Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
ballet lesson 210 小指が筋肉痛!?
   | バレエレッスンとか・・・ | 11:56 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
先日のレッスンで、
翌日、ふきらはぎや
お尻が筋肉痛なのは、
レッスン久しぶりだったから
わかるとしても、
小指まで筋肉痛なんて!

なんともびっくりのバレエ効果。

普通に生活してたら、
忘れている存在であろう、
意識なんて全くしないであろう小指。

小指の筋肉痛までなんだから、
ほんと全身使ってるなあって。
あらためて。

ゆっくりしたレッスンだったので、
皆さんの動きを見てましたが、
みんながそれぞれのレベルで
上達してるのがすごいなぁと
あらためて思いました。
(だからといって、先日書いた、私の多少の不満が
消えたわけではありませんが)

自分なりには、
ピルエットはパッセの脚の形。
トンベバドルレの
手の柔らかい動きと
顔も向けることを考えてやりました。

のんびりしたレッスンでした。
ballet lesson 209 久しぶりだったけれど。
   | バレエレッスンとか・・・ | 14:47 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
今度、先生の娘さんが
特別ポワントレッスンしてくださるとのことで、
超久しぶりだったけど、
そのプレ練習。
(ポワントは)アラベスクを
何度も取り組んでみた。
顔をもっとあげること。
パッセは軸足に安定してのれて、
引き上げもてきて、
調子よかった。

やはり、貧血がひどいせいか、
途中で息切れが。
ポワントで、、というより、
グランバットマンあたりで、、 。

前日はウォーキングで、
ウォーミングアップして、
なんとか、病気週でじっとしていて、
弱った足腰を少しは動かしたつもりだったけど、

その甲斐あってか、
休んでいた割には、
まあまぁ集中して取り組めたし、
撃沈しなくてよかった。

センターでは、
ピルエットがうまくいったのが嬉しかったし、
ジゼルのバリエーションの曲で
気持ちよく回れた。
楽しかったレッスンだったのでした。
ballet lesson 208 ありがたいバレエ友達。
   | バレエレッスンとか・・・ | 14:31 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
そつなく、終わった。
仲良くさせてもらってる
友達から、
腕、上半身の動きが
前は硬かったけど、
柔らかくなって、
バレリーナっぽくなってきたよー
って、、!!

半分はリップサービスとしても
嬉しかったなぁって。
この一年あまり進歩ないなぁって
ぼやいたあとの励まし。

こういう友達がいるから、
続けられてるのもあるかなぁって。

バーつきのアラベスク、
両手バーで脚を高くあげる練習を。
目新しいことはそれくらいだったか。

でも、相変わらず一番難しかったのが、
舞台の袖に引っ込む時の
歩きかたや手の回し方。
こういうバレエの基本中の基本が
ほんと難しいんだよねー。
バレエっぽくならないから。
ballet lesson 206、207 一番下手な人とのバランス。
   | バレエレッスンとか・・・ | 17:53 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
注意されたことは、
ピケターンの時、
足が開きすぎてるから、
この日はだからいつもより回れない、、
ということでした。

スキップが重〜く見えるのは、
重心が下のに行きすぎ。
もっと上へ。

あと、ポワントでは、
4番ポジションのとき、
もっと足の幅を開くこと。
アラベスク、センターで
トライしてるものの、
一回はなんとなくバランスのコツが
掴めた気もしたけど、

毎回同じこと、
腕や上半身が
うまく使えてない、、。

何度も何度もやってみるしかない
のだそうだけど。
この一年はな〜んとなく、
ポワントも進歩がないなぁ。
ずっと同じ場所でとまっている感じで、
今の場所から
進歩したいなあ。

進歩といえば、中高年のクラスならでは?
なんだか、周りの人のレベルが全体的に
私が入ったばかりの頃より、
退化してるのを非常に感じたレッスン
でもありました。

決して自分が進歩したから、
そう感じるのではなく、、
それは、言える。

みんなが年齢とともに下がってきたんだと思う。
この一年ですごく上手な人が
三人お辞めになったので、、
それもあって、全体的になんだか、
ちよっと張り合いがなくなってきました。

