Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
piano lesson. 29 思ったよりめちゃ時間がかかりそうっ〜
   | ピアノ/お稽古+関連* | 15:19 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ショパンのノクターン13番。
当初自分が考えていたよりも
はるかに時間がかかりそうです。

ポロネーズまでの間のウォーミングアップに、、、なんて
当初は思っていましたが、、。

そして、雨だれ位のスピードで終わるかと
予想していたのですが、、。
そして、今年中に終わって、
新年はポロネーズから、、、と勝手に思っていましたが。

結局全然前に進みませんので、
春くらいまでやってそうです。
だって、今日はレッスンでも
1小節ずつといった速度ですから。
こんなことははじめてです。笑

タイにするところを、見逃していて、
指番号を2で弾いていましたが、
タイにするためには、3の指であらかじめ
弾いておかないと、そうできなくて
それの修正とか、 小指の音が聞こえないとか
そんなこんなで、
でも、1小節1小節、ゆっくり先生に確認して
もらえましたので、ありがたいです。

Mark Salmanさんの動画もそうですが、
レントとなっている部分ですが、
柔らかい感じはしてはいても、
基本的にきちっきちっと楽譜通りに弾かれていて、
もう計算し尽くされている、、と。
そういう風に参考にしながら 弾くこと、、、と。
その部分はそう弾かないといけないようです。
変に抑揚とかつけないで。

まあ、でも、いい曲なので、
ゆっくり年をまたいで練習しよう、、です。
ほんと、この曲ってきちんと練習しないと
いつまでたっても弾けない、、、。(何が言いたいんだか、、っですが)

それから、パデレフスキ版を使っていますが、
なんだか指番号もなく、ちょっと不親切ですね〜
と他の楽譜を見て、できない部分の指番号を
鉛筆ではじめてふりました。
piano lesson. 29 そんな甘いもんじゃないですよ!笑
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:18 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ピアノはどうですか?
と先生に聞かれて、

最初の1週間は練習できたんですが、
あとの1週間が、、。
もう月日の経つのが早すぎて、気が付いたら、
(レッスンの)今日でした、、。
と苦しい言い訳。

もう、1週間ぶりにやってみたら、
全然弾けませんでしたし、
当初の目標の最後まで譜読みをする、、も
できませんでした、、と。
言い訳三昧ではじまったレッスンでしたが、、。

ショパン、モシュコフスキーとも、
高校三年生くらいの
バリバリ毎日二、三時間練習するような子達と
同じ曲をやっているんですから、
1週間前のことなんて
覚えているわけもなく、忘れてて当然ですよと。

ピアノはそんなに甘いもんじゃないですよ〜笑
と。
でもまあ、そうはいっても、
なるべく気楽にやりましょうよ、、と。
気持ちよく練習する術を見つけるとか、
練習する仕方ですよね、、要するに、、と。

やはり、モシュコフスキーもショパンも
片手練習が足りなさすぎる、、と。

ショパンノクターン13番をやってますが、
先生と片手ずつかなり早いスピードで的確に
楽譜通りに何度も練習しました。

そして、そのあと、
ゆっくりノクターンらしく両手でやってみました。

よくなってる、、。すごくいい、、。
と言ってもらえ、
最後はなんとかよい感じで
レッスンを終えられました。

ともかく、やっぱり毎回毎回言われていることには
片手ずつ練習かな、、。
自分では十分やっているつもりだけど、
全然足りてないんだなあ〜。

片手ずつやらないと、メロディーを歌うようには
弾けない、、。永遠に、、、と、、。

モシュコフスキーにしても、1段ずつとか
そんな練習をやってみてください、、、と
強くアドバイスしていただきました。

 
自動演奏のピアノ
   | ピアノ/お稽古+関連* | 10:00 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

伊豆オルゴール館(にも行きました)の中に、ピアノがありました。
1900年頃には、すでにロール紙に穴をあけたものを使っての
自動演奏ピアノが存在していたことに驚きました!!
piano lesson. 28 流れるようにが難しいな・・・
   | ピアノ/お稽古+関連* | 18:24 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
もう、そろそろ
演奏するとはどういうことか、
考えて弾く時期ですね〜〜と。

モシュコフスキー8番
バッハのように。
流れるように。歌うように。
流れるようにと早く弾くは違う。

ついつい慌てて、早くなるため、
先生の掛け声と歌声とともに
流れる、、をつかむため、
左手だけを数回練習しましたが、
いまいち、流れるようにが、
把握できませんでした。

