Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
<< Ballet Lesson 24.やっぱり怖いよね、ポワント。 | Main | Mirella ミレラが一番心地よい。 >>
ballet lesson 25.私の後ろには立ちたくないと言われました。汗
   | バレエレッスンとか・・・ | 15:23 | comments(2) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

耳の後ろの骨がずっと昨日から痛かったり、

出血とかetc いろいろと体調が悪かったのですが、

寝てないといけないくらいでもなかったし、

とりあえず、外出できないくらいの

レベルではなかったので、

 

なんともこの重い気分を変えたくて、

ちょっとだけ無理してレッスンに参加してみました。

自分のちょっとだけの無理が

どれくらい通用するか、、

というのも知りたかったし。

 

もちろん、病気持ちであるので、

生活全般では明らかな無理はしないと

決めた今年ではありますが、、。

でも、ときどきはちょっとだけ無理して

気分が変えられるのなら、そのほうがいいし。

 

とりあえず、鎮痛剤が6割ほど効いてたので、

行ってきました。

 

ほんと、40台も後半になると、

ホルモンの影響なのか、、病気のせいなのか、、

いろいろでしょうけど、

毎朝、毎日体調が違います。

 

前は毎日同じで当たり前でしたが、

体調がいい日を大事にしなければ、、、

という思いに最近は変わってきています。

 

それほど、体調がいい日というのが

少なくなってきていて、、。

悲しいですけど。

 

体調が良くなくても、

それでも、それにもうまく付き合っていくという感じを

今必死に学習している感じです。

 

 

 

今日バーレッスン時に、

一番後ろに行くように、先生に言われました。

左右交代練習で一番前になるということで、

はじめてのことだし、え〜っ、、です。

いつもは定位置の2番目です。

 

まあ、一生懸命思い出してやりましたが、

緊張もしたし、体のバランスとか

そんなこと考えるよりも、

順番を間違えないように、、

とそればっかり考えてやってました。

が、、やっぱり、最後の方は疲れて

集中力も落ちてきて、

音楽にどんどん合わなくなったりしましたが、

 

そう思うと、やっぱり、人の後ろについてやるのが

楽ですね〜しみじみ。

 

その際に、、ですね、、。

誰だって貴重な時間を使って、

レッスンに来ているんですから、

下手な人の後ろに立ちたくないのは

もちろん理解できますが、

 

先生が細かに立つ順を決められたにもかかわらず、

私の前、(左右交代して)後ろはいやだ、、、と言われて、

その人の後ろの人と交代したいと、、

言われた人がいました。

 

私だって好きで端っこに立ったわけではなく、

練習の一環として、先生に言われて、

仕方なく、、立ったのに、

なんだか、あからさまに言われて、

ちょっとだけ嫌な思いしました。

 

私だったら例え、心の中で

ちょっと思ったとしても、

先生から言われたことだし、

態度には出さないと思うので、、。

 

まあ、いろんな人がいて、それぞれですね。

そんな態度にあって、でも、もっと上手になろうって

思えたので、いいですし、

それも含めて、いい経験でしたが、、。汗

 

でも、やっぱりよく書いてますが、

レッスンすると不思議なことに、

体調は明らかによくなります。毎回。

やっぱり、私の病気とか体調の悪さって、

運動不足とか血液循環の悪さとか

そういうのが絡み合ってるんでしょうか。

それが、緩和されるってことなんでしょうかね。

 

嫌なこと言われても、まあ、そんなことよりも

体調がよくなって、行ってよかったです。

 

昨日は効かなかった薬が、

今日は効いたのか、レッスン効果か、

一晩中痛かったのに、

耳の後ろの痛みも9割ぐらいは取れました。驚

 

スポンサーサイト
   | - | 15:23 | - |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
Comment
   | ね〜み♪ | 2016/06/20 9:39 PM |
しいさん、こちらではお久しぶりです〜

バレエ頑張っていらっしゃるんですね(^^)
ピアノもバレエもってすごいです!

さて世の中、いろんな人がいるものですね。
みんな上手になりたい、楽しく続けたい、健康的になりたい、
様々な思いでバレエを習っていらっしゃる、その点では立ち位置は同じだと思いますよ(^^)

その状況で不快になるような言葉を投げつけるっていうのは気遣いの無い人ですね。
そういうのは気になさらず、これからも楽しく続けていってくださいね(^^)
   | ね〜みさんへ | 2016/06/21 8:36 AM |
ね〜みさん、ピアノ話でないトピックにも
お忙しい時間の間に、
こうして暖かい&激励コメントをありがとうございます。

私の方はというと、最近はなんだか読み逃げばかりですみません。

ピアノは個人レッスンなので、
先生との相性だけでしたが、
やはり、何かしらの集団に属すると
どこにでもいろんな人がいますね、、。

昨年も体調もよくなかったし、ピアノもやってるし、、
いいかって理由をつけて体を動かさないでいたら、
なんと今年2月に片足で靴下も履けないほどの老化した
体になっていて、、(いることを発見して)驚いて、
あと、ヴァイオリンが原因で50肩にもなってしまい、、汗
ヴァイオリンが直接の原因ではありますが、
根本的にはやはり運動不足もあるようでして、、。

近所に中高年の、、と書かれたバレエ教室を発見して、
私のためにあるようだわって
即座に入会しました、、笑

まあ、ヴァイオリンと同じレベルで難しいですが、
ヴァイオリンは終わったあと、爽快感はありませんでしたが、
バレエは運動なので、体調悪くても
それなりにあとで気分がよくなるのが
やっぱり違って、
そういう、体を動かすことの大切さにも
あらためて気がついた状態です。

よって、このところ、ヴァイオリンが脱落しまして、、
バレエ浮上+ピアノライフになりつつあります。