Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
   
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

日英行ったり来たり生活になりました。ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年の」大人初心者バレエクラスに参加することにしました。最近は、海外でバレエを観ることを最大の趣味としています。ヴァイオリンは細々と。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
violin lesson.42 練習不足中
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 09:59 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
なんやかんやでほとんど練習しないままのレッスンでした。
なので、すっかりではないにしても、
3rdポジションの移動の仕方を若干忘れてたし、
音階もイマイチでしたが、
それは、練習していかなかったし、
想定範囲内でした。汗

何しろ、日々が過ぎるのは早すぎます〜っ

カイザーも1番ながら、
16分音符で弾く練習が入ってきたりと、
どんどん難しくなりつつあり、
ひやぁ〜という感じ。

もはや、片手間では出来なくなりつつあります。

3rdポジションの確認と
あと、E線を弾く時に手が寝てしまっているので、
起こすためにも腕を内側に寄せること。
この腕の形にて五十肩になったような記憶があるので、
若干心配ではありますが。

毎日出来るだけ、5分でも楽器に触ることを目標に、、かな。
前にも書いたけれど。

竹取物語は2ページ中の1ページは一応進んだので、
(まだ、もちろんちゃんと弾けないですが)
もうあと半分。
それはそれでとても嬉しいです。

ただ、一番サビの部分は重音で、
その音色がメインポイントというか、
特にきれいなところなのですが、
今は単音で上の音だけで
練習しているのですが、全部仕上がって
一応弾けるようになったら、
重音の部分を1小節ずつでもいいので、
習いたいなあ、、。
violin lesson.41 初3rdポジションー竹取物語 2
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 15:40 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
4番の指 思いっきり開く。
シとドの音の指は
くっつけるのを忘れない。

私が今だによく忘れるので、
帰る時に、玄関先で先生に念押しされました。笑
そもそも大の苦手の楽典。
でも、ヴァイオリンは今何をやっているのか、
ト長調なのかハ長調なのか等によって、
指の位置が変わるので、
せめてそこんとこだけでも、意識して弾くことが
本当に基本だなあって
今更ながらだけど、あらためて。

3rdポジション>今日はまた別の小節を
教えていただきました。

E線の3rdポジション、、、なんて高い音〜って
素直な感想です。

ヴァイオリン、ピアノ、バレエと
結構それぞれ大変な趣味に打ち込んでいますが、
でも、先生の前で一番リラックスできて、
練習通りにやれるのがヴァイオリンなんですよね。
もちろんうまくはできないけど、
練習通りには最低限できる、、。
先生の前だと集中して弾くので、
練習以上かな。笑

ピアノは練習通りに弾けたことは
まったく一度もないのに、、。

バレエはそもそも前回に何をやったか、、さえ
忘れているという、、汗

なので、レッスンが終わったあとも
フラストレーションはまったくたまらないです。最近は。
出来なさ加減にも諦めがついたというか、
他のことも一生懸命やっているので、
ヴァイオリンが出来ないってことだけに
思い詰めることはなくなったというか、
まあ、こんなものよね、、って
長い間休んだりもしているので、
肩の力を抜きながらやれている感じです。

今日は予定の時間を15分延長して
3rdポジションを教えていただきました。
ありがとうございます。
 
violin lesson.40 初3rdポジションー竹取物語
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 13:23 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
もうやるのかやらないのか、辞めるのか、、
何度も何度も試行錯誤の繰り返し。
今回、半年あいた主な理由は、
五十肩になったからでしたが、
大丈夫かなあという思いはありますが、

そもそも五十肩の原因の一つは、 直接的な原因は
ヴァイオリンだったにしても、
ベースに運動不足や足を使わなさすぎて、、
という理由もあるそうなので、
バレエもはじめたし、
前よりはそういったリスクは減ったかなあ、、
と希望的観測なのですが、、。

半年ぶりにおそるおそる行ったレッスンでしたが、
そもそもの技術がそんなにあるわけでもないので、
思ったほど衰えているということがなく、
変わってなかったことがよかったなあ〜って。

