Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
<< うさぎ、ラオスに行く。(3) | Main | 絶対音感テスト・・・ >>
スポンサーサイト
   | - | | - |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

一定期間更新がないため広告を表示しています

Lesson3. 「もったいぶって弾いて〜っ」
   | ピアノ/お稽古+関連* | 10:15 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
楽器博物館のピアノ

レッスン4月最後行ってきました。
4月からはじめて、まだ、3回目ですが、
まだ3回目とは思えないほど、
いろんなことを凝縮して教えていただいています。

引き続き、
雨だれとモシュコフスキー練習曲1番。

「やっぱり、暗譜してからが、勝負ですからね〜」と先生。
「って、、そうですよね〜
暗譜が暗黙の了解って、ピアノだけじゃないですか〜
オーケストラも指揮者も楽譜見て弾いてますし〜」と私。

そんな話からはじまったレッスンでした。


雨だれはまあ一応、譜読みは終わってるんですが、
今日も引き続き、最初の1段目、2段目の練習。

私の演奏は、、
楽譜通りにきっちり弾けているんだけど、
それはもちろん悪いことではなく、必要なんだけど、

ショパンを弾くにあたって、、、。それではおもしろくない。
きっちりきっちり弾きすぎていて、
楽譜どお〜りにただつまらなく弾いているらしい。

そういうつもりではないんだけど、、、。

もっともっと含みを持たせるとか、、
クレッシェンドの前は一瞬控えめにするとか、
抑揚をつける。

ショパンの場合特には、
楽譜に書いてなくても、例えば同じ小節内で、
大げさに伸ばして、伸ばしてしまったから、
あとで、帳尻を合わせるとか、、
そういったことが必要とのこと。

私の場合は特につまらない(演奏なので)、
もう、ちょっとやりすぎ〜
大げさくらいでやってほしいと、、。

「ともかく、〜〜〜もったいぶって〜」
弾いてほしい、、
と先生の最大級のアドバイス。笑

あとは、右手が強い場面と左手の効果と、
4段目はともかく左手重視でと、、。
(なかなか難しい、、)

また、先生の模範、
次、私の演奏の真似をしてくださって、
またまたよ〜く違いがわかったのでしたが。

録音の意義は前に日記にも書いたように
わかっているつもりでしたけど、
やはり、先生にも「iPhoneでちょくちょく自分の演奏を録音して聴いてみて」
とアドバイスをうけました。


雨だれ>「これを綺麗に弾くのは本当に本当に難しいんですよ、、」と。

しかし、先生の模範演奏は美しくて本当にうっとり。
私のためだけに生のピアノで弾いてくださるって、、(前にも書きましたけど)
それを聴くだけでも、レッスンに行く甲斐があるというものです。

自分の演奏を録音したものを(雨だれも)
聴いてみる、、、は近いうちに
やってみようと思いますが、
あらためて、ピアニストの方々が
どういう風に含みをもたせて弾いているのか、
ちゃんと楽譜見ながらCDとか動画を見てみようと
思いました。

モシュコフスキー>惜しいところまで行ったんですが、
先生も今日仕上げしようとしてくださったのですが、
やっぱり、あともう一踏ん張り、そこの小節だけ〜
となるたびに、どんどん弾きこむにつれて、
どんどん指が疲れてきて、
さらにミスタッチが増えるという。

ここが大人、あくまでも私の場合、
40代後半の人間にとっては正直辛いところ。
頑張りがきかない。
これが、若い人とか子供だったら、
先生が仕上げようとして
もう一度、そこだけって言ってくださったら、
なんとか気合いと根性でクリアできそうだと思うんですが、
私の場合は何度もやればやるほどに、
本当に指が疲れてきて、集中力もなくなってきます。

「家で連続3回ミスタッチなしで弾けないと、
レッスンではミスタッチなしに弾くことはできないよ〜」っと、、
「これはかなり難しいことだけど」と。
まあ、そりゃあそうだ。
家で練習なしorミスタッチばかりで、
でも、先生が怖かったので、
レッスンでは気合いでなんとか弾けたのは子供時代だけ。

「あと、大人の人に非常に多いんですが」
と先生。
「段が変わるところで間違うんですよね」
「別に段は関係なく、曲は続いているんですけどね」って。
確かにそれは私にも当たってるかも、、
でも、なんで私も段の最初でことごとく間違うんだろう〜笑

ともかく、私はバタバタ弾いているから、
ミスタッチが多いんだそう。
「動かすのは指だけでいいんだから、、、、」
ということなのでした。
ここは私のこれからの技術的な課題なんだろう〜
と思いました。

また、盛りだくさんのレッスンでありました。

スポンサーサイト
   | - | 10:15 | - |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
Comment