Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
オニール・八菜さん、チラッと出てましたね。
   | Ballet ダンサ〜 | 10:09 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
かっこいいですね〜
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 20:50 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


チャーリー・シエムがあまりにかっこよくて、
彼のバイオリン見てたら、
自分もまたちらっと弾きたくなってきました。
なあんて単純。

そして、でもあまりのひどさに
すぐいやになっちゃうんだけど。

彼はずっと前から活躍されてたのに、
今頃TVで知りました。
ballet lesson 159 普通になってる。
   | バレエレッスンとか・・・ | 20:31 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


普通になってる〜と、、、。
先生に連呼。笑

ほんと、すぐ普通になっちゃう。
バレエ(の形)じゃなくて。

例えば、足は常にタンジュになっていないといけないのに、
バーレッスンだと意識してなんとかできても、、
センターだとつい、
他のことに気をとられて、
すぐ普通になっちゃう。

それから、ポワント、
片足でルルベ、
そして、降りて再度上げるが、
どうしてもきつくて上がらない〜
足がグネって折れそうになります。

両手バーだとなんとかできるんだけど、
片手はなんかできる気がしない。
前は何回かできたんだけどなあ。
しかも1回だけ、センターでもできたこともあるのに。

この日、しかも先生が求めてるのは、
片足は前に出しながら、、で。
なんだか弱くなったのか、
これも時間がかかりそうです。

自分で一つよかったのは、(バーでですが)
アラベスク、アティテュードの時の引き上げがよくできて、
足に負担かかってないなぁ
って思えたことかな。

バーレッスンでは、
一度先生に膝が曲がってると注意された、、
まだ、膝曲がってしまうんだなぁ、、なんて、
そんな自分にがっかりだったけど、
まずまず不可も可もないレッスンだったかな。

あと、バレエ友と先生にクリスマスプレゼントをいただきました。
ありがとうございます〜
Nikolai Luganskyさんのショパン/バラード4番
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:08 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



バラード4番の 
イメージトレーニングとして、
このビデオをいつも見ています。
この弾き方好きだなあ〜
piano lesson 40 今年最後のレッスンでした。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:02 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
今年最後のレッスンでした。
今年はほとんどレッスンも練習もできなかったので、
完成した曲はモシュコフスキー練習曲の
9番だけ。

10番もキリよく終わりにしましょうか?
どうしましょう、、と言われ、
やはり、結構ミスが多いし、
もう一回やりますと、、返答。

バラードのほうは、1週間で結構練習したのがよくわかります。
だいぶ、流れる感じで、
メロディーが聞こえてくるようになってます、、と。
嬉しいお言葉。

このは先生とミュージカルとバレエのお話をしました。
今度バレエを観に行かれようです。
Kバレエのくるみ割り人形。
ビリーエリオットで栗山廉さんのファンになられて、
それで見に行くとこと。
9頭身でなんともかっこいいらしい。
あとでチェックしてみようっです。
その流れの人がかない多いとのことで、
さすがあの手この手で集客はかってるなぁと。

年末年始はやはりさらに練習できないし、
また、もどりがあるだろうけど、
パレードは、来年末までにはなんとか完成させたいなぁです。

来年もどうぞよろしくお願いしますとご挨拶して
終わったレッスンでした。
ballet lesson 157 158 回転は一番よかったかな。
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:48 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ピケターン、パッセで、
早い速度で体を慣れさす特訓?
今までずっとゆっくりに慣れすぎてるので、喝を。
早い速度でまずは慣れることが大切と。
そして、足がもとの場所に戻りきってないから、
どんどん斜めに進んでしまう。
元の場所に戻り切ること。

でも最後は体の感じや腕の広げ方とか、
今までで一番よくできたかなと
回りながら自分で思いました。

体が全部繋がりながら回っているのが
よく認識できたというか。
体幹が少し強くなったような感じで。

ポワント、バーで、パドブレして
足を下げないままフェッテを一回やって、
回転の感覚をつかむ練習。
ピルエットがこわくてうまくできないので、、。
それの前段階練習。

パッセで横に進むから
一歩進んで、
前後に進む練習。
結構難しかったけど、
ちょっとコツがつかめたかも、、です。
これは、家でほんと練習すれば、
もっとコツがつかめる気がしました。
たまーにレッスンでやるくらいじゃ、
また、コツ的なことをあっという間に忘れて、
また、怖さからのスタートになるなぁと。
前にも思って書いたけど、
さらに思ったのでした。

音楽にのってパッセもやってみる、、
1、2のリズムで素早くのる、、というコツを忘れかけていたので、
この日のレッスンで思い出させてもらったかなぁ。
あと、手、腕がいい加減に添え物になってしまっていたので、
腕を使ってもっと上半身を引き上げることを思い出しました。
まぁ、前回のひどいレッスンよりは
全体的にはマシだったかなぁ。

パドブレ、センターであげた手の方に
もっと顔を向ける。
顔の位置が前気味になってる。

あとは、ワルツの手の振り付けの一部、
大げさにやりすぎない。
アンナバンからわかれた手の高さで、
肘から前だけを動かす。

そんなこんなの有意義がレッスンでした。
ballet lesson 156 お家によんでもらえました。
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:35 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ポワントでのピケターン、
よっこらしょ的、 笑
気合い入りすぎてる。
もっとさらっと、
くるっとまわる。

