Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
piano lesson. 32 まだ全然です。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 13:12 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ショパンノクターン13番ですが、
まだあたふたしております。
一向に流れがある弾き方まで全然到達しない。
もう、今だにアップアップしながら弾いてる状態なので、、

なので、先生にもアドバイスをいただいて、
出来ている、他のところはやらない。
できないところのページのまず、
二段ずつ出来るまでやる。
それを繰り返す、、。
それで進めることになりました、、

それで、先生が、
やはり、弾ける曲を弾きたいですよね〜って、、。
そして、難しい曲ばかり選んできますよね〜って言われて、、汗

この曲を諦める選択肢も
もちろんありましたが、
やはり、一度やろうと思って、
(そんなに時間がかかるとは夢にも思ってませんでしたが)
選んだのだし、諦めないでやることにしました。

で、二段ずつ見てもらうことにして、
それだったら、モシュコフスキーと
あと、もう一曲何か、
全体を見てもらえる曲をやろうかなぁ、 とか。

こう長くやってると、
たとえ全然弾けなくても、曲に飽きてくるんですよね、、。

リフレッシュ、気晴らしとして、
もう一曲見てもらうとしてら、
何にしようかなぁ、、。
あまり難しくなく、
負担にならない程度のもので、、
そして、やはり、ショパンで、、かな。
piano lesson. 31 今年最初のレッスンでした。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:43 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
昨年末にレッスンに行ってから、
年も明けて、もはや1ヶ月過ぎましたが、
約一ヶ月ぶりにレッスンに行きました。

一ヶ月ぶりでしたので、
10分ほど、世間話をしてから
レッスン開始、、。

ショパン、ノクターン13番。
やっと最後までなんとかたどり着けました。
もうボロボロで、楽譜を変えたせいもあって、
自分がどこを弾いているかも
わからなくなり、
なんか途中とてもみじめにもなりましたが、

先生にも最後まで弾けたことがやはりとてもよかった、、と。

この曲もショパン特有の?
和音を弾きながら、小指でメロディーを弾くという
弾きにくい曲で、、

どうしても親指の音が大きくなってしまい、
なんども先生と一緒にコツをつかむべく
一緒に弾いてみましたが、
いまいちうまくいかない、、。

なので、当たり前ですが、
できるまで練習するしかない感じです。

和音の音が大きすぎると、
小指のメロディーが
聞こえてこないので、
なんとかほんと、
うまくメロディーが繋がるように
弾けるようになれば、いいんですが、、。

先生もショパンってこの手の感じが
本当に好きですよね、、と。
リストならこうじゃなく、
和音で全部バーンって感じなのに、、、と。
ショパンは、こういうのが
得意だったんだろうねえ〜って、、。笑

この曲、ほんとは気持ち的には、
1月くらいまでで終わる予定だったのに、
先生に、この曲1年くらいかかりそうですね、、と
だって、難しいですもん、、と
言われ、、、
そ、、、、そんなに〜!?と、。
もちろん、この曲も好きで自分が選んだんだけれど、
1年も同じ曲は今までやったことがないので、
耐えられるかしらん、、、と。笑
微妙に心配、、。

1年ではなく、絶対半年で終わらせたい、、。本音。

モシュコフスキーは、まずまずの出だし。
次回にはあがるかなあ〜

 
ショパンに携われることが本当に幸せ。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 12:48 | comments(2) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
今年も偉大な大作曲家である
ショパンの曲に携われることができて、
本当に幸せだったなあ、、と。
1曲にかける時間が本当に長いので、
曲数はまったくもってなかなか増えませんが、
(なので厳選して曲を選んでいるのですが)
何度、何十回、何百回弾いても
ショパンの曲に関しては、
飽きないところがありがたい。
これが例えば、ベートーベンの曲だったら、
飽きてくるんですが、、。

ショパンの世界に多少なりとも関われたこと、
共有できることが幸せであると
今年も思いましたが、

でも、アマチュアであっても、
過去の偉大な大作曲家の作品を演奏するにあたっては、
常に真摯でいて、
そして、永遠の追求、努力、責任が必要だなあって〜〜
あらためて思います。

来年は、部分練習、片手練習を
圧倒的時間をかけてやりたいなあって。

今までも先生にそういう練習をして下さいと
言われてましたが、
全然できてなかったというか、
気が進まなくて、やってなかったので。汗

このところ、片手の練習を両手の前にやると、
進歩が早くなることに、今更ながら気がついたので、
やっぱり、片手練習を十分やることが
一番のショートカットだなあって
しみじみ感じています。

来年も健康にはさらに気をつけて、
趣味の世界でも没頭、邁進できますように、、と。
piano lesson. 30 今年最後のレッスンでした。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 08:59 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

レッスンの帰りに見た月が綺麗でした。

今年最後のレッスンが終わりました。
めずらしく夜に行ったので、
見慣れた風景も違って見えて、
また、先生のお部屋のクリスマスの飾りも
なお一層、ロマンティックでした。