年齢上がるってそーゆーことだよなぁって。
自分も含めて、、。
ちょっと悲しい気がしました。

一番出来ない人ばかりに、
先生がつきっきりになるので、
ほとんど他の人たちは注意もされず、
見てもらえてる感もあんまりなく、、
って最近よく感じるし、、。

その日のバランスを見て、
先生は先生なりに
考えてレッスンされているのは
わかるけれど、
それでも最近は
あんまりそのバランス感を
私は少なくとも
感じられなくなり、、
そこ不満に思ってるんだから、
先生に率直に話すべきだよなぁって。
ballet lesson 205 丹田を意識してやってみたら、
   | バレエレッスンとか・・・ | 08:06 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


アラベスク、久しぶりにセンターで何度もやってみる。
毎回何度も言われてるけど、
もっと上へ上へ。
上半身の件。
顔もあげる。

これがまたなかなか何ヶ月言われてもできない。
まぁ、毎回やってるわけじゃないからなぁ。

でも、ピルエットは前回に引き続き、
体の軸がちゃんと上がってることを
自分で確認しながら、
丹田を引き上げるようにやれてる自分が
わかるようになったことで、

振り回されず、
落ち着いてゆっくり一回転
できるようになった気がする。
ballet lesson 204 毎日違う体調。
   | バレエレッスンとか・・・ | 08:04 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


調子良かったレッスンでした。
ピルエットも左右失敗なしで、
パッセの形も意識してできた。

あと、センターでの
小さいアッサンブレをやった時、
小さいを意識し過ぎて、
前足だらーんなってたので、

ピシっと前足を伸ばすことと
ひとつだけ注意を受けました。

問題なく終わりましたが、
でも、レッスン前タマゴサンドを食べたら、
なんか下半身がだるくて、
これってグルテンの影響なのかなあ〜
不確かだけれど、

食べ物のことは
特定が難しいし、不確かだけれど、
少なくとも、この年齢になってくると、
毎日体調に変化があって、、
いつも一定ではなくなってくるところが、
何をするのもイタい。
と痛感。
ballet lesson 203 久しぶりだったけどなんとか。
   | バレエレッスンとか・・・ | 08:00 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


203回目は、
あまりにも久しぶりのレッスンで、
不安いっぱいだったけど、
なんとかなんとか問題なくこなせてホッ。

バレエなんかの習い事は、
間があくことが一番の不安要素なんだよね〜〜
ピアノもそうだし、
いつもやらなきゃ、
って追いかけられてる感じで。

首、顔をあげる、伸ばしてやる、、
をせめて 心がけてバーレッスンはやりました。

間があいてもなんとか、
バレエシューズと
ポワントもバーでやる分には
こなせるようになったかなぁ。

間があいて、怖いのは、
ポワントのセンターかなぁ。
この日はやらなかったけれども。

間があいて、しかも、体調がまだ万全ではなかったので、
ウォーミングアップできた点では
有意義なレッスンになりました。

この日の先生言われたことで印象残ったことは、
自分に酔うこと、
自分に酔ってやることも大切よーって。

恥ずかしいって思ってたら、
やはり、バレエはできないよなぁって。
ballet lesson 199、200、201、202 いつの間には200回になってました。
   | バレエレッスンとか・・・ | 11:10 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


アンデダンの足先が上がってる。
結構カッコ悪いから注意するように、、って
言われて、注意しながらやったら、
回れなくなったという、、汗

この頃ってゆうか、
センターでポワントでやりはじめてから、
親指にテーピングしてるんだけど、
しなかったら、
やはり、15分とかでは大丈夫だけれど、
30分超えると足にくるなぁって。
やっぱりテーピングの力は偉大だわ。

前は引き上げが足りない時は
足にシューズが当たって、
って引き上げが出来てないかどうかの
バロメーターになってたけど、
ここんとこ、センターの時間が増えたことや
体重も増えたっきり、変わらないので、、涙
その分もやはり、
ずっしりくるのは自然の摂理だよなぁって。

