Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
<< バレエチックなものは嬉しい! | Main | 「メサイア キリストの生涯」を観てきました。 >>
ballet lesson. 80 81 82 びしょ濡れになったら・・・
   | バレエレッスンとか・・・ | 12:50 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |





春、4月、移動、変更の月ってことで、
なんだかバタバタしていました。
それでも、体調が悪いとき以外は、
レッスンは割とコンスタントに通ってました。

3月末に水筒のフタのロックをし忘れて、
カバンの中で飲み物がでて、
全部びしょ濡れになりましたが、

その後、洗って、
靴乾燥機で、
バレエシューズ、
トゥシューズとも乾かしたら、
トゥシューズ、土踏まずのところが柔らかくなり、
折れやすくなり、
ここぞとばかり、曲げてみました。
全体に柔らかくなってよかったかも。
茶色っぽくなり光沢もなくなりましたが、、と
当初は思いましたが、

バレエシューズ同様、やっぱりダメになりました。
バレエシューズは前回記載しましたように、
ギシギシと音がなり、回転等ができなくなりました。

ポワントも上記したように
柔らかくなって、折り目がついて、
よくなったのかなあ〜って思ったら、

ものすごく縮んで足先が痛かったので、
その後、新しいポワントを試してみたら、
痛くならなかったので、
やはり、びしょ濡れで、縮んで、かつ、
何かが変わってしまったのかなぁ、、です。
早々と一足無駄にしてしまった感じです。

それでなくても、バヤデールは廃盤になっていて、
入手は困難なのに、、です。

あと、やっぱり、なんといっても
バレエは体重が軽いに越したことないよね〜〜って。
ほんと実感した日でもありました。
一緒にレッスンされている方が
紆余曲折があり、5キロ痩せられて、
ものすごくバレエ体型になられ、
回転も前よりよくなり、先生も軽そうね〜、、と。
本人も体が軽くてやりやすいです、、と。

とっても羨ましかったので、
5キロは無理ですけど、
せめてせめて今年は3キロでも痩せたいなあ、、と
切に思いました。

なんといっても、ポワント履くなら、
絶対体重が軽いほうが有利ですもの〜

シソンヌ、パドシャ、アッサンブレ、 徹底的にやりました。
フラッペの練習>足の後ろにやること。
足を持っていくところ、
今までくるぶしの後ろあたりだと思ってました。

ストレッチ、足上げ、横にぐいっと持ち上げるの、、
コツがわかった気がします。
足、脚をなるべくできるだけ、 アンディオールにしてないと、
真横になんかやっぱりあげられないんですね、、 。

今まで途中から、足が前方向を向いてた気がします。
はっきりそれが認識できたら、
ぐっと足が上がるようになりました。

一度だけ前にやったことがある、
新しい回転をやりました。
右足、着地
左足、ルルベ、
右足、パッセ 回る。

ポワントのときは、もっともっと上半身の引き上げ、
体全部を最初から引き上げ。
でないと、立てない。途中で疲れてしまう。
バレエシューズのようにはいかないもの。

レッスン後、回転寿に。
また、暖かい陽射しの中、
お花見を兼ねたドライブ。
日頃車を乗らなくなった私には、
ほんと車道からの都内縦断はとても新鮮なものでした。
帰りは自宅まで送っていただき、
至れり尽くせりの一日でした。
おかげさまでとても有意義、楽しかったですが、
疲れすぎて、なんと8時に寝てしまいました。

まぁ、そこは、女子同士、
バックグラウンドもさまざま、
バレエだけが共通項で、
み〜んなが仲が良いとは言えないし、
いろいろ心の中では不満等もあると思うけど、
大人であることを皆がわきまえてる感じだし、

少なくとも、先生とはご近所同士で、
価値観も似てる、、で、
バレエ関係なく仲良くなれたことが嬉しいですね。やはり。
 
スポンサーサイト
   | - | 12:50 | - |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
Comment