Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
<< ポリーナさん、妊娠したんだ〜っ! | Main | イギリスのインテリア >>
スポンサーサイト
   | - | | - |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

一定期間更新がないため広告を表示しています

血流がすべて解決する
   | バレエのこと/その他 | 12:13 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
評価:
堀江昭佳
サンマーク出版
¥ 1,404
(2016-03-11)



↑「血流がすべて解決する」
という本を読みました。

私のほとんどの不定愁訴の症状と解決方法が
羅列してありましたので、
この本を読んだ時には素直に
とても嬉しい気持ちになりました。

何しろ貧血歴がものすごく長いため、
貧血ということにもすっかり慣れているので、
今までの人生において、
そのことについてはあまり重要視してこなかったですが、

今年に入り、不定愁訴が不定愁訴ですまなくなり、
さまざまな疾患や状態に陥っていて、
そういったことで、さらに免疫力までもが落ちているので、
プラスしょっちゅう風邪をひいたりしています。

婦人病や貧血状態に陥る人の
90%は血流が悪い、血がそもそも足りない、
胃腸の酷使できちんと血が作られないとか、
静脈の戻りも悪いから、
足、脚〜体が冷えているとか
そういった悪循環が
起こっているとのこと、、。

ともかく、血を作るために、
そして、さまざまな不定愁訴の根源である、
血が足りてない状態を克服して、
子宮筋腫もそうですが、
さまざまな今おこっている悪循環を克服するべく、
体質改善頑張ろうと思わされました。

腹八分目はまあ、基本で、
あとは、空腹の時間を長く持つという意味で、
夕食を抜くということ、
それからはじまりますが、

2006年にミテキ・クドーさんが
1回に食べる量は
手のひらに全部がのるくらいと
書かれていましたが、
(いつでも食べた後踊れる量しか
とらないということでした)
なかなか凡人にはいつも腹六分というのは
つらいからなあ〜と、、。
当時も言及していました。
もう、10年前かあ〜っです。
まあ、10年腹八分目は実行にはうつされませんでした。

腹八分目は最初の数日は本当にきつい。
いつも食べ物のことが浮かんできたり、、。
だから、いいとわかってはいても、
続けられない人多いですよね。
今までの私のことを考えてみても、
でも、これも慣れ、3日たてば
慣れる、、と
んで、3日経ちましたが、
本当に食べる量が減りました。
食べ物の妄想も減りました。

まだまだ腹八分目がつかめず、
まだこの場に及んで、作りすぎちゃってとか、
早く食べちゃって、10分目になってしまい、
その後、12分目なったりしてますが、
その時は、ほんと苦しい。
以前はそんなに苦しいとは感じてなかったのに。
この苦しい気持ちだったら、
空腹の方がある意味気持ちよいので、
その気持ちがわかってきたことが
進歩だなあって。

でも、例えば、外出先から帰ってきて、
ほっと一息のちょっとしたお菓子等が食べられないことが
まだ、慣れていません。
意識して我慢しています。

お菓子が食べたかったら、おやつじゃなくて、
デザートとして食べること、、と書いてあったし、
デザートも含め、手の平におさまる量
というふうに今はしています。

食べ過ぎている胃って、
もうパンパンにはちきれそうになっていて、
破れそうになっていて、
しかも、はちきれそうなので、
テカテカ光っているそうです。

そんな姿を自分で確認することはできませんが、
でも、そんな風になっていたら、
かわいそうだなあって思って。

パンパンの胃腸の下で
押しつぶされて、子宮はもっと苦しい状態だそうです。

​それから、ネットで、胃袋って、
手のひら一枚分の大きさしかない。
動物みたいに食べ物を「詰め込もう」とせずに、
味わって食べる、繊細な食べ方をまず考える。
手のひら一枚分の大きさの胃袋ってことは、
少し食べればお腹いっぱいになるのが自然ってこと。
食事のたびに意識してると自然と小食になる。

という文を読んで、ほんとその通りだと感じました。

自分の能力以上には消化できなくて、
そして、余ったものがこうして
筋腫とかガンになっていくのではないか、、なんて
ちょっと思ったりしています。

糖質の多量摂取はよくない、、と、
最近の本であったら、どんなタイプの本にでも
書いてありますが、
結局、糖質を抜くのではなく、
うまく付き合っていけたらと
考え直しています。

やっぱり、何かに偏るとか、制限とか、
あと、必ずこれを摂るとかいうのは
一定期間は頑張れても、
長くは続かないなあと。

結局自然のリズムにのっとった生活、規則正しい生活とか、
睡眠はとかく重要らしく、(まあ、それはそうでしょうけど)
でも、質の悪い睡眠が貧血を作り、
貧血であるから、よく眠れないという
悪いスパイラルに陥っている、、というくだりでは、
もう、私のことじゃんって、、。

人生のステージや、個々の体の状態、価値観によって、
食生活なんて千差万別、いろんな考え方があって
当然ですが、その時その時で自分の体にあった食生活をするとか、
体の声を聞いてみる、
分析してみるとか、根本を改善するとかって
大切だなあ、、と。

そして、適度な運動>バレエと
今は、おいしいもの、食べたいもの、
だけど、質の良いものをちょっとずつ食べる、、を
やっぱり王道、今後のモットーにしたいです。

あとは、ビワのエキスを購入したので、
温活も頑張っております。

バレエのレッスンを一回一回大切に思っているように、
これからは毎日の一食一食をもっと大切に、
睡眠も諦めないで、事前の準備をできるだけするとか
工夫して、少しでも深い眠りができるようにしたいなあ、、と。

赤血球などは新しくなるのに、
4ヶ月かかるようですが、
そういう意味では今から4ヶ月後
何か変わっているかと期待大です。
 
スポンサーサイト
   | - | 12:13 | - |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
Comment