でも、トゥシューズ、ほんとにどんどん楽しくなってきた。
バー付きでだけど、
アラベスクの足がだいぶ上がるようになってきたし。
脚を前後にぶらぶらさせて、
ぶらっとなった遠心力??
を利用してアテールからルルベで立つ。
結構大変だけど、
力を利用して立つコツが少しつかめたかも。

これは家で練習できるなぁって、、
しばらく家ではまったくバレエに関しては何もしてないけど、
ちょっとやってみたいと思いました。

センター、ピルエットのパッセの足先が
途中フワッと中途半端になってる。
最後はちゃんとなってるけど、
足先はちゃんと内側にクッペの形で。

ストレッチ、前後開脚、つくようになったね〜〜と。
ペタッとつく人から激励。
まだまだ余裕で作って感じではないけど。
だいぶ進歩したかな。
ballet lesson 198 ポワントの方がある意味ラクに!
   | バレエレッスンとか・・・ | 11:47 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
急に暑くなったので、
その点で結構体にこたえたレッスンでしたが、
なんとか休憩しつつ2レッスンこなせました。

こういった時にやはり
体力不足を感じます。
それでも、4日前にウォーミングアップしていたので、
その点ではよかったですけど。

一通りいろんなことをやって(教えていただき)、
弱っていた割には、
ポワントも痛みもなく、
30分くらいは履けました。

アラベスク、バーに捕まって、
ではありますが、
後ろ足がよりお尻の真ん中の位置まで
もってこられるようになって、
可動域が上がったなぁって実感。

あと、手の指先の力がやっと抜けてきたかなあという
感じがしました。

それから、最初ポワントでやって、
次に同じ動きをセンターでやりましたが、
ルルベなんかの動きは、
バレエシューズでは自分で立たないといけないけど、
ポワントでは靴が立つようにできてるので、
ある意味楽かもって思えたのが、
大きな変化。

前は、脱いだら、
すぐさまあ〜楽だって、
何しろ思ってたから、
だいぶポワントにも足が慣れてきたんだなぁって。

​センターで、
二人で手を繋いで踊る
を何度もやりましたが、
難しい、、。
一人なら、割とできることも、
二人で合わせるということが何しろ難しい。
やはり、それだけ余裕がないってことなんだろうな。

回転、最初アテールからはじまるやつ、、
ルルベにする方の足を広げすぎないこと。
これがまた難しかった、、。
広げすぎてやる癖がもうついているみたい、、で。

ゴールデンウィークの最初にレッスン、
最後にレッスンがあり、
ゴールデンウィークも
バレエな生活ができることが
やはり一番嬉しいゴールデンかな。

 
ballet lesson 197 爪とか気をつけなきゃ、、。
   | バレエレッスンとか・・・ | 07:52 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

プロントのケーキですが、
ピンク色に魅かれて、
いつもはパスタのところを、ケーキで。
レッスンあとは、
美味しいケーキと楽しいおしゃべり、、の時間でした。


ポワントでエシャッペ、
4番でやる方が絶対後ろ側に体がいかないから、
2番より楽だな。
最初は難しいと思ったけど、

慣れてくると、4番のほうがやりやすい
ってホント、先生のおっしゃる通り。 

センターでポワントが久しぶりすぎて、
脚に気をとられて、
手まで神経が行き届かず、
また、素のバレエじゃない
手、腕の動きになってしまいました。

しかし、10日ぶりのバレエはきつかったー。
まぁ、それも想定範囲内だけど。

センターでの歩き方、
前に重心移動を忘れない。
最初はうまく歩けずに
おそるおそるみたく歩いてしまい、
先生、みんなの笑いを誘う。汗

足の爪切りすぎて、
力入れると痛い。
靴にあたって痛い。

やはり、バレエを習うにあたって、
細かいそういったケアというか、
気をつけないと、
レッスンにさし障るなぁって。

終わってからも最高に
脚がだるーい、、のでした。
<<  2/19P  >>