カイザー1番。
小野アンナの音階 ハ長調
竹取物語

そう、、、。「竹取物語」
今回から練習することになりました。

とりあえず、重音のところは、単音で、
そして、初3rdポジションの練習。
本格的な練習ではなく、
曲にでてくるところで、どうしても外せない部分があり、
そこんところだけ、教えてもらいました。

E線のラの音は、3の指から1の指にすり替え、
弦の上が届くように、、、練習です。
親指もその対極にくるように、、。

といったことをやりました。

こうして、なんとか、四苦八苦しながらでも、
曲が進めるし、
本当にこの曲が好きでやってみたかったので、
嬉しいです。
初めて、自分から持っていった楽譜になります。

先生に、この曲はどこかで弾く予定とか期限とかあるんですか?
と聞かれましたが、
ヴァイオリンはレッスン以外で今のところ
弾く予定はないなあ〜
私のレベルですし、、。なんといっても、、💧

あと、新しい曲ということで、
楽譜を必死に見て弾いているせいか、
前かがみになってしまっている。
常に姿勢良く、、そうでないと、
鳴る音もちゃんと鳴らなくなる、、
との指摘をしていただきました。

今月は慣らしという意味で1回だけしか行きませんが、
来月からは、今まで通り月3回でレッスン受けようと
思いますが、肩が本当に心配です、、、。

年をとって何かをやろうとすると、
ほんと、予期しなかったような、
いろんな体の不調がでてきて、、
凹みます。

メンテナンスは必須ですね。

 
7ヶ月ぶりに蓋を開けてみる。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 13:56 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

2月からずっと激痛だった五十肩。
ようやく90%程治った感があるので、
7ヶ月ぶりにヴァイオリンケースを開けて、
ぼちぼちと音階を5分程やってみる。

弦もそんなに緩んでなかったし、
まあまあ、思ってた程、
指の位置等忘れてないかなあ〜!?
どうだろっ。

練習をそろそろ開始しようと思うけど、
痛みがぶり返さないように〜

しかし、7ヶ月何てあっという間だね〜〜
しみじみ。 前回の日記で、
もう縁がないと思うヴァイオリンって
書いてはみたけど、
まだ、しつこく考えていて、
完全にやめる〜という
決意もできなく、

レッスン、=練習張り切ったら、
また、痛み出すと困るので、
とりあえず、月に1度だけ通おうかな、、
とかしつこく思案中。

でも、少なくともヴァイオリンは、
月日が経ったところで、
私の体にはずっと合わないだろうなって
しみじみ思う。

アンサンブルのお誘いがあったのに・・・
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 09:21 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


ゴールデンウイークのことですが、
前に初心者のためのアンサンブル(練習会)に参加させてもらって、
そこで仲良くなった人たちに、
あらためて、アンサンブル演奏(発表会にでる)に誘ってもらいました。

アンサンブルは私の夢、
ヴァイオリンをはじめた動機の一つでもあったので、
誘っていただいて、
本当に嬉しくて是非是非参加したい 、、
と即答させていただいたんですが、、。

やっと、初心者ながらも、
アンサンブルできるまでになったぞ〜って。
舞い上がりました。笑

GWだったということ、
2月にヴァイオリンが原因で50肩を発症したことで、
ヴァイオリンの練習、レッスンは休止しておりましたが、

誘っていただいたこともあったので、
少しだけ練習をはじめてみると
やっぱり肩が痛み出しました。

どういうわけか、Cの音階を弾き始めると、
腕を多少ねじる必要があるので、
それがいつも痛みを引き起こしているようです。

それで、もう一度再度考えてみて、
今回のアンサンブルのお誘いは、
やはり辞退させてもらった経緯がありました。

休んでいたこともあり、
痛みが緩和していたため、
もしかしていけるかなあ
ってかすかな希望はあったのですが、、。
でも、休止していると、やはり痛みは緩和されるので、
やっぱり、ヴァイオリンが
私の体には合ってないんだなあ
ってしみじみです。

