Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
ballet lesson. 71 自己満足と首。
   | バレエレッスンとか・・・ | 15:36 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


本日のレッスン最後のアドバイスは、
自己満足バレエから
魅せるバレエを
多少なりとも意識して、、、と。

自己満足バレエほど
見ていてつまらないものはないと、、。汗

ピルエット、やはり、手首、腕に力が入ってるから、、
やはり、そういう時はできないもんですね。
出来る時はサラッとできるもんだし。

センターでのアダージョ、
アンオー>もっと開く。
そうでないと顔に腕がかぶさって
顔が見えない。

あとは、スキップの動きの
腕、手だけの動きをやってもらったり、、。
だって私はいつでも硬すぎるんですよね。

あと、鎖骨あたりから、
首、頭をもっと伸ばす。
なぜか、縮こまってる、、 。

やはり、長年そんな首を伸ばす
なんてことは意識してしないだろうから、
筋肉が固まってるんでしょうね〜と、、。泣

股関節を柔らかくするのと
同時にこのあたりを柔らかくする
が今年の目標かなぁ。

そうすることで、ポワントは
もっと立ちやすくなる
と言われました。

ポワントを履くようになって、
コツ、気をつけるべきポイントが
バレエシューズだけでより、
自分なりに明確になって来たように思います。
ballet lesson. 70 はじめて×2
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:12 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


ポワント>「片足パッセで立つ」
を初めてやってみる。

片足で立つには
何より一番必要なのは思い切り。
最初の私みたく、恐々やってたら、
いつまでたっても立てない。

最初は転ばないように、
手を握ってもらってやって
まずはコツをつかみました。

支えてくれてた、お友達の方、
ありがとうございました。

それから、はじめてピケターンを
ポワントで回る練習を、、 。
回るってこんな感覚なんだぁと実感。
クルっと乗った感覚は、
バレエシューズや
また、日常では味わえない感覚でした。

最初は怖くて、パドブレになりがちだったけど、
最後は一周くるっと回れて大感激。

それから、ドゥミポワントが
うまくできるように
シューズをもっと柔らかくしておくことと
アドバイス。

バーレッスン>二番の手。
アンオー、アンナバン共、
脇がしまりすぎておかしい。
テニスボール!?が入るくらいに。

後ろに反るストレッチの時、
一番曲がってない、
一番硬い〜
もっと反る努力して〜と。 汗

あとは、パドブレが入ったセンターでの
踊りの動きをみんなでやって、
しかも、ポワントではじめてやって、
楽しかったなぁ。
(私は今までバレエシューズでやっていたので)

センター>シャッセの時、
手を広げる動き、もっと柔らかく。
それじゃ、ロボットだよ〜と。汗
すぐロボットになってしまう、、。

アッサンブレのジャンプ、
助走ステップも一つ入れて、
もっと勢いでもって
ここが見せ場と思い飛ぶ。
前足は曲げない。
それから、最後の時、
必ず足先が上を向いてしまっている。
必ず下向きに。

ともかく、ポワントで回転、
片足パッセをやらせてもらえて大満足でした。
時間は何分だったか、
こんなに長い時間まず履いたたのも
はじめての経験でした。
ballet lesson. 69 妖精なんて>腕は猿、足は象ですから。
   | バレエレッスンとか・・・ | 15:29 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
私はこんな風に踊りたいとか、
子どもが表現できないことを
やってみる、、とか、
バレエが好きって気持ちを
優雅さでもって柔らかく踊るとか、
そういうことが大切で、