ノクターン13番。
やはり、アルペジオで弾くところ、
とりあえず今の段階でも暗譜しないと、
楽譜を見ていたら、間に合わないなあと。
自分で思いました。

先生にも見ていただいた、先日投稿したYouTubeの動画。
大きい男の人で大きい手の人で、
こんな人がやっぱりショパンを
ゆったり弾くんですよね〜って。

ほんと、必死でアルペジオにして、
弾くのとは大違いですよね〜笑

最後までまだ譜読みできてないので、
とりあえずは、次回まで最後までできるように。

あと、これはノクターンだということを忘れないで
弾くように言われました。

それから、毎回ショパンの曲で言われますが、
左手は抑えて右手のメロディーを
活かせるように。
ほんと、いつも左手が大きな音になってしまう。
スタッカートでついつい叩きつけるように弾いてしまう。
左手弱く弱くで、、、。

2ページ目まで先生と一緒に
p〜fまでどこをどうやるかを
再確認。

子供のときのマンガ、スポ根マンガ等について
先生と盛り上がりました。
今はそういうのほんっと流行らないみたいだし、
頑張れとか、、ほんと生徒にも言われない、、とおっしゃってました。
先生がピアノを習っていた頃とは、
ピアノ練習だけとっても、
ほんっと時代も変わったものですね〜って
なんて話をしました。

昔は練習しかない。
何時間でも時間をかけただけ
うまくなる、、と言われたものですが、、
とおっしゃってました。
ノクターン13番 Mark Salman
   | ピアノ/お稽古+関連* | 18:28 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


今年あと二ヶ月〜くらいでもう1曲何か曲を
完成したいなあ、と
ノクターン13番を選びましたが、

こんな風に弾きたいなあって。

何度も動画見ました。
Markさん、アメリカではレッスン等もされているようで、
私もアメリカまで行って、
レッスン受けたいくらいです。笑
piano lesson 27. それは、老化現象ですよっ
   | ピアノ/お稽古+関連* | 15:02 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
楽譜を見て、それから、指先まで伝わる
神経伝達が遅くなった気がします、、。
それって、別に中学生の頃と比べている訳ではなく、
ピアノ教室に通いはじめた頃、
一年位前の事と比べてなんですが、、。
と先生に訴えたら、

それは、老化現象ですね〜〜と。
私なんて、1年どころか、
1ヶ月前と比べても違いますよ、、と。

先生でもそうなんですから、
しょうがないですね〜〜と。 汗

そういうことも含め、
認識しながらのピアノライフかなぁ、、今後は、、。
と思い、ちょっと悲しくなりました。

それは、老化現象ですね、、と以前にも
何かの拍子で言われましたが、
毎年新しい老化現象が出現してきて、
今後も言われ続けるんだろうなあ、、。

ノクターン13番。
⚪︎⚪︎さん、やっぱり和音が好きですよね〜〜と。笑
先生はこの曲を弾かれたことはないそうです。

そうですね〜
ワルツとかも挑戦してみたいですが、
三拍子が苦手で〜なんて話をしたり、
今更ですが、子犬のワルツとかも
やってみようかなぁなんて一瞬思いましたが、

早い曲とか、指をたくさん使う曲は、
一度弾けるようになっても、
早々に弾けなくなるかなぁ、、
なんてチラッと頭をよぎったり、、。
何しろ、老化現象が進んでるのを発見しましたし。
でも、ノクターン13番、英雄ポロネーズ、バラード4番が出来たら、
ワルツやってみたいなぁ、、
っていつのことやら、、ですが。
書くのは勝手ですし。笑

和音で手が届かないところは、(あまりに広すぎ〜っ)
アルペジオで弾かないといけないけれど、
それに苦戦しております。
ゆっくり弾いていたら間に合わないので、
トルコ行進曲のごとくやってくださいと。
勢いでタラリーンと、、。

そして、左右の音の最後はきちんと合わ
せること。はじまりにきちっと合わせて
ペダルを踏むこと。
あとは、指番号のチェック。
変な指使いしているようでした。

モシュコフスキーやっと7番終わりました。
長かった〜
出来ないのにマンネリ化してたし、
出来ないことに慣れすぎていて、
半分諦めてたりして、、 。

次回はやっと新しい曲だし、
新しい気持ちで譜読みしよっ。

先生の前で弾くって、誰でも神経使うだろうし、
緊張もするし、疲れもするだろうけど、
なんか、今日はどういう訳かまったく緊張せずに
弾けたのが自分なりに本当によかったです。
piano lesson 26. やっぱりショパンはタメが大事。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 20:20 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
7月中頃でストップしていたレッスン、
やっと行ってきました。
8月はイギリスだったし、
9月は思いの外、体調がすぐれず、
時差ぼけ、持病に加え、プラス風邪をひくとか、、
ピアノの練習どころではありませんでした。

