Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
<< Lesson 3. ながらバレエのススメ。 | Main | ブーニンの新しいCD >>
バレエグッズ、バレエ漫画が楽しみです。
   | バレエなお買い物たち♪ | 10:06 | comments(2) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



今の手っ取り早い楽しみは、バレエの巻きスカートとか
バレエ用品を買うことかな。

あとは、バレエ漫画を買って、体調悪い時は、
漫画を相変わらずよく読んでいます。
何しろ、買い物は手っ取り早い欲求を満たしてくれますし。

「Lady Love」
昔の漫画を買って読んでみました。
よくあるパターンのバレエ話ですが、
こういうパターン化されている話大好きです。

ブーニンの書籍にも言及されてましたが、
ロシアがソ連だった頃って、本当に芸術家にも自由がなく、
生活にも自由がなく、、そういう頃の話は胸が痛くなりますが、
でも、少しそういう頃の背景がわかるのも
昔ならではの漫画だなって。おもしろかったです。
私が学生の頃はソビエト連邦だったんですもんね。
今のロシアはどうなんでしょうか?
ロシアのバレエは好きですが、
まだまだロシアって、
なんだか、秘密のベールに包まれているところあったりしますよね!?

ピアノやヴァイオリンのレッスンも人生の励みになりますが、
こちらはもっとスパンが長いものですし、体調が悪い時はできませんし、
体調悪い時は、やはり、漫画です。笑

今まで、体調が悪くても病院嫌いだし、避けてました。
体調悪いのは単に老化現象だとも思ってましたし。
体調悪いことにもうすっかり慣れてしまってましたが、

今年はきちんと自分の体に向き合うと誕生日に決めて、
いろいろと診察や検査を受けてみたら、
もう出てくる出てくる、、悪いところが次々に。
結構ショックです。
5〜6個名前がつきました。

悪くてもそれなりに体って
その状況に慣れようとするものなんですね。
悪いことにも麻痺してましたが、
完治できることは今年中に完治させて、
付き合っていかないといけない病気には
ちょっと勉強して
うまく付き合って行く術を身に付けたいと思っています。

でも、今がどん底、これからは、治療して、
上り調子になることを期待しています。

まあ、誰でも50歳前後って
何かしら出てきますよね。それなりに。
もう、今までと違うんだよ〜って
体からの警告かしら。
いずれにしても、自分の体としっかり向き合う、
また、自分の生活を振り返るいいチャンスでもありました。

しっかり休息しましょう
と医師から言われれば、
休息できる環境でもあるので、それは恵まれていると思いますし、
痛み等はまったくないことが救いです。

今年しばらくは、何もしてないことに罪悪感を持たず、
しんどいと思ったら、ゴロゴロして、
ゆっくりしようと思います。

ともかく、好きなことにこれからも打ち込めるように
まずは、やはり健康が一番ですね。

まあ、それでも、今も好きなことをして、
美味しいものを食べて、痛み等もないので、
よく寝られて、、、と
概ね、幸せは時間を過ごしてますけどね。

でも、病気は早く治したいな、、です。
スポンサーサイト
   | - | 10:06 | - |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
Comment
   | ハル | 2016/02/24 4:53 PM |
お久しぶりです(^^)
40半ばぐらいからが体の変わり目ですよね~。
これまでと同じことをしてても疲労度が違うし回復が格段に遅くなった気がします。
私も以前貧血が酷かったんですが、その状態が普通として長く過ごしてきたので自覚はあまりなく、薬を飲んで数ヶ月したある日ものすごくスッキリ体が軽くなりその時改めて今迄の体調はやっぱり普通じゃなかったんだなと実感しました。
慢性化してるとそんなもんだと思い込んじゃって自分じゃ気付きにくいこともありますよね。
今回色々病院で診ていただいたようで安心ですね。
私も色々ガタがきてるのですがなんとか上手に付き合っていきたいと思ってます(^^)
でもしいさんは頑張り過ぎちゃうところがえありなので無理はされないでたくさん休養とってくださいね~。

久しぶりのうさぎちゃんシリーズ有り難うございます。
うさぎちゃん、あちこち行ってますね~。
うさぎちゃんにもパスポートがあったら面白いのにな~(^^)
   | ハルさんへ | 2016/02/24 5:13 PM |
ハルさん、暖かいコメントをありがとうございます。
同年代として、共感していただけたこと、
また、励みになるコメントとても嬉しかったです。

特に、私も貧血(は自覚してましたが)は知らん顔してましたが、
イギリスから帰国後あまりにもしんどいので、検査に行ったら、
ヘモグロビンが普通の人の半分しかなく、
入院して輸血状態でもありました。
心不全をもうすでに起こしていて、びっくりでした、、が、、
なんでこんなに風邪をひくんだろうって思ったのが最初のきっかけでした。
しかし、こんな状態でも何も知らないから、
海外にも行けたりして、、体って健気ですね。苦笑

ハルさんも
>薬を飲んで数ヶ月したある日ものすごくスッキリ体が軽くなり、、

ここのところ、私もすごく期待しています。
ハルさんと同じく、慢性化していて、何も感じられなくなってましたが、
きっともっと体が楽になる可能性もあるんだって思ったら、
すごく大きな楽しみになりました。
ありがとうございます。

病院に行って、スッキリはしましたが、
上記の海外旅行もそうですが、
知らぬが仏ってこともあるかな、、とも。苦笑
病気だって思ってしまうと、すべてにおいて
必要以上に自分をセーブしてしまいがちになってる自分がいます、、。
でも、まあ、これでいいのでしょうね。
仕事を含め、責任のあることを今は何もしていないことが幸いでした。

ハルさんもジョンさんと一緒に暮らせる日がくるまで、
倒れる訳にもいかないですし、うまく、乗り切ってください。
入院されたときは驚きましたが、その後大丈夫でしょうか?
お互い、自分の体とはうまくつきあっていくしかないですし、、
無理しないとか、明日でもいいことは
明日にするとか、意識の変革も必要ですね。

うさぎちゃんのことも、いつも見てくださって本当にありがとうございます。