Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
ballet lesson 136 優しいクラスの人たち。
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:00 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
最初からずっと私の前で
バーレッスンをしてくださっていた方、
トゥーシューズのリボンの結び方を
最初に教えてくださった方が、

先日のレッスンで、
「こんなこともあんなことも
出来るようになったんだなぁって。
そういう風に見ているよ」
とおっしゃってくださいました。

最初からよく知ってくださっているだけに、
とてもうれしかったです。 

何しろ0からのスタートですから、
進歩は目に見えやすいですかね。
例えば、(その方は)8年目から9年目とかだったら、
精度を上げていくということになると思うので、
目に見えての成長はわかりにくいかなあとかって
思ったりしています。

あとは、先生から、
「イメージトレーニングが上手。
うまーく、活用してる」と。
これってなりきり度が高いっことですよね〜笑

あとは、一緒にポワントレッスンした方から、
「安定感でできたね〜」と。

センター、
シソンヌ三回、プリエ、パドブレ、ピルエット二回、ソテ二回、
グリッサード、アッサンブレ

ソテ、もっと思いっきり。
そして、グリッサードは次のアッサンブレに向けて、
メリハリで小さく
ソテのアンバーの時は、
顔も下ななめに下げる。

腕の動き、肘から先。
引き寄せた時は、上体をぐーっとあげる。
2番の左手は動かない。

とか、、センターもちょっとずつ長くなりつつあります。
ballet lesson 135 2回目アラベスク
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:22 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


せっかくの外なのに、
1150円も出して、なぜかソース焼きそばを選んでしまった、、。

前回の初ポワントアラベスクに続き、
2回目は、
いつもはバレエシューズでやってる、
トンベ、パドブレ、グリッサード、アッサンブレのあと、
アラベスクをいれて、、 。

初の長い距離での
センターでの組み合わせとアラベスク。

軸足が左のほうが立ちやすいので、
この場合、やはり、右足軸のアラベスクだったので、
ちょっと緊張。

この頃、ピルエットも
右足が軸だと
うまくルルベができなくなってるし。

あとは、ポーズから5番ポワントで立つ、
そして、降りて、
アテールでアラベスクをやったとき、

これが、地面に足裏ついてるのに、
難しいのなんのって、、
グラグラグラグラと、、 。

立つだけが難しいわけじゃないんだなぁと。

センター、グリッサード、アッサンブレ
のめりはりをもっとつけて。

アッサンブレの足先、また、上むいてる。
それから、もっと前足をあげること。

バーで、フォンデュで脚を降ろさないで続けてやる、
そのあと、パッセで脚を降ろさないで続けてやる。
をやったときのしんどかったこと、、。
もうこうなったら、軸足も曲がってしまって、
ダメダメに、、。

基本的に体力ないんだなあ、、って。
まあ、ここは病気のことがあるから、
無理は禁物だけど、、。

ゼーゼーでした。笑 汗
piano lesson. 35 ちらっと厳しいお言葉。
   | バレエレッスンとか・・・ | 15:28 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
さて、先生の都合にて、
約1ヶ月ぶりにレッスン行ってきましたが、
やっぱり、なかなか緊張しますね、、。
なんだか途中で一回手が震えてきました、、汗

ちょっと10分くらい早めに行きました。
というのは、ついてすぐには疲れて弾けないとか、
急に寒くなって、手が冷たくて
弾けないとか、、、。
集中できない、、とか。
前の方の演奏を聞いているうちに
心が落ち着いてきました。

そういう理由で早く来た旨伝えると、
先生は、先生のレッスンでは、
長くいるとさらに緊張するため、
さっさと弾いて帰ってました〜
せんべいとか勧められたこともあったけど、
とてもせんべいなんて
食べられなかった、、
とかっておっしゃてました。
そんな話や、

12月は演奏会があるそうで、
頭の中はそのことでいっぱいなんです〜
なんておっしゃってましたが、、。

レッスンの前日練習できなかったら、
もうダメダメになるんですよね〜っと
モシュコフスキーがあまりにもひどくて、
言い訳したら、

モシュコフスキー、間違うところは
いつも決まっている。
そこを克服しないまま
さらーーーーっと進めようと思ったら
進められるし、
それだったらとても簡単なことなんですよね。
それで成長しない、、ということではないけれど、

でも、エチュードですから、
もう絶対間違えない、
間違えても2箇所未満で適当な速さで
弾いて、指の練習して、
それでやっとエチュードの
意味が、、というお話もしてくださいました。