このことにより、いよいよヴァイオリン自体も
辞めようかなとも考えています。
2年弱細々とやってきましたが、
レッスンと練習を頑張れば頑張るほど、
肩が痛むので、もう潮時、やめどきかなあ、、とも。

今後もこうして、やったりやめたりを繰り返していると、
自分自身が精神的にしんどい部分もあったりするので、、。
ヴァイオリンの先生とも相談させてもらって、
きっぱり諦めるかもしれません。

とは書いてても、
昨日は音階とかまた自分で弾いてみたりしてたんですがね、、。

ヴァイオリンのスタンス、ちょっと今のところわからなくなりました。

ともかく、とても難しいものに挑戦しているのに、
そもそも楽器って毎日練習してなんぼ、、というのは
十分わかっているので、
それができないのに、執着していると
精神的に辛いとか、あと、金銭的にも
結構ヴァイオリンって一番の投資額でもあるので、
ちゃんとしないともったいない、、という部分もあったり、、汗

まあ、でも、以前もやめるかやめないか、、と考えた時期があり、
その後再度レッスンに行き始めましたが、
ほんと、、。ヴァイオリンは向いてないのかも。
そして、縁がないのかも。
ヴァイオリンで、いわゆる五十肩になってしまいました。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 10:55 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
五十肩、、、。
正式名称は肩関節周囲炎だそうですが、
もう聞いただけで、
やっぱりか、、とか。
なんともババくさいなあ
とかって、、。 笑

内容は同じだそうなので、
まだ、かろうじて40代だし、
四十肩と言いたいくらい。笑

そもそも痛みが出だしたのは、
もうかれこれ、昨年の10月。
自然治癒を目指していたのですが、
ずっと治らないので、 とうとう整形外科を受診。

2月から4種類もの内服薬をもらってましたが、
こんなに薬飲まないといけないのか、、って。
完治すればいいなあと思っていましたが、
やっとこのところ、バレエのレッスンをはじめたり、
また、家での自己リハビリにて、先が見えてきました。

今のところ90%は完治に近づいてきている感じで嬉しいです。
2月の最初頃は洋服を着るとか、
そういった場面でもかなり痛く、
不便だったし、、。
ピアノやバレエの動きには影響してないので、
影響する前に完治してほしいと思っていましたが、
でも、そもそもの原因はどう考えてみても
ヴァイオリンなんですよね。

五十肩は原因不明なことも多いようですが、
同じ動きをずっとしていたことによって、
それが引き金になることも多いそうです。

それで、ヴァイオリンの練習はそれ以来あまりしてなく、
やったとしても1日5分程度にしていましたが、
先日、練習記録をつけるためのメモ帳をもらって、
はりきって練習を20分くらいしてたら、
治りかけていた左肩がまた痛み出したんですね。
10月の段階ではまだ、はっきりは自分でも分からなかった原因ですが、
この時点でヴァイオリンが原因だったんだってはっきり認識できました。

もうこれは、、本当にヴァイオリン、、。
年齢いってからはじめるとこんなことが往々にして
おこるんですね〜いや、最初の1年くらいは大丈夫だった。
昨年の9月に再開してから、、だから、、
その間に私も年をとった、、ということでしょうか??泣
こんなこと考えもしませんでした。

先生と相談して、やっぱりしばらくレッスンはお休みすることにしました。
せっかくちょっとやる気になったことが
この結果に結びついて、残念ですが、
趣味なのですから、趣味で体を壊すことは本末転倒。
先生もそこまでしてやらなくてもいいですよ、、と。泣

前回1年休止していたのは、
全然弾けなくて、それが原因でしたが、
今回は体のことで、、。
最近、カイザーや音階の本も購入して、
鈴木も2巻にはいってたので、本当に残念です。
やっとここまできたのにって、、。