今週は、モシュコフスキーばかり練習したので、
8番あがりで嬉しかったです。
ですが、ノクターンはほとんど練習できなかったので、
また最初の二ページをとりあえず見てもらいました。

16分音符が走るので、
あえて、ゆっくりに弾くと意識すると、
雰囲気がよくなる、、と。

先生が見本を弾いて下さり、
そして、何回も先生の掛け声に合わせて、
一緒に練習してみました。

先生の見本は本当にありがたいし、
嬉しい時間です。

「らららクラシック」、、で、
幻想即興曲がショパンの曲で
リクエストNo.1だと放送されてた話をしたら、
はじめてクラシックピアノ曲がTVCMで流れたのが、
中村紘子さんのこの曲だったことを
先生に教えてもらいました。

私の前にレッスンに来ていた、
保育園児の子が、
たぶん、ノロで吐いちゃって、
先生もあたふた、消毒やら、清掃に翻弄されてました。
先生という職業も、ほんと、たくさんの人に接する、
たくさんの人が家にやって来るので、
大変だなぁ、、としみじみでした。

でも、保育園行ったあと、体調悪かったと思うのに、
ピアノのレッスンにも、、と
思うと、ちっちゃいのにえらいなあ、、、と。

今年は特にダラダラ〜とやってましたので、
来年はやはり、部分練習や
片手練習をしっかりやって
スピードアップを目指したいです。

今年は思いの外、病気が発覚&通院したり、
一年を通して、免疫が非常に低い状態なので、
他の病気にもかかりやすく、
今までの人生で一番体調が悪かった
&ピアノも思ったほど進みませんでした。

合格をもらえたのは、わずかにショパンノクターン遺作20番、
シューマン飛翔
モシュコフスキー7、8番だけ。

でも、通常中高生が弾くような!?
飛翔が、この歳でもまだ弾けたことは、
まだまだ今後も進歩できるかも、、
と自分なりに大きな自信にもなりました。




ピアノの方では、特にたくさんの方々と
今年も共有できたこと、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
「フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか」
   | ピアノ/お稽古+関連* | 08:37 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

iPhoneImage.png

この本、図書館で借りて読んだのですが、
本当によかったです。

天才ピアニストのリストはハンサムで背も高く、
女性にモテモテだったことは
なんとなく知ってましたが、

でも、同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、
彼の人生をとても興味深く読みました。

ピアニストとしては早々と36歳で引退したこと。
ヨーロッパ中で8年で1000回のコンサートを
行うような気力体力溢れる人だったこと。
(しかもその収益はすべて寄付とか
そういうことをされていたそう)
生涯にわたって勢力的に生きたこと。
ショパンとの関わり、エラール(のピアノ)との関わり、

長生きした彼の晩年の人生や子供たちのこと。
子供の一人はワーグナーと結婚したこと。
彼らとの確執。

それにしても、リストって本当に慈悲深く、
いい人だったんですね〜って。
そのハンサム具合からそういう人だとは
なかなか想像できなかったですが。笑

レッスンは誰でもオッケ〜。
来るものは拒まず。
しかも無料だったそうです。
私も受けたい!!!っ笑

彼が生きたパリ、
今年最初にショパンの家々を見てきたので、
同じ界隈で暮らした場所がなんとなく想像できて、
より臨場感を持って読めましたが、
基本的に彼は根無し草、ヨーロッパ人としてのリスト、
孤独でもあったことを知りました。

ともかく彼の人生が知れて、ピアノの歴史、
また、当時の情勢や社会、
ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
piano lesson. 29 思ったよりめちゃ時間がかかりそうっ〜
   | ピアノ/お稽古+関連* | 15:19 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ショパンのノクターン13番。
当初自分が考えていたよりも
はるかに時間がかかりそうです。

ポロネーズまでの間のウォーミングアップに、、、なんて
当初は思っていましたが、、。

そして、雨だれ位のスピードで終わるかと
予想していたのですが、、。
そして、今年中に終わって、
新年はポロネーズから、、、と勝手に思っていましたが。

結局全然前に進みませんので、
春くらいまでやってそうです。
だって、今日はレッスンでも
1小節ずつといった速度ですから。
こんなことははじめてです。笑

タイにするところを、見逃していて、
指番号を2で弾いていましたが、
タイにするためには、3の指であらかじめ
弾いておかないと、そうできなくて
それの修正とか、 小指の音が聞こえないとか
そんなこんなで、
でも、1小節1小節、ゆっくり先生に確認して
もらえましたので、ありがたいです。

Mark Salmanさんの動画もそうですが、
レントとなっている部分ですが、
柔らかい感じはしてはいても、
基本的にきちっきちっと楽譜通りに弾かれていて、
もう計算し尽くされている、、と。
そういう風に参考にしながら 弾くこと、、、と。
その部分はそう弾かないといけないようです。
変に抑揚とかつけないで。