そして、
こんなレベルの曲、
バラードやスケルツォとか、、
を弾こうとするんだったら、

一日あけてもダメですね。
必ず毎日練習しないと、、と。

一週間とかあけてしまったなら、
もうほとんと最初のレベルにもどると思います。

先生でも、一日あけてしまったら、
もう、弾けないです、、と。

そりゃ、幼稚園からずっとピアノ生活だったような人は、
たとえ、一週間あけても、
1時間練習したら、
元にもどるだろうけど、

子どものときやっても、
大人から再開した人なんかは、
毎日すること、、。
部分練習を徹底することは鉄則です、、。

とあらためてしっかりはじめて言われたかも。

ピアノや曲選びも今まで結構考えが甘すぎたかも〜なんて。
もっと覚悟をもって
練習頑張らないとなぁって、、。
あらためて。

でも、いつでも練習できる
電子ピアノの方がやはり便利ですよね〜
と言うと、
マンションの人はもうほぼ
先生のとこにくる生徒は電子ピアノらしい。

それでも、この1ヶ月は割と練習したと思うけど、
バレエでさえも最近は足は痛くならないのに、
ピアノの練習で、指ではなく、
(ペダルの場所の)足の裏が痛い件、、、。

こんなとこ、普段はあまりにも使わないからだろうしなぁ、、
もしかして、今後ここの皮が練習すればするほど、
硬くなるとか〜。
嬉しくないなぁ、、、。
ballet lesson 133 134 初アラベスク
   | バレエレッスンとか・・・ | 12:58 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
なんとなんと、突然やってみましょう、、と、
この日はセンターポワントで初アラベスク。
怖かったけど、でも、嬉しかった。

前に出す足、脚のことで必死で
後ろ脚、足はめためたでしたが。
センターでもバーでやっているような
アラベスクを目指してください、、と。

いろんなバージョンのアラベスクはない。
アラベスクは一つだし、、、と。
先生も笑っておられましたが、、。

センターで前に一歩足を出して、
アンオー5番で立つ、、の時、
もっとアンナバンから、
ぐうううううっーーと前に腕、手を押し出す。
背中の使い方あともう一歩。

4番、足をもっと横にひらいて、
つま先ももっとぐ〜っと(脚の向きに)前に押し出す。
そして、脚の外側に向けて力を分散して、
脚がふるえるくらいに力を入れて
立ってることを阻止する。

そう先生に言われて、
これ大事かも〜と思いました。
脚にがっちり力入れて必死に
立ち続けたら、
脚太くなるだろうし。
これ以上太くなったら困るし〜、、笑

センター、ピケ、腕の力をぬく、いつも通り言われました。
体の回転をもっと早く。

寒くなった日も関わらず、
この日はとてもストレッチがうまくいって、
自分なりに気持ちよかったなあ、、、。
おおっなんかできている〜っ!?て。

 
ballet lesson 132 さみしいなあっ
   | バレエレッスンとか・・・ | 12:12 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
バレエ教室で仲良くしていた
ロシア人の友達が
来月モスクワに帰国してしまうので、
寂しい〜です。

いつもたくさんおしゃべりして、
たくさんたくさんバレエのアドバイスしてもらって、
子供の話もしたりして、、
家も近所で楽しかったのになぁ、、。

大人からのなんちゃってバレエじゃなくて、
本当のワガノワスタイルのバレエを
間近で見られたことは、
一生忘れないと思う〜。
本当にありがとう。

毎日ストレッチをかかさないで、
バレエずっと続けてね〜と、
(のアドバイス)
(毎日のストレッチは厳しいけど)

次回の(最後の)レッスン来られるかわからなくて、
もしかしたら、この日がお別れかもしれないので、
たくさんお礼を伝えました。

いろいろ教えてもらったなぁ、、と。

本当にいつも素敵で、
年下でも憧れの友達でもあって、
毎回目の保養をさせてもらってたので、
もう会えないのは本当にさみしくて残念、、、 。

でも、とてもお陰様で貴重な経験と
なりました。
 
ballet lesson 130 131 騙し騙しやっているのよ。
   | バレエレッスンとか・・・ | 13:04 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


仲良くしてもらっている、
バレエともから
この時期らしいオレンジ色の石鹸をいただきました。

ピケターン、パッセで、最初の出だしの足
下向きにすることを忘れない。
それによって脚がまっすぐになり、
より回りやすくなる。

ルルベをもっと高く。
いつも早さが違ってるから、
自分なりの早さが一定になるように。

ゆっくりするにしても、
体の軸は早く回すこと。

ピルエット、二番の手にするとき、
すっと出すことはいつも言われてますが、
プラス、肩が上がらないよう、低めに、、
と意識すること。
意識すると、
両方ともやりやすくなった
と自分でも思いました。

トンべの手もっと押し出すように。
また、左脚がそのときまっすぐなので、
必ずプリエで。

だいぶ腕は柔らかくなってきてるのてで、
ピルエットもそんな感じで。
まだ硬い。

トゥーシューズ、エシャッペ、もう少し開く。
狭すぎる。
恐々やってるから。
狭めるとき、お腹の筋肉を使って一瞬で引き上げる。
腕をあげる時も、ゆーっくり上げてるので、
気合いいれてぐっと引き上げること。

パドブレ、、一つ一つ確実に、、。

腰痛の話題から、
50歳過ぎたら、
みんなどこも何もない、悪くない。
なんて人は少ない。 
みんなどこかしら何か抱えて、
騙し騙し、、、好きだからやってる、、
みたいな話になりましたが、

