Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
<< (ピアノ)脇目も振らずに練習したら・・・ | Main | 加瀬栞さん、プリンパル昇格ニュースを見ました。 >>
スポンサーサイト
   | - | | - |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

一定期間更新がないため広告を表示しています

ニューヨーク製のスタインウェイで練習してきました。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 10:49 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



先週末は、
「スタジオ ピオティータ」
ということろで
ピアノの練習会に参加してきました。

スタジオ ピオティータの詳細
http://ms-tms.com/studio-piotita/

最寄り駅は京王線・桜上水駅から徒歩15分くらい
住宅街の中にある隠れ家サロンには、
ニューヨーク製のスタインウェイがおかれており、
楽譜がぎっしり!
オーナーさんはとても音楽に理解のある方でした。

---------------------------------------

以下、スタジオとピアノの詳細です。
◎ピアノ:スタインウェイB型
1931年NY製、1990年Rebuild
◎部屋:音響調整済み防音室
約30平米、椅子30脚

---------------------------------------

主催者さんからの抜粋情報。

オーナーさんもおっしゃってましたが、
いやあ〜重〜いスタインウェイでした。

いろんなピアノ、
重いピアノに慣れてない私には、
最初とても弾きにくかったですが、
それも含めていい経験になりました。

自分がこういったピアノを前にして、
どんな風に崩れていくか、、
もあらためて認識できましたし、
10分まではなんとかそれなりに
調子よかったですが、
15分超えたあたりで
指が疲れてきて、
うまくまわらなくなりました。

まだまだどんなピアノでも、
対応できるわけでないし、
選ぶ曲も大事だなあ、、、と。

trなどは最初の時点から
指がスムーズに動かなかったですし。悲

あと、ここのペダルは
シフトペダルが
ほとんど動かない(機能しない)んだなあって。
割とシフトペダルを多用している私には、
ちょっとした驚きました。
そういうピアノもあるんだなあって。

そして、こんなピアノを弾くためには、
指のトレーニングを頑張らなくては、、。
指単体というより、肩から腕、
指先にかけての(腕の重みを利用して弾くとか)流れ、、
そんなことかなあ〜っ
たぶん。
と思わされました。

低音、高音の響きはさすがに凄かったですが、
でも、全体的にこんも〜りした音で、
まあるく音が包まれた感じ。

先日のベーゼンドルファーの
鍵盤が奥へググッと入っていくような感覚とは対照的に、
浅いところでカチッと弾くような感覚でした。

しかし、本当に素敵な空間。
普通のお家なんです。
地下室にピアノがあって、
きれ〜なお部屋で、まさにサロンで、
こんなお家に住みたいと思いました〜
楽譜もたくさんコレクションがあり、
圧巻でした。。

練習会は、人数が少なく、
こじんまりした会で、
(数少ない私の練習会体験ですが)
主催者の方のおかげですが、
今までで一番緊張度が少なく、
それなりに一番自分らしく演奏できました。
もちろんスタインウェイの難しさはありましたけどっ笑

毎回の練習会には自分なりに
目標をたてていくんですが、
大前提はなるべくそのときを楽しむ
ことですが、
演奏面では、1音1音丁寧に、、
プラス
先日は、せっかくのスタインウェイですから、
ffのところなんかは、
ダイナミックに弾けるよう、
ppのことも考えてメリハリを考えて(つもり)で弾きました。

あと、自分なりに進歩したことでは、
暗譜で最後まで弾けたこと。
途中つまっても、
なんとか自力で思い出せたことが
うれしかったです。

ちょっと落ちていた、
ピアノのモチベーションも
いろいろとおしゃべりして、
みなさんの演奏をお聴きしている中で復活し、

オーナーさんみたいな
素敵なピアノ部屋を作りたい
って夢も湧いてきました。
(言うのは勝手ですから 笑)

人様の演奏を聴くのは
自分自身にとっても本当に勉強になるなあ、、
と心底思いました。

あと、皆さん、本当にレパートリーが多くて
うらやましかったです〜
イージーリスニングからポップス、ジャズ、クラシックと。

その場の雰囲気に合わせて、
その時の気分で
曲をその時に選んで弾けるというのが
すごいなあって。

ビートルズの曲なんかも、
みんなが知っているという点で
聴いているほうもとても楽しめました。
(久しぶりのビートルズ曲を聴きました)

そういう曲も1曲弾ける様にしておくと、
何かのときに弾けるといいなあと。
みんなが集まった時なんかに。
ピアノを練習している人にとっては 超メジャーな曲でも
意外とピアノのクラシックの曲って
一般に知られてないんだなあって
思うことも最近は多いので。

知らない曲といえば、
メンデルスゾーン、グリーグのピアノ曲などは
私はほとんど知らないので、
自分が選ばない曲、
選べない曲、
知らない曲等も
知れることも
こういった練習会、場慣れとともに、
勉強になりました。

 
スポンサーサイト
   | - | 10:49 | - |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
Comment