やっぱり、体調万全の時にしか、 ピアノの練習はできませんね。

さてさて、2ヶ月ぶりに行ったレッスン。
もう、ピアノを弾かない生活が習慣になってましたので、
おそるおそるでしたが、
やっぱり先生大好き。
先生とのレッスンは最高でした。

予定していた、ポロネーズは全然練習してなく
ポロネーズどころか、
約2ヶ月間ピアノをしてなかったら、
指がちゃんと動かなくなっており、
ポロネーズはちょっと難易度が高すぎるため、
その前に ちょっと自分なりに
ウォーミングアップ的な意味も込めて、
ノクターン13番を2ページだけ練習して
持って行きました。

この重々しい曲を選択したことですが、
私らしい選択ですね、、と先生に言われました。

ですが、 まあ、もともと器用なんでしょうが、
片手で練習してないのが、
よ〜くわかる演奏、仕上がりですね、、と。

やっぱり先生は何でもお見通し。
ばれたか〜です。笑
時間がなく、最初から両手で
さらっと弾いただけで持って行きました。

右のアクセントのところが
左手が入るところと同じになってる。
ノクターンは右手のメロディーが
歌うように 弾かないといけないのに、

最初から両手練習だったら、
左手につられて、 右手が歌うように
なめらかに演奏できてない、、という指摘を。

あとは、やりにくい指番号のことを話したんですが、
先生はやはりこの楽譜通りになりますけどね、、とのこと。
もう一度楽譜をみて、片手練習。
そして、指番号通りにやりなおしかな。

モシュコフスキーも練習してなかったから、
ほとんどあと3小節くらいで上がりだったのに、
また、70%くらいの出来から、リスタートです。

でも、気候がよくなってきて、
レッスンも行って、
ようやくピアノやる気になってきました。💧

​前にも指摘されましたが、
両手で練習して、最後にメロディアスにする、、
という方法を私は取りがちみたいだけど、
効率が悪いから、最初、片手練習の時間を最大限とって、
そこで、歌うように弾く練習をして下さいと。
前にも歌いながら、
先生の前でやりましたが、
本日も歌いながらの特訓でした。笑

あとは、流れが切れているところがあるので、
切れないように、、ショパンですから〜と。

あと、ためて弾くところのチェック。
ショパンはやはりタメが大事ですよね、、。

そんなこんなのやる気になれたレッスンなのでした。
イギリスで見たピアノ。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 09:46 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

到着時にヒースロー空港で見たピアノ。第3ターミナルで。


テナメントハウスの部屋にあったアップライトのピアノ。
19世紀の終わりに建てられた
ヴィクトリア王朝式のアパート。
50年にわたり生活した
アグネスさんのお家に行きました。 (グラスゴー)
この時代、ピアノを弾くには、
ロウソクが必須だったのだなぁといつも思います。
前面は布でできていたので、
音がアップライトの割にはよく響くだろうなぁ〜と
想像してました。


今回の旅行のメイン=インバレリー城に
飾ってあったピアノ
連弾をするってことがピアノの楽しみだったのかしら〜?
>なんで、二脚置いてあるのか、
係りの人に聞けばよかったなあ。


帰る時に見たヒースローのピアノ。
行きに見た別のピアノにはロープがはられてましたが、
この時には、ロープが張られてなかったので、
ポロンポロンとちょっと鳴らしてみました。

今回(イギリス)滞在時もピアノが弾けるところに
行ったにもかかわらず、
どこでも >まったく弾きませんでしたが、
だ〜が弾いている姿を見て、
思ったのは、駅のピアノは鳴らない音があったり、
音もバラバラだけど、

ヒースローのピアノは音もクリアーできれい
調律もちゃんとなされているなあ、、
と驚きました。

今回もヒースローで、
PLAY MEのアップライトをたくさん見ました。
子供さんがたくさん弾いていたので、
私はまた弾けませんでした。笑

今回は椅子もちゃんとあったので、
物理的には弾けそうだったのですが、、。

でも、だ〜は、 ちょっとした1ページくらいの簡単な曲が弾けるので、
やっぱりいいなあって
私はピアノ再開してから、大曲しかやってないので、
ちょっとどこでもすぐにという感じに、
気軽には弾けない、、。
あらかじめある程度、常に練習してないと弾けない曲ばかりで、、。
とか、思ってました。