この先、老化していく体と付き合いながら、
できるだけ、長くバレエでもピアノでも
続けたいものですが、、。
ballet lesson 128 129 二人でうまくできた感動。
   | バレエレッスンとか・・・ | 12:01 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
パドシャ×4、(2回目はシソンヌ×4)
アントラッセ、ポーズ、
アンデダン、トンベ、パドブレ、グリッサード、
アッサンブレ、バッチュ、シャッセでポーズ。

2人で合わせてこれをやって、音楽にあわせて、
そして、二人でぴったりあった時の感動を
はじめて味わいました。Hさんありがとう〜です。

パドシャ、着地の時、かかとは最初はつけない。
つま先から降りて音を立てないように。

音楽をもっと聞くこと。

ピルエット、ピケの手。
腕、相変わらず力が入ってる。
すっと出すだけ。

トンベの手をもっと奥行きをもって。

シソンヌの腕、上から下に下げる。

今日は鏡の前でちゃんとやったので、
自分がどうなってるかよーくわかったかなぁ、、 。

でも、トゥーシューズ、、
私が1番見るからに体重重そうなのですが、
その分、やはり引き上げるとはいっても
かなーりハンディあるよなぁ、、
と今日もしみじみ思ったのでした。

今日はストレッチでは最高新記録でました。自分比で、、。
やはり目に見える何かは嬉しいものですね。

一回キープすること。
ピルエットやポワントで立つときに、
次の動作に入る前に、、。

 
ballet lesson 126.127 来年の課題。
   | バレエレッスンとか・・・ | 11:53 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
仲良くしてる方がピルエット二回〜
しかも綺麗に〜
素敵だったぁ。

私も来年は二回周れるようになりたいなぁ。
首を早く回すといいよ、、
なんて教えて下さいましたが、。

アテール&ルルベでの回転、
脚が曲がっていて、、
まるでよれよれのおばあさん〜
と皆大笑い、、 汗

まぁ、、笑いありの楽しいレッスンとなりました。

トゥーシューズは今日は引き上げが
さらに自分なりに
うまくできて、
足&脚がどんどん楽になるのがわかって、
それが感じられて嬉しかったなぁ。

姿勢は非常によくなったけど、
でも、 まだまだ全体的に硬い、、
緊張してるのかなぁ、、。
特に腕はもっとリラックスして、
パとパの間でぶつぶつ切らない。

はい〜って感じで。

トンベ、パドブレ、グリッサード、
アッサンブレー、シャッセでポーズ。
やってますーじゃなく、
踊りとして、 もっと流れをもって、、。
とのアドバイスでしたが、
やはりここんとこが今後の課題かなぁ。

だって、やはり、バレエをやってるんだし、
ロボットじゃないしなぁ、、。
教えてもらった通り、やってます〜的で
全然優雅じゃない。
そこがね〜。

まあ、これも来年の課題かな。
ほんと、難しい。

 
ballet lesson 125 淡々と進んだレッスンでした。
   | バレエレッスンとか・・・ | 11:44 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


今日初めてやったことでは、
アティテュードしながら、
踵で180度回るができなかった。
どうしてもコツがつかめないまま
終わってしまいました。

本日もポワント、センターで
前回の続きで、手を上に上げるバージョンの
踊りをやりました。

クロワゼ方向から
5番に寄せて立つを
先週のアラベスクの手から上に変更。
そして、アラベスク、
横のパドブレ、
斜めにパドブレで反対に向き、
左右反対で同じ動き。

ピルエット、4番の足幅開きすぎ。
今のうちはルルベにいくのが大変になるので、
もう少し、せばめて。

ピケ、パッセで回る。顔をつけるのがおそーい、と、。
これは今日うまく出来ませんでした。
ballet lesson 124 初バリエーションらしきこと。
   | バレエレッスンとか・・・ | 11:24 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ポワント履いて約11ヶ月。
ようやく背中とお腹が自分比率で
うまく使えるようになり、
上半身の引き上げが少しできるようになって、
今までは単にバーがあってもなくても、
基本、立つとかだけの練習でしたが、

短い音楽に合わせて、
センターにて
ポワントで初めてバリエーションらしきことを、、。
30秒くらいの踊りができるようになって、
本当に嬉しいです。

ポワントで立つところは、
三種類、左右で六ケ所。
もう少し腹筋を鍛えて、
体重を減らせれば、
もう一段階のぼれそうなのになぁ。
もっと楽に立てるだろうなぁって。

まだまだ滑りそうで怖かったけど、
楽しかったなぁ。

五番で立つ、手はアラベスクの形。
パドブレで左右進む。
パドブレで前後に進む。

センターレッスン、
グリッサードはシャッセ、、にすること。
その前は膝はプリエで。
脚がまっすぐになってる。
プリエになってない。

あと、ピルエット左ですってんころりん。
なんで滑ったんだろう〜
よくわからないけど、
体の軸が斜めになってるのに、
きっと勢いで回ろうとしてたんだろうなぁ。
右はまあまあうまくいってたのに。

転んだけど、その後のシャンジュマンは、
自分史上最高に高く飛べました。
自分でもびっくり。
隣の人も驚いてた。笑
<<  2/14P  >>