Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
<< ballet lesson 211 自分なりにベストで。 | Main | ピアノの森の本を買いました。 >>
ballet lesson 212 オーロラのバリエーション
   | バレエレッスンとか・・・ | 12:27 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
この日は、先生の娘さんによる
ポワントスペシャルレッスンでした。
びっしり1時間30分のポワントレッスン。
バーでもセンターでもポイントを
たくさん教えていただけました。

何しろ、一生懸命レッスンしてくださってる姿を拝見し、
私も出来る限り一生懸命やらなければ、、と
思っていつもよりかなり頑張ったレッスンでもありました。
緊張もしていたんだけれど。

最初から最後まで始終動いて見せていただけて、
わかりやすかったはもちろんのこと、
本物のバレエが見られて、
至福の時間なのでした。

何しろスタイルがいいから、目の保養になりました。
体の半分が脚で、、。
細いというのではなく、
筋肉質の結構しっかりした体つきで、
日本人ながら、外国人のダンサーみたいでした。

一番言われて、なるほどと思ったことは、
膝から下をぐーっと膝から伸ばす。
例えば、エッフェル塔のように。
でも、肩はリラックス。
お腹は必ず引き上げる。

グッーと伸ばす練習を何度もしました。
「膝をのばーす」という
掛け声でやると
結構伸びるもんだなぁって。
その時は、太ももは力を抜くことで楽になる。

前に滑らすようにして、
足をする感じで、前に出す。
そして、そのまままっすぐ膝を曲げずに立つ。

アラベスクもパッセもそんな感じで。
下からぐーっと膝を伸ばして、
そうすれば、きれいに立てる。

そのくせをつけることが
とても大切、、とのことで、

その意識であとで、
家で動画を見ていると、
今までは気がつかなかったけれど、
確かに、プロの皆さんは
すーっと足を引きずるかのような
動きのあと何かの動作をしている、、という
ことがよくわかったのでした。
今までは気がつかなかった。

ポワントでは、
簡単バージョンの
海賊とオーロラの踊りを。
もちろん、最後までは
いきつけないので、
ほんのほんの最初の部分だけ、、。

最初にデモンストレーションとして、
オーロラのバリエーションを見せていただき、
ただただ、美しくて、
幸せすぎ〜で、ぼーっと見ていたのでした。

家に帰っても、最初の出だしの音楽が、
頭の中にずっとこだましてました。笑

でも、基本的に、
バリエーションの前に
まずパッセがちゃんと立てる時と立てない時があるので、
まずはそこからかなあ、、やっぱり。
この日は実は、動きに必死になり、
上半身を使うことを忘れていたことを
あとから、先生に指摘されましたが、、。

ポワントで立つ
ってことがよくわかったような気がしました。
動きの一回だけ鎌足になってしまって、
即座に注意をうけました。

あとは、ポーズのつけかた。
体を観客から見て、
凸凹にすることなんかも教えてもらいました。

ポーズは静止なんだけど、
気持ち的にはぐーっといつまでも引き伸ばす意識をもつ、、
引き伸ばす
って言われたかなぁ?
なんて言われた思い出せないのだけど、
見本を見せてもらって、ぐーーっと体をあげるような
イメージはわいたんだよね。
ともかく、とても実りあるレッスンで、
バレエは基本は同じだけど、
伝え方が人によって違う、
違う方から教えてもらうと
また違った発見とかあるなあって。あらためて。
感謝感謝。

あとレッスンじゃないけど、
最近になってやっと脚が真後ろまで
いくようになった気がするのだ。
自分で後ろに行ったら、お尻の感じが
今までと違う感じで、、。
きゅっとなってる、、、というか
うまく書けないのだけれど。

それから、観客に向かっての、
レベランスの仕方を何度もやりましたが、
歩くのと同じでこれがまたかなり難しかったなあ。

一言で書いたら、
この日のレッスンは、
常に観客(がいるつもりで)の目を意識したレッスンだったのだと思うけれど、。

この日一番がっかりだったことは、
パッセがうまくできなかったとかそんなことではなく、
やっぱり、覚えられないことだったかな。
ちょっといつもとは違ったパの組み合わせだと、
なんともあたふたしてしまって、
そんな自分を例えると、象かカバの踊りだわって、、
しかもとっても短くしてくださっているのにも
かかわらず、、なんでこう覚えられないで、
あたふたするんだろうって、、。

自分で覚える工夫をして、ともかく
覚える訓練をして、あたふたをちょっとでも
なくしたいと切に思ったレッスンなのでした。

楽しかったなあっ、、、。
スポンサーサイト
   | - | 12:27 | - |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
Comment