技術は伴わなくても、そのためには
「私を見て〜」位ずうずうしくなることも
バレエには必要。

難しいことができなくても、
立った姿がバレエらしくて
綺麗とかそんなところを目指すように、、
との先生のお言葉。

ピルエットにかぎらず、
手首が曲がってる。
手首に力が入ってる。
ささっと力なしに、横に手を一瞬広げて、
すぐにアンナバンにする、、。

あと、イレギュラーな練習をやりました。
歩き方の練習。
つま先で上半身を固定して歩く。
たかが、歩くだけなのに
ほんと難しい。

先生は立ち振る舞い
本当に美しいのよね〜。
それこそ、立つだけ、
歩くだけでも、 バレエで、、、。

上記の延長で、
先生に妖精の踊りなのに、
もっと軽やかに、、
なんて重々しいの、、、
人間すぎる〜

もっと足をつく面積を少なくして〜
なんて言われましたが、
妖精なんてまだまだ程遠いです。笑

何しろ私は腕は猿、足は象の動きにしか
なってませんから、、。

アティテュード、何度も今日はやりました。
シャッセも何度も。
ちゃんとやると、どれもこれもほんとに大変ですね、、
あらためて今日思いました。

ここしばらくは、だからちゃんと
やってなかったんだろうと思います。
楽をしてたんでしょうね、、。
ballet lesson. 68 体が動くとさらに楽しいっ
   | バレエレッスンとか・・・ | 15:55 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


昼ご飯を食べてレッスンに行ったのに、
レッスン終わって、
あまりにもお腹がすいて、
すき焼き定食なんぞを食べてしまう、、、。
皆さんに驚かれてしまった、、。笑

ピルエット>センターで左回りを
すっかり忘れてしまう。
アンドゥダンと混同してしまう。

でも、この日は朝起きたときから、
体調がよかったので、
バレエもそれなりに自分比では、
よくできたと思う。

ポワントもセンターで、
バレエシューズでやっている
簡単なパドブレの入った動きを
はじめてやってみる。
「やってみますか?」と先生に言われて、
せっかく体調よいのに、
やらないともったいない気持ちでやりました。笑

まあ、動きはダメダメだけど、
最後までとりあえず降りないで、やれたことが
素晴らしい、、と苦肉の褒めことばがありました。笑

でも、1年経って、少し動けるようになって、
そして、体が自分比でよく動く日は、
本当にさらに楽しいと思えるバレエ。
そして、やはりポワントレッスンは嬉しい。

バーレッスンでは、上に伸ばす腕も
とにかくアンオーを意識して。
でないと、私の場合猿の手になってしまうので、、。
腕は猿で、足と重い動きは象、、、汗
の私。

バーレッスンやってて、お尻を締めるってことが
ようやくわかってきた気がするなあって
思いながらやってました。

最後は先生と一緒にアダージョで踊る。
本当に嬉しい時間でした。
ballet lesson. 67 多少引き締まったようです!?
   | バレエレッスンとか・・・ | 19:28 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


前回のレッスンで1年経ちましたが、
1年続けてみて、 体重、体脂肪は
たぶん食事のせいで、 1年前より
若干アップしてしまってますが、

それでも、皆さんに
脚と背中が引き締まってきた。
バレエの体型に少し近づいてきた、、
とわざわざ嘘を言っている訳でもないでしょうけど、
まあ、誇張であっても
そう言ってもらえて、
本当にうれしかったです。

バーレッスンにて、
いつも後ろで踊っている人の方が ​
自分よりむしろそういった小さな変化のことを
よくわかってもらえているのかもしれません。
自分で自分の背中はよく見えませんから。 

自分で最近気がついたことでは、
脚のむくみが少し緩和してきたかなって。
これも気のせいかもしれないけど、
嬉しい限り。
一番の悩みどころだったので、、。

あと、先生にもポワント
この頃は安心して見ていられる
と言われたことで、
先生も実は心配して下さっていたんだなぁって。
有り難いことです。

今日はピルエット、腕のタイミングを
つかめた気がしました、、、。
次回まで覚えていられるかしら〜
ballet lesson. 66 1年が経ちました。
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:57 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
バレエをはじめて、1年が経ちました。
本当に何もわからない状態から、
とりあえずは、何をやってるか、、
くらいにはわかるようになりました。