ですが、気持ち的な問題ではなく、
(ここはもうクリアできた気がしています)
ヴァイオリンの形が私の体にとっては負担になることが
わかったので、今後ヴァイオリンを続けるかどうか
本当に決心しなきゃ、、、です。
肩パッドを変えたりもしてみたんですがね。

どうしてもやりたかったら、
だましだましやるということもあり、、だけど、
でもそこまでして、ヴァイオリンに投資するのもなあ、、と
思い始めています。

楽器なんてものは、毎日やってやっと進歩するものですから、
こうもやめたりはじめたり、、、と、
しかも練習量ってこれからどんどん増やしていかないと
上手にはなれないのに、20分で痛み出すというのでは、、
本当に合ってないんだなって。しみじみです。

ほんと、この数カ月のお休みで
ヴァイオリンのことを忘れることができるなら、
それはそれでもうよし。
追いかけない、、、と。

でも、やはりどうしても
したかったら、そのときに考えよう、、です。
Lesson 39. ヴァイオリンレッスン>連絡帳をもらいました。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 20:28 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
カイザー難しいです。
曲そのものが難しいというよりも、
音程が上がったり下がったり、
音程ををとるのが私にとっては難しいです。
まあ、そもそもがそういう(目的の)練習のための
曲たちなんでしょうけど。笑
あと、曲が長いので、途中で集中力がなくなりながら弾いてます。

先生に、やはり楽器の王道の練習は
忙しくてもたとえ、5分でも毎日、、
と念をおされました。苦笑
たくさんやったり、
そして、今度は日にちあいたりでは、
やはり、上達はできない、、と。
私がどんな練習をしているかは、、お見通しですよね。汗

5分でも毎日やっていれば、ある日突然できなかったことが
できるようになると、、。
まさしく、ほんと、ヴァイオリンだけでなく、ピアノでも
バレエでも語学でもそのたぐいのものは
絶対そうですよね。

それはよくわかっているのですが、
最近、バレエのレッスンに加えて、
度重なる病院通い、、、
お仕事もちょろっとはじめたので、
なかなかうまく全部がオーガナイズできなくて。
ヴァイオリンの優先順位度が一番低くなってしまってます。

なので、先生に小さいカレンダーのメモ帳をもらいまして、
それに練習内容を書くように言われちゃいました。
他の生徒さん同様、
親切でおっしゃってくださっているのがわかっているので、
不満とかはないし、きっと私みたいなタイプは
そういうふうにしてもらったほうが、
いやでも練習するのかもしれませんけどっ苦笑

この連絡帳効果で
1週間に一度だけ、、、
というような練習スタイルはなくなるかもしれません。
Lesson 38. ヴァイオリン、やる気のなかった週でした。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 19:18 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


​↑パリの楽器博物館

前回のレッスンから二週間あったのに、
なんだか、卒業式等、子どもの用事でバタバタしていて、
まったく練習できなくて、
いや、隙間時間はたくさんあった。
でも、なんか2週間丸丸練習する気になれなかった。
時間があけばあくほど、ヴァイオリンケースの蓋をあけるのも
億劫になってきて、、。

なんというか、時間の使い方が私は下手というか、
気持ちの切り替えがうまくできなくて、、。
バレエもはじめたし、ピアノの発表会のことも頭にある、
仕事もテンポラリーながらはじめて、、
なんかあっぷあっぷしてて、
ヴァイオリンにまで気を回せなかったのが正直なところ。

そんなこんなで、練習しないままレッスンに行きました。
せっかくの新しい本のカイザーはまったく手付かずでした。

前の先生の時は、家で出来てたのに、
先生の前だと異常に緊張して、
弾けないということが往々にしてありましたが、
新しい先生になり、このところは特に、
レッスンの緊張感がいい効果と集中力を高めてくれて、
先生のお宅では、
家よりはるかにマシな演奏をすることができています。
(これはピアノではまったく見られないことなので、驚)
どんだけ、家で集中して練習してないんだ〜って改めて思いますが、
やっぱり、集中してやるべきですよね〜。
今週はなんとか、カイザーも音階もスズキも新しい曲なので、
一段ずつでも、進めなきゃなぁ。

