Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
<< うさぎ、お城内に泊まる。 | Main | 最高のピアニストは、、。 >>
ヒースロー空港ーターミナル3 に飾ってあったピアノ
   | ピアノ/お稽古+関連* | 09:35 | comments(2) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

ヴァージンの飛行機>成田発が撤退したこともあるし、
やはり、どうしても羽田発〜の方が便利だということもあり、

でも、昨年利用したブリッティッシュは
ありえないくらいの最大のミスをされてしまったため、
イマイチ使う気にもなれないし、まあ、直行便は高いので、
一人の時は、経由便でもいいし。
年に何回も東京ーロンドンを往復することを考えたら、
時間よりも安さ重視で、
今のところ、決めて使っている飛行機会社がなく、
なので、到着ターミナルもここんところ、
さまざまなのですが。

今回はターミナル3に到着しましたが、
また、前回とは違ったピアノがありました。
「play me」と書かれたアップライトが2台と
この写真の(弾けないけれど)飾ってあったグランドピアノがありました。

昨年もターミナル4や駅のピアノの写真を投稿しましたが、

ヒースロー空港は、おもしろいことに、
今まで使ったどのターミナルでもピアノを見かけました。
弾けるピアノはたいがい椅子が設置されてないので、
子ども用にという理由なんだと思うけど、
子どもがよく立って弾いております。

私も弾いてみたいなあ〜とも
思うけど、そんな度胸もないし、
震える手でこんなところで弾いてもなんだし、、。笑

でも、いつかは(昨年も思ったし、今年もこの駅を使ったのですが)
セントパンクラス(ロンドン)駅で弾いてみたい〜笑
駅でものすごく(コンサート会場みたく!?)
反響して聞こえるんですよ。
飛行場はいつも子どもが弾いているのだけれど、
この駅はいつ見ても、大人がちゃんと座って
一人が何曲も弾いています。
写真の青いピアノと黒いアップラアイトの2台を見かけました。

いや、でも、ここで弾くには腕前やあがり症はともかく、
それ以前に曲を暗譜しなければ、、、
とかなんとか考えてましたが、、。汗

今回、あまりに大荷物で、しかも、急いでいたので、
グランドピアノのメーカーを見るのを忘れてしまいましたが、
写真だけ必死で荷物抱えながらも1枚撮りました。
(あとで、写真見ればいいやって思ってましたが、
写真の文字が小さすぎて読めませんでした)
次回、見たらチェックしとかなきゃっです。

スポンサーサイト
   | - | 09:35 | - |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
Comment
   | Prometheus | 2016/09/10 6:08 AM |
今年に入って海外出張続きでヒースローには毎月のように立ち寄っていて、第3ターミナルの「Play-Me」と書いてあるピアノ(アップライト)は以前から気になっていました。一連の出張も今回が最後となり、思い切って弾いてみることにしました。ポロンポロンと音を出すと、調律やメンテもきちんとしてあるようです。ピアノ用ではありませんが、一応椅子もあったので弾き易かったです。

さて、腰掛けてはみたものの何を弾こうかと考え込んでしまいました。暗譜で弾けるのは昔覚えたエンターティナーやムーンリバーや落ち葉のコンチェルトくらいです。でも、40年程昔(中学生時代)のことなのに、意外と身に付いているものですね。ただ、永らく弾かない間に随分下手になってしまったなぁ…と思いながら小休止してると、通りすがりのおじさんが…

Continue! Don't Stop!

と言ってます。気を良くしてしばらく弾いていたのですが、出発の時間が迫ってきたので立ち上がると、向こうのベンチから拍手が聞こえます。先ほどのおじさんが聴いてくれてたんですね。急ぎ足でベンチの前を通ると、そのおじさんがまた拍手。

Thank you. Have a nice trip!

と声を掛けると、

Same to you!

と返してくれました。

音楽に国境はない、と改めて感じたひとときでした。
   | Prometheusさんへ | 2016/09/11 10:15 AM |
Prometheusさん、
はじめまして。

貴重な体験エピソードをお知らせくださって
本当にありがとうございます。

ピアノは毎年の渡英で
見ることはあっても、弾いたことはないので、
とてもいいお話でした。

海外出張プラス最後にいい思い出ができましたね。
(海外出張もかっこいいですね〜
もちろん多大なご苦労もあるでしょうが)

やっぱり、基本的に声をかけるとか、
拍手をするとか、、賞賛を
惜しまないですよね。ヨーロッパの人たちは。
そういうところで暖かい気持ちになりますね。

Prometheusさんは、中学時代の曲も覚えておられること、
今回とっても役に立たれましたね。
ムーンリバー>いいですね〜

おっしゃる通り、本当に音楽は世界共通言語だなあって
しみじみ思います。

今年もピアノ見ましたが、
今年はなんとなんと椅子が設置されてましたね。
http://bisous.jugem.cc/?eid=3796

いつも子供たちが弾いているので、
押しのけて、、、順番を待って、、という気持ちには
ならないのですが、

子供たちが、、っていうのは建前で、
基本的に勇気がなくて、、、言い訳ばかりです。

この度は本当に情景が想像できるような
素敵なコメントを本当にありがとうございました。