この日は、ほんとに調子悪かった。
前回のレッスンから1週間、
その間、体調も悪かったので、
日々スーパー位にしか行かなかったら、
足ががっつり弱ってた。

バレエシューズではなんとかこなせても、
ポワントになったらてきめん。

引き上げもうまくできず、
足が弱ってるのに、
足に力が入らず、
足に体重がものすごくかかってるのがわかりました。

筋肉ってじっとしてると
あっという間に落ちますね〜〜
しみじみ。

今回のことをふまえて、
家にいるにしても、
足を使うことを意識してやらないとなぁ
とかってひしひし思ったのでした。

自分でもよくわかりましたが、
先生も、同じことを思われていたようで、
この日はあえて何も言わなかったと、、悲。

でも、レッスンあと、バレエ友のお家によんでいただき、
なんともはじめて伺って、
夜の9時半までおしゃべりして、
食べて笑って、
楽しい時間を過ごせてそれがよかったなぁ、。
家に呼んでもらったのは
バレエ友ではこの日がはじめてだったし。

一気にさらに仲良くなれた気がしました。
piano lesson 39 音量の調整を、、。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:46 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


モシュコフスキーエチュード10番もショパンバラード4番も
音量をまずとりあえず、自分でここはこれくらい
とかって、1小節ずつ考えて練習&弾く。

ショパンの4ページ目、和音からはじまるところ、
和音だからそうなるのは
しょうがないけど、
一個一個ばらばらにガンガン弾いてるところを、
右手のメロディーラインが活きてくるように、
調節していく。

その練習をこれまた1小節ずつ、
最低10分は練習するようにとのこと。

先に譜読みを進めるより、
まずはそれ以前の部分の
細かく徹底した練習を、、と。

ショパンの曲によくありますが、
和音でありながら、
メローディラインを作っていくって
本当に技術的にも難しいなあ、、。

そこがショパンならではの
美しさなんだけれど。

練習時間についていろいろと先生と話しましたが、
やっぱり、どう考えても圧倒的にこういう大曲をやるにしては、
少ない、、。
本当に今のピアノ環境悪いなあ、、、。
練習したいのに、できないってねえ〜

あと、先日の先生の演奏会について、
自分なりの感想等ちゃんと
伝えられる時間がありよかったです。
だって、先生の努力はすごいもの。
そこは、ほんと尊敬の域ですもの。
だから、それが伝えられたことは有意義でした。

(渡した)花束がちゃんと飾られてて、
それもしっかり水換えしてくださってるのか、
まだまだ生き生きしていて、
ありがとうございます。という気持ち。
嬉しかったです。
ballet lesson 155 いろんな人がいるね。
   | バレエレッスンとか・・・ | 15:10 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
この日は、、まあ、それなりに。
直前に偶然の個人レッスンとかで教えてもらったこと、
あれだけ教えてもらったのに、
すっかり忘れてる自分が悲しかった。

ほんの1週間強あいただけで、
こ〜なるのは、
やはり、根底にはどうしても経験不足があるよなあって。

ポワントも調子よくなかったし、
この日特に注意されたことは、
四番ポジションの間をもっと横の幅を縮める。
これがうまくアンドォールできてない足には
ほんとにきつい。

この日は一番仲がよいお二方がいらしてたので、
この日とは別の曜日でちょいムカつく人がいて、
その愚痴を聞いてもらう。
話したらすっとしました。

あまりにも率直な人がいて、
私みたいにポテッとした体型の
こんな人がバレエするんだって思ったわよ、、とか、
心の中で何思うのも勝手だけど、
それをわざわざ言うかなあって、、思う。

私だってそういうなら、
その人によくそんなよぼよぼの歳で
やろうと思ったわね
って言えるところを言わないでいるんだし、
それが大人だって思うし。
しかも、あなたのそのスローペースに
毎回付き合ってるのよ〜って、、
それは、皆も感じてるとこなんだから、、、と。

それでも、みんなお互い様だから
なんとか折り合いつけてお互いいいレッスンにするべく
多少なりとも雰囲気作ろうってしているのにって。

まあ、いろんな人がいるね。
「ロシア国立モスクワクラシックバレエ」
   | バレエ公演、動画 など | 14:59 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


「ロシア国立モスクワクラシックバレエ」
のくるみ割り人形を観てきました。

クララのバージョンじゃなく、
海外のカンパニーらしく、
全部大人のマーシャバージョンだったけど、
それにしても、斬新な演出、振り付けで新鮮でした。

ここのカンパニーのダンサーは、
全体的にほんとに細いなぁって思いましたが、
ただ、主役の人が異常にに細くて、、
そりゃ、子どもの役だけど、
長いドレスの時はそうでもなかってけど、
チュチュは、、ね。

いくらバレエでも細ければ細いほど
いいってもんでもないなぁと。
なんだかどちらかというと、
ねずみの女王が主役な感じ
の印象も受けました。笑

​吉田むつきさんっていう
日本人の方が中国の踊りを踊られてました。
彼女が出てくると、
前の方々が双眼鏡を取り出すので、
彼女目当てだったんだぁとか、、 。
あとで調べてみようでした。

スペインの踊りで、
滑って転んだ方がいらしたのですが、
その起き上がりの早いこと。
そこに見とれました。笑
さすが転んでもプロだなぁって。笑

ポワントよりハイヒール、
フラメンコなんかの靴って
逆にバレエダンサーにとっては、
難しいのかなあとかって
ちょっと勝手に思ったりしました。

まぁ、クリスマスのシーズンですから、
華やかな気分を楽しめました。
結局どんなクラシックバレエでも好きですもん。

お高いバレエマトリョーシカが売られてました。
<<  2/139P  >>