ここまで続けられたのは、
本当に先生のおかげ。
バレエって最初のとっかかりというか、
やっぱり入りやすい習い事ではないと思うので、
はまって続く人も多い中で、
きっと1年未満で挫折する人も多いのかなって
いろんな話を聞いて思うし。
本当に感謝感謝。

これからの1年は気持ち的には
これまでの1年よりは、
ちょっとでも余裕を持って、
落ち着いて踊っていきたいなあ、、、と
思ったりしています。

今日、もう一度前アティチュードの形を
見せてもらうようにお願いしました。

いまいちわかってなかった、クロワゼとエカルテの
センターでのアダージョ。
今日徹底的に教えてもらってやっと
ちょっとわかったように思います。
 
ballet lesson. 65 プリエ効果。
   | バレエレッスンとか・・・ | 18:46 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
めずらしく、週3回もレッスンに行けました。
こんなことはめったになく、
そもそも週3回になるのは、
月に一度くらいしかないので、
ほんと、今週は
やった感ありありでしたし、

本当に体が楽でした。
足もよく動くし、体が軽い。
たとえ、中年の体でも
間開けないで、
回数こなせば、
はっきりそれなりに違いがわかるんだなあって
しみじみでした。

アティチュードの足の形。
外側を向かない。
最初の形を保ったまま、後ろへ。

前向きのアティチュード、やっぱり
形がおかしいと、、。
先生と一緒に鏡に向かってやってみました。
自分でもなんか変だなあって思いながら
やってたから、指摘されてよかったけれど、
でも、また忘れてしまった気がします。

ポワントレッスンでも、
はじめて前向きアティチュードをやってみました。
アラベスク、前むきアティチュード、
アラベスク、パッセ、ターン、
また同じことの繰り返し、、。
何度かやってみましたが、
大変ですね〜

大変でしたが、でも、いつもは終わったあと、
足がだるくてガタガタになるんですが、
さすがに前回と日にちがくっついてたせいなのか、
全然だるくなかったです。

こんな気分の日なんて滅多にないので、
ほんとはもっとポワントレッスンしたかったです。
せっかく調子がいいし〜って
短めで少し残念でした。

終わってからのランチ、お茶では、
TVでバレエをやっておられた整形外科の先生が
出てて、クリニックに短いバーがあって、
診察、治療の一環として、
プリエとかやってる、、
というような内容だったようで、
プリエって腰痛とかそんなことにも効くんだなあって、、
あらためて、、。
バレエ効果なんですね〜

別に上手にならなくても、
老後に向かっていく中で、
レッスンで毎回プリエをやっているだけで、
何かを予防できるなら、
それだけでなんだかもうけもんですね〜
なんて話になりました。
 
ballet lesson. 64 盆踊りっ!?
   | バレエレッスンとか・・・ | 10:14 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


トンベ、パドブレの腕がカタイ。
手首に力が入って、動きをとめている。

手の動きが進行方向前に向かわないで、
横になりつつある。
それじゃあ、盆踊りだと、、。
滝汗 笑 悲

なかなか難しいなあ。
柔らかさ、優雅さが
まあ、バレエの持ち味とも言えるんだろうけど、
なかなかそういう風にならなくて、
体操みたくなっちゃう。
そして、盆踊り!?笑

あと、どんな新しい曲がかかっても、
よく聞いて、頭をつかって、
しっかり合わせる努力をすること。
音楽と合ってないのは一番最悪。

それでも、ジゼルのヴァリエーションの曲は
大好きなので、いつもとは違い、
その曲でピルエットの練習は
嬉しかったなあ。

ポワントは、パドブレの練習。
肩甲骨、胸のあたりをもう少し引き上げる。
足だけで立とうとしない。
体全体を(引き上げながら)使って立つほうが
楽に決まっている、、と。

