなくなる、、のは当然と。

やっぱり楽器の練習って
シビアだなあ、、、としみじみ
思いました。

毎日触れる、、、基本中の基本なのは
わかってはいましたけど〜

書くのは簡単だし、
やっぱり、実際は難しい部分もあるけど、、
まあ、15分までいかなくても、
(それだとやっぱり無理な日がでてくるし)
必ず1分でも触る、、、
を目標に、、かなあ〜

実際、昼間私が家に居られるときで、
かつ、家人が誰もいないときにしか、
練習はできてないので、、

それが叶わないときでも、まあ、
1分なら、とりあえず
みんなに迷惑かけないかなあ〜と
思い直しました。
 
violin lesson.50 ボロボロでした。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 15:49 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
2週間ぶりのレッスンでしたが、
またまた毎日バタバタ、
あと、いつも家に人がいる状態で、
一人になる時間がまったくなく、
練習できなくて、、、
なんとも一回も触ることなくレッスンに行きました。

その旨、先生に最初にすみませんっと
申告してから、スタートしましたが、
本当に音程はともかく、
1stポジションまでも指使いを
忘れたり、、、もうボロボロでした。

本当にたった2週間何もしないだけで
こうも忘れてるなんて、
自分の老化具合と脳みそ加減が情けなかったです。

先生は主に子供を教えておられるし、
子供だったら一度できたことは
できなくなる、、なんてことは
よっぽどのことがない限り
ないと思うし、先生もまだ若くて
きっと、、、この人、、、何何って感じだったと思う。

すっかり忘れててすみません>私
本当に見事に忘れてますね>先生

まあ、2回くらいやったら
思い出してきたからいいですよ、、と
先生もほっとされていたようでした。

やっぱり、人がいて練習できない、、ということはあっても
ここまでほっておくのは、、だめですよね〜
自分が情けないし、
レッスンの内容そのものも無駄になりますよね、、って

でもでも、練習のやる気とかそういうことよりも
環境を整えることがまず楽器は必須ですよね。
これはヴァイオリンだけでなく、
ピアノでも言えますが、

まあ、4月からちょっと環境が整えらえると
思うので、今はその過程にあるので、
バタバタでも仕方ないかな、、。
4月から本腰をいれて練習しよう。
violin lesson.49 親指シールが貼られました。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 18:11 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
日にちがあってもなくても、
結局はそんなに練習できない(しない)ので、
同じことですが、
前回レッスンから、
間に今回は4日しかありませんでした。
4日のうちの2日は練習できたので、
まあ、自分なりにはいいほうかな、、、。

レッスンそのものが
もう練習の日になっている感じなので、
レッスンを続けていることがよし、、と
思うようにしよう、、なんて。笑

さてさて、ファースト、
サードポジションの
親指の定位置に
親指シールが貼られました。
子供みたいだ〜。

どうしても、親指移動がうまくいかないので、
しょうがないですね。

E線を弾く時のかまえ。
腕を内側に、、 は、
ずっと長い間言われてましたが、
ここまで内側にいれるんだと、、
今回あらためてびっくり。

手の向きが悪い。
弦に水平に置くためには、
ほんとかなり腕、肘を内側にいれないと
その形にならないんだけど、
肩甲骨や肩の動きが悪くて、
そうならない問題に対して、
ストレッチをするように勧められました。

肩甲骨を後ろに引くストレッチはしてたけど、
前、内側の動きは今までやったことないので、
そんなとこが今年の最大のウイークポイントかなぁ、、と。
柔らかくして、届くようにしない限り
どうしようもないしなぁ。
ほんと、困った困ったです。笑

あと、先生の弓で私のバイオリンを
少し弾いてくださったのですが、
私のバイオリンでも
あれだけ綺麗な音がでるんだって
感激しました。

弓を変えて、頑張れば、
先生みたいなレベルにはなれませんが、
少しでもあんな音に近づければなあって
思えたのがとっても有益でした。
violin lesson.48 親指のことを忘れてました。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 16:27 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ファースト、サードポジションとも
親指の決まった位置というのがありますが、、。

親指と人差し指は、
向かい合うように弾くというのも
基本のようで、正確な弦の場所の指標にも
つながるのに、

なんといっても、
弦の上の指のことで精一杯で、
親指の動きはとまったまま、
親指のことを無視して、笑
他の指を動かしてしまってました。

先生に指摘されて、はじめて、
親指の存在のことを思い出したのでした。笑

それでも、曲は一小節進みました。
最難関のところなので、
ともかく進んだことが嬉しいです、、。笑

あとは、カイザー、
なんというか、スラーとスタッカートが特に苦手なので、
あらゆるところに力が入り、腕、肩、指、弓と。
もう、一曲終わるとぐったり。

先生も弾きにくそうに弾いてると、、
逐一指摘して下さるんですが、
まだまだ自分で弾きやすい形には
なかなかなりません。

苦手だから、まったく余裕がないです、、。
早く終わらないかなあ〜、、なんて。本音。笑
violin lesson.46、47 昨年最後のレッスンと今年初のレッスン。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 13:21 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
昨年は28日の暮れに
最後レッスンをしてもらいました。
そして、弾き始めは、今日11日でした。

まあ、自分なりには不可も可もなく、
そういうことではホッでした。

今年より先生が本日の要点、ポイント、
注意点をわざわざノートに書いてくださって、
帰り際に渡してくださることになりました。
細かいご指導に感謝感謝です。

ともかく、1小節10分同じところを弾いてみるとか、、
そういう練習をしてくださいね、、と。
だいたい間違うところは決まっているので、
そこを徹底的に(他のできているところはやらなくても)
やってくださいね、、と。

細切れ練習はもう今年の必須です。
それ以外に上達はありえないし。

そういう練習することで、早く弾けるようなります、、とも
やはり、言われました。

ともかく、弾き始め気持ち良く終われたので、
よかったです。

今年もどうぞよろしくお願いいたしますという感じでした。
 
violin lesson.45 肩当があってないよう。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 16:50 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
先週よりはとりあえず練習できたので、
竹取物語は前に進みました。

サードポジションにも
だいぶ慣れてきましたが、
高いミの音などは、
自分の耳で音程がほんとわからず、苦戦中。
先生と一緒に弾いてみて、
音程を確かめました。

ピアノで音を弾いてみて、音を認識する
訓練が必要です。

カイザー、4つずつ、スラーで弾く練習。
スラー難しいよ〜
弓幅がうまく配分できないから、
最後の音はどんどん弓が足りなくなる。
引き続き、コツをつかむべく、練習あるのみ、、。

肩当ての高さが高いのでは?との指摘。
前に使っていたやつも持参して、
再度みてもらおう。
そういうことが自分でほんとわからないので、
指摘してもらえることが、やはり、レッスンの醍醐味です。
  1/15P  >>