まあ、いつも言い訳ばかりです。
度胸がないだけですよね。💧

あと、写真を撮るのを忘れましたが、
到着ロビーには、自動演奏のグランドピアノがありました。
piano lesson 25. 1年ぐらいかかりますよ〜っ
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:55 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

1ヶ月ぶりのレッスンになりました。
いやあ、道中暑すぎました。
着いてすぐじゃあ、弾けない、、と思い、

とりあえず休憩が必要だと思ったので、
早めに着くようにして、
座って休憩中、
前の方のレッスンを見てましたが、
この数ヶ月いつも同じ方なので、
よくわかるのですが、
上手になられているなあ、、と
それがわかって、
私自身もとても刺激を受けました。

飛翔を練習し始めて、
指の力がかなりついたように
思ってますが、

それでも、モシュコフスキー時、
まだ、指じゃなくて、
腕、手首を使おうとしていると、、
指をもっと使ってください、、と
基本部分を指摘してもらいました。

飛翔は一応終わりました。
でも、自分なりには、
とっても不出来だったので、
もう一度次回見てもらうことに。
それで最後かな〜。
この曲は最初から、かなり苦手部分の連続だったので、
一応なんとか形になり、
終わったことが感慨深いです。

しかし、この曲はその日の体調がもろに
出る曲ですね〜。
だいたい、今日は指がなぜか
まったくうまく動きませんでした。

モシュコフスキー7番
まだ、終わりません。滝汗
間違うところは相変わらず決まってて、
そこの4小節が全然なおってない。
なおってないということは、
きちんと部分練習まったくできてない
ということだから、、と
おまけでオッケーとかはなしでした、、。泣

英雄ポロネーズ、
とりあえず、4ページまで、
譜読みしたので、
先生の前で両手で弾いてみるものの、

最初の3小節で、もうストップ。笑
そして、その部分がダメダメだから、
リズムも音も指使いも。
それで、出だしを先生と何度も一緒にやりました。
ありがたい、、、。

「いやぁ〜この曲は、一年ぐらいかかりますよ。
覚悟して下さいよ〜」
「片手だけでも一年かけてもよいくらいです」
「ただ弾くだけなら、いいけど、
ちゃんと弾くつもりなら、
まずは、もう一度片手ずつでやってください」
「片手暗譜するぐらいの気持ちで」と。

家で譜読みするのに、
(一カ月半レッスン行けないので)
ちょっと弾き方がわからないところがあり、
3ページ目のことを先生聞こうとしたら、

「いや、、、一カ月半ですよね」
「そこまで進めなくてもよいです」
「1、2ページだけ、まず 片手ずつでやって下さい」
とのこと。
そっかぁ。

先生も、両手でなんて、、
長い間弾かせてもらえなかったそうです。
一年かあ。
ポロネーズで一年なら、
バラードとかスケルツォなら、
やはり、2年単位ですね。

「ともかく、右手左手別々で
かな〜〜り練習することによって、
この曲に関しては、
かなり、出来上がりが左右される。
違ってきますから、、」と。
先生のお言葉でした。

 

Fazioli 聴いてきました。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 08:47 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


豊洲シビックセンターホール
(江東区豊洲2-2-18/固定席300席)に、
最新のFazioli コンサートグランド、モデルF278が導入されることが決まった。

イタリア本社工場にてピアノを選定し、ホールのオープンに向け準備する。

「Fazioliは創設30年余りのピアノなので、まだ都内に設置ホールはありませんでした。

さらに、このホールはデザイン的にもユニーク。
舞台壁面はガラス張りで、聴衆はコンサート中に
東京湾とレインボーブリッジが背景に美しくそびえる舞台を
観賞することも可能となる。


とありました。


教室の発表会見てきましたが、
Fazioliを弾いてきました、、と
タイトルに書けなかったところが
ちょっと残念かなあ〜っ苦笑

素敵な空間で、堂々と自分のピアノが
弾ける皆さんがすごいと思いました。
最後に先生の演奏が聴けたのが
貴重だったし、一番嬉しかったです。

でも、私の子供の頃と比べて、
一般の5歳の子供が
こんなピアノ弾けるなんて、
恵まれてるなぁ〜
ってしみじみ思いました。

何しろ、低音の響きが素晴らしかったし、
まだ、会場全体が新しくて、
木の匂いが残ってて、いい香りでした。
そして、後ろがガラス張りなので、
時間によって景色の色が変わり、
なんともいえない、いい雰囲気。
なかなか予約取れないほど、人気なのがわかりますし、
これが公共の機関というところがまたいいですね。
 
<<  2/23P  >>