レッスンに行ったら、ちょっとだけやる気モードになれました。
Lesson 37. ヴァイオリン 1つの音に真摯にならなければ、、。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 10:39 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |

パリの音楽博物館にて。

なんだか、1週間って早いですね。
日に日に春になってきていますね。

ヴァイオリンレッスンですが、
練習もほとんどできないまま
ヴァイオリンのレッスンの日が来てしまったので、
慌てて、しゃらっと弾いてレッスンに向かいましたが、

やっぱり、そんな私に先生は容赦なく、
音が高い、低い、徹底的に楽譜に矢印マーク。

そして、スラーとかつけるのは、
アップダウンで弾いて、
まずは絶対間違わないようになってから、、
と再度の注意。

ついつい、すぐに楽譜通りに弾いてしまいたくなるんですよね。
ピアノで言ったら、右手左手別々に練習しないで、
出来てもいないのに、すぐに両手で弾きたくなる感じと似ています。

早くなんだか進みたくて、
やみくもに楽譜通りにしゃらっといい加減に
練習しがちです。
音が多少ずれてても気にしないで、前にどんどん進んでしまう
悪いクセ。

やっぱり、一音一音確かめつつ、
確実にゆっくりやるほうが
急がば回れではないですが、
進むのは早いだろうし、

なんというか、曲をどんどん早く進めるためのレッスンじゃなくて、
やっぱり、技術を習得するためのレッスンだから、
やっぱり丁寧にやらないと、意味ないよなあ〜とか
今更ながら再確認。

ピアノのモシュコフスキーの練習などの場合と同じように
途中でまあいいや(このくらいで)
って思ってしまうところがあったりします。
まあ、いいやではないですよね。
一音一音大切にして弾かなくては。

むしろピアノよりも1つの音に真摯に向かわなければ
絶対ヴァイオリンは進歩なしですよね。
まだ、ハ長調の音階の最初のドもまともにとれないっていうのに、、。

元来とてもがさつで、面倒くさがりやなので、
そういうところが、ヴァオリンという楽器には
顕著に表れているような気がします。

そして、ヴァイオリンも難しくなってきて、
もう片手間ではできなくなってきたので、
前も書きましたが、
ピアノの時間と上手に練習時間を確保しなきゃなあって。
 
Lesson. 36 ヴァイオリンのハ長調難しい。
   | ヴァイオリン/お稽古+関連* | 08:51 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


パリの楽器博物館

小野アンナの音階練習の一番最初、
ハ長調をやり始めましたが、
なかなか手ごわい。

ピアノだとハ長調って白鍵盤だけで、
一番簡単ですが、
弾き始めのドの音がなかなか
とれません、、。
低くなりがちになります。

ト長調に加えて、ト短調もやりはじめましたが、
これもなかなか正確に弾くのは難しいですね。

なんか、最近バレエもそうですが、
難しい難しいばかり連発しているような、、です。苦笑

でも、バレエもヴァイオリンも大人からでは
本当に難しい部類のレッスン、習い事だと思います。しみじみ。

スズキ2巻の最初らへんの曲は、
1巻の最後のガヴォットよりは
はるかに簡単なので、なんとなく気が楽です。

ガヴォットも一応終わりましたが、
不本意な出来栄えでした。
スタカートがまずダメダメで、、。
ボウイングダウンアップも混乱気味、、。
まあ、それでも、一応合格にしていただけました。

また、いつかなんでこんなのが弾けなかったんだろう〜って
なる日が来るし、今はイマイチでも、
そのうちに、いろんな曲をやっていくうちに弾けるようになりますって。
まあ、やっていくうちにそんなもんなんでしょうね。

それでも、先生に最後、
ボウイング、だいぶまっすぐに弾けるようになりましたね、、。
と一番うれしいお言葉をかけてもらえました。

ボウイングがきれいになるのが
一番の目標なので、
本当にうれしいです。
 
<<  2/15P  >>