まあ、でも、いい曲なので、
ゆっくり年をまたいで練習しよう、、です。
ほんと、この曲ってきちんと練習しないと
いつまでたっても弾けない、、、。(何が言いたいんだか、、っですが)

それから、パデレフスキ版を使っていますが、
なんだか指番号もなく、ちょっと不親切ですね〜
と他の楽譜を見て、できない部分の指番号を
鉛筆ではじめてふりました。
piano lesson. 29 そんな甘いもんじゃないですよ!笑
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:18 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ピアノはどうですか?
と先生に聞かれて、

最初の1週間は練習できたんですが、
あとの1週間が、、。
もう月日の経つのが早すぎて、気が付いたら、
(レッスンの)今日でした、、。
と苦しい言い訳。

もう、1週間ぶりにやってみたら、
全然弾けませんでしたし、
当初の目標の最後まで譜読みをする、、も
できませんでした、、と。
言い訳三昧ではじまったレッスンでしたが、、。

ショパン、モシュコフスキーとも、
高校三年生くらいの
バリバリ毎日二、三時間練習するような子達と
同じ曲をやっているんですから、
1週間前のことなんて
覚えているわけもなく、忘れてて当然ですよと。

ピアノはそんなに甘いもんじゃないですよ〜笑
と。
でもまあ、そうはいっても、
なるべく気楽にやりましょうよ、、と。
気持ちよく練習する術を見つけるとか、
練習する仕方ですよね、、要するに、、と。

やはり、モシュコフスキーもショパンも
片手練習が足りなさすぎる、、と。

ショパンノクターン13番をやってますが、
先生と片手ずつかなり早いスピードで的確に
楽譜通りに何度も練習しました。

そして、そのあと、
ゆっくりノクターンらしく両手でやってみました。

よくなってる、、。すごくいい、、。
と言ってもらえ、
最後はなんとかよい感じで
レッスンを終えられました。

ともかく、やっぱり毎回毎回言われていることには
片手ずつ練習かな、、。
自分では十分やっているつもりだけど、
全然足りてないんだなあ〜。

片手ずつやらないと、メロディーを歌うようには
弾けない、、。永遠に、、、と、、。

モシュコフスキーにしても、1段ずつとか
そんな練習をやってみてください、、、と
強くアドバイスしていただきました。

 
自動演奏のピアノ
   | ピアノ/お稽古+関連* | 10:00 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

伊豆オルゴール館(にも行きました)の中に、ピアノがありました。
1900年頃には、すでにロール紙に穴をあけたものを使っての
自動演奏ピアノが存在していたことに驚きました!!
piano lesson. 28 流れるようにが難しいな・・・
   | ピアノ/お稽古+関連* | 18:24 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
もう、そろそろ
演奏するとはどういうことか、
考えて弾く時期ですね〜〜と。

モシュコフスキー8番
バッハのように。
流れるように。歌うように。
流れるようにと早く弾くは違う。

ついつい慌てて、早くなるため、
先生の掛け声と歌声とともに
流れる、、をつかむため、
左手だけを数回練習しましたが、
いまいち、流れるようにが、
把握できませんでした。

ノクターン13番。
やはり、アルペジオで弾くところ、
とりあえず今の段階でも暗譜しないと、
楽譜を見ていたら、間に合わないなあと。
自分で思いました。

先生にも見ていただいた、先日投稿したYouTubeの動画。
大きい男の人で大きい手の人で、
こんな人がやっぱりショパンを
ゆったり弾くんですよね〜って。

ほんと、必死でアルペジオにして、
弾くのとは大違いですよね〜笑

最後までまだ譜読みできてないので、
とりあえずは、次回まで最後までできるように。

あと、これはノクターンだということを忘れないで
弾くように言われました。

それから、毎回ショパンの曲で言われますが、
左手は抑えて右手のメロディーを
活かせるように。
ほんと、いつも左手が大きな音になってしまう。
スタッカートでついつい叩きつけるように弾いてしまう。
左手弱く弱くで、、、。

2ページ目まで先生と一緒に
p〜fまでどこをどうやるかを
再確認。

子供のときのマンガ、スポ根マンガ等について
先生と盛り上がりました。
今はそういうのほんっと流行らないみたいだし、
頑張れとか、、ほんと生徒にも言われない、、とおっしゃってました。
先生がピアノを習っていた頃とは、
ピアノ練習だけとっても、
ほんっと時代も変わったものですね〜って
なんて話をしました。

昔は練習しかない。
何時間でも時間をかけただけ
うまくなる、、と言われたものですが、、
とおっしゃってました。
ノクターン13番 Mark Salman
   | ピアノ/お稽古+関連* | 18:28 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


今年あと二ヶ月〜くらいでもう1曲何か曲を
完成したいなあ、と
ノクターン13番を選びましたが、

こんな風に弾きたいなあって。

何度も動画見ました。
Markさん、アメリカではレッスン等もされているようで、
私もアメリカまで行って、
レッスン受けたいくらいです。笑
<<  2/23P  >>