またカゴの贈り物をいただきました。
そして、今日はいつもとまったく違うメンバーで
レッスンあとお茶。

それはそれで、全員10年選手の人たちだったので、
長く続けられる秘訣とか、、
なんとなく参考になりました。

先生、いつになく厳しくて、、、。
10年の長いスパンでやっていると、
そりゃあ、時には、
中だるみの状態ってあると私は思うし、
いつもいつも上向きってわけにもいかないだろうし、
なんというか、よくいえば、アットホームなクラス。
悪く言えば、慣れすぎた空気感に
喝って感じでした。

何年やっていても、いつも初心の気持ちで、
毎回緊張してやってもらいたいと、、。
そして、人がやっているときは、
しゃべってないで、緊張して
自分とは何が違うのか、
常に研究して待ってるように、、と。

もちろん私はまだ経験が浅いし、
そんなおしゃべりしている余裕なんて
まったくないし、
そもそも先生の説明だけで
振りはとても覚えられないので、
研究ということまでいってなく、
前の人たちのを見て、
まず振りを覚えることに必死なんですが、、。
ballet lesson. 63 誕生日レッスンでした。
   | バレエレッスンとか・・・ | 09:30 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


たまたま重なっただけですが、
誕生日がバレエレッスンと重なり、
クラスの中で皆さんにおめでとうを言ってもらえ、
そして、バレエのレッスンのあと、
先生方にお祝いしてもらいました。

バレエレッスン誕生日という意味では、
とても私らしく過ごせたと思いますし、
いい仲間と先生に囲まれて、
あらためてとても幸せだと
思いました。

レッスンですが、
やはり、スキップ系が非常に苦手です。
1個できるようになったと思ったら、
また新しいのが出てくると、
非常に苦労します。
結局最後まで新しいのは
できませんでした。汗

それでも、苦手だった、
トンベ、パドブレ、グリッサード、アッサンブレが
できるようになったことは、
それなりに、自分比で進歩を感じました。

手、腕の位置を鏡の前に立って、
再度先生と確認。
肩は上がらないで、
水がしたたり落ちるべく、
力を入れないで、横に広げる。
それだけのことなんですが、
腕が下がったり、肩に力が入ったりと、
なかなかちゃんとした位置に定まりません。

家でも復習かなあ。

ともかく、ハッピーな1日だったのでした。



 
ballet lesson. 62 大人バレエのスタンスはいろいろですね。
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:28 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


なんとなく中途半端なお料理たちでした。
油も古かったように思いますが、
まあ、そんなハズレの日もありますよね。
やはり外で揚げ物は(高級店でない限り)
リスクはありますね。

バーレッスン、前にも同じ注意をされましたが、
二番ポジションの腕、手の形等、
必ずアンナバンの形から入ること。
胸をもっと引き上げること。
縮こまっている、、と。泣

今日はセンターにて、
ピケで新しい回転の練習をしました。
回転もいろんな種類があるものなんですね〜
こちらの方が難しかったかなあ。
もっと堂々と前に進むように。
なんか、自信なさげにやってる、、と。

ポワント、その他のことは、
今日は緩めのレッスンでした。

その緩めのレッスンが
私のバレエ友からしたら
非常に不満らしかったみたいです。
なんというか、その日に参加するメンバーによって
毎回レッスンのレベルをあえて
先生が変えてくださっていると
思いますが、友達は一定のレベルで
進んでもらいたいようです。

大人バレエ、やはり、スタンスはいろいろ
人によって違いますよね。

ポワント、もっと脚にまかせる。
足首のことを考えすぎないこと。

まっすぐ立てていることは、
非常によろしいと
褒めていただけました。

新しく買った巻きスカートが
柄はお気に入りだけど、
私の体型にはちょっと合わなくて、
くるくる回るとか、ずり落ちてくるとか、、
やはり、これはボツだなぁ、、と。
とても残念でした。

緩めとは言っても、
久しぶりのポワントで
またまた足腰が非常にだるくなりました。
夜にだるすぎて眠りが浅くなるくらいに、、、。
健康にいいんだか、悪いんだか、、です。苦笑
<<  2/9P  >>