Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
アビントン バレエショップ
   | *海外でバレエな生活 | 17:28 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



別の街のバレエ、ダンスショップも
散策に行きました。
ここは、イマイチだったけど、
風船ショップの一角が
バレエエリアになっていて、
でも、最低限のものはとりあえず
網羅されてた。
めちゃ、太ったおばちゃんが、
いろいろ出してきてくれて。
まあ、小さい街のお店。
いい経験にはなったかな。
オックスフォード バレエショップ
   | *海外でバレエな生活 | 15:45 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


Dance Evolution

24 The Parade
Kidlington
Oxford
OX5 1DB

家の割と近くにバレエのお店を発見。
何度も横の道路を通っているのに、
なんで気がつかなかったんだろ〜
って思ったら、
昨年の11月にできたばかり、、らしい。
厳密には、オックスフォードではなく、
キドリントンという、となりの街だけど、
ロンドンのお店みたいに
かなり本格的なお店だった〜
ロンドンのお店と違って、
近いので、ちらちら
のぞきに行けるのが嬉しいかな。
お店入っただけでワクワクするし。
これは、他の種類のダンスのお店では
絶対味わえない、
毎回乙女心を刺激する気持ち。
ポワントのディスプレイ@ロンドン
   | *海外でバレエな生活 | 12:49 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



ピンクサテンのポワントって
なぜにこんなに魅力的なんでしょう!!
バックステージツアー
   | *海外でバレエな生活 | 11:38 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


ロイヤルオペラハウスの
バックステージツアーに
参加時期してきました。
この時期バレエの公演がなく、
この選択になりました。

階段を登ったり、降りたり、、
あちこち歩き回りました。
コスチュームや大道具を作成する
お部屋やレッスン室、
その他興味深い場所に行けて
満足でしたが、(写真撮影は不可)
参加者はイギリス人、オーストラリア人、
アメリカ人と日本人の私。
馴染みがある話題ながらも、
ガイドの説明の多分50パーセントも
理解できてない自分に悲しかったです。
ポワントのペン立て
   | *海外でバレエな生活 | 22:43 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


今日、コベントガーデンの
バレエショップに行ったんですが、
レジのところで、
ポワントにペンをさしているのを発見。
こういう使い方いいなぁ〜って思いました。
ロイヤルバレエスクールに行って来ました。
   | *海外でバレエな生活 | 19:07 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |





ロイヤルバレエスクールに見学に行って来ました。
ダンサーのたまごたちがたくさんいて、
それだけで大感激。施設内も限られた場所と
生徒さんたちはもちろん写真を撮ってはいけなかったのですが、
可愛いかったです。
恵まれた環境の中で学んでいるんだなぁ〜と。
日本人の先生もお二人ほど
いらっしゃるそうです。
ダーシーバッセルが作ったスタジオは
写真の四枚目です。
バレエ好きとしては、極めて楽しめたのでした。
スタッフの方といろいろバレエについておしゃべりもできましたが、
ロイヤルの発音が悪いと特訓して下さいました。苦笑
台北のバレエショップ行ってきました(2)
   | *海外でバレエな生活 | 11:40 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


ナショナルコンサートホールのお店には
クラシックのCDやDVDの他にも
バレエグッズもたくさん売られてました。
お土産用にとってもエレガントな
バレリーナキーホルダーを購入したのだけれど、
写真を撮れず残念。

たくさんの衣装も展示されてました。




コンサートホールの前にあったお店の名前は、
なんともBallet。







先日のBOUR DANCEに引き続き、
同じ通りにある、こちらのお店にも行ってきました。
問屋さんっぽい感じのお店でした。

台北のバレエショップに行ってきました。
   | *海外でバレエな生活 | 12:19 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |






台北でもバレエショップをのぞいてみました。
ポワント以外の商品は
全体の商品の約9割はチャコットの製品で、
チャコット〜すごいと思いましたが、

私にとっては目新しい感じはしなかったので、
それでも台湾製のものを必死にさがして、
布製のしょぼいバッグを買いました、、。

かわいいと思ったら全部チャコットなんだもんっ。


BOUR DANCE

地下鉄 西門駅 一番出口
でて、すぐ左の通りをすすんだ、右手側に
お店はありました。
ロンドン/バレエショップめぐり
   | *海外でバレエな生活 | 09:52 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |




↑ロンドンでは有名らしい、ダンススタジオ。


今回のロイヤルオペラハウスにマリインスキーバレエを
観に行ったついでに、バレエショップめぐりしてきました。
オペラハウスがあるコベントガーデン周辺には
数々のダンス関連ショップがあります〜

ロンドン住まいだったら、いつでもすぐに
気軽にお店にも行けるのだけど、
何かひとつのイベントがあると、
1日にまとめていろんなことをしないと
もったいないし。
なかなかやはりオックスフォードからロンドンは
遠いので〜
遠いし、交通費も高いし〜


白鳥の湖@マリインスキーバレエを観に行ってきました。
   | *海外でバレエな生活 | 10:39 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |



前回のロミオとジュリエットに引き続き、
2回目は、王道の白鳥の湖を見に行って来ました。



誰の白鳥を見ようかと、
局、今まで見るチャンスがなかった、
ソーモアさんの白鳥にしました。
王子は韓国のキムさん。(私は知らないダンサーでした)


ロイヤルオペラハウスは、
どこの席からでもよく見えるのですが、
やはり、今回の席。いい席はいいですね、、とあらためて!!
当たり前ですけど。

お顔もよ〜く見えましたし、
これぞ、マリインスキーのバレエというのが随所で堪能できました。


写真はバーカウンターを上まで行って撮ってみましたが、人人人。
何人くらい収容できるんだろう〜
ともかく、毎回満席だし、ほんと老若男女の姿を見て、
バレエ見に行くって普通のことなんだろうなぁ〜って。

バー/レストランの入り口

こんな素敵なお部屋もありました。
優雅に休憩中のみなさん。

バレエが終わるのがだいたいいつも
10時半なのですが、ロンドン在住の人たちだったら、
その後の余韻をワインでもさらに飲んで楽しめるのでしょうが、
私たちはそれもできなく、いつも電車に飛び乗って
帰ります。それでも、帰宅するのはどんなに早くても
いつも12時半くらい、
寝るのは1時過ぎになってしまいます。

帰りには何も食べたり飲んだりできないので、
いつも公演の前に食事をしていますが、
今回は、これらのメニュー。


予約まで時間があったので、ロンドンの景色を見に
ぶらぶら。


コベントガーデンのマーケット。



 

帰りに上の広告を電車で見ていると、
横に座っていた親子に話しかけられました。

彼女たちも見に行ったとの事、、
しかも、熱烈なロイヤルバレエファンではなく、
熱烈なマリインスキーファンとの事で、
当然ファンクラブの会員で、
バレエ団員にも普通によく会っているとの事。
会員カードを見せられて、
入った方がいいよ〜っとおすすめされました。笑

いろいろと、彼女の熱弁を聞いていましたが、
彼女からアリーナが出産されてたことも聞いたのでした。
(ここ数年こういった情報に疎くなっていて、全然知らなかったので)

あと、彼女は自らサンクトペテルブルクまでの
バレエ鑑賞ツアーを年に何度も計画して、
人を集めて見に行っているほどのファンのようでした。

いかにすばらしいかを、私たちが電車をおりるまで語っておられました。笑
なんだか圧倒されちゃいましたが、本当にお好きなんだな〜っと。笑

が、本当に全部をひっくるめて、
素晴らしい夜の時間でした〜♪


<<  2/5P  >>