Prendre des
 Leçons de B@llet.


  Vous êtes le ème
          visiteurs depuis Février 2004.
  Merci de votre visite.
  Bienvenue sur mon blogue.
  J'aime Ballet et Piano.
  Malgré je suis tout à fait débutante.
  Je fais la belle vie en Angleterre et au Japon.

Instagram @shinoharahiroco
→もっと見る



Ballet 写真





PROFILE
ピアノレッスン&完成した曲(一応)
2017年
モシュコフスキー20の小練習曲9番

2016年
ノクターン20番 遺作(ショパン)
飛翔(シューマン)
モシュコフスキー20の小練習曲7、8番

2015年
雨だれ(ショパン)
ノクターン1番(ショパン)
モシュコフスキー20の小練習曲1〜6番

  9/5

  イギリスから帰国しました。
  しばらくは東京で過ごします〜
  


RECENT COMMENTS

       今見てくれている人  人
     visitors currently viewing these pages
    あ りがとう♪


お気に入りなブログ更新情報*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
お気に入りなWebSite

お気に入り本
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
庄司紗矢香,チャイコフスキー,メンデルスゾーン,チョン・ミュンフン,フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
有名な曲ばかりで、たくさんの人が演奏していますが、その中でも特にじんわり心に染み渡る音で、優しい気持ちになります。
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
メンデルスゾーン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 (JUGEMレビュー »)
サラ・チャン
名曲中の名曲たち。16歳時の演奏のようですが、自信あふれる演奏はすばらしすぎ。すでに風格が。
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿
音楽と病―病歴にみる大作曲家の姿 (JUGEMレビュー »)
ジョン オシエー
昔の人は病気とともに生きるか、簡単に死んでしまう世の中であった事を再確認。大作曲家であってもそれは同じであったことをあらためて知りました。そんな環境、状況の中で書かれた数々の名曲たち。そのときの作曲家たちの体の状態=心情、精神状態、心境を知る事で、当時どんな気持ちで書かれた曲なのかと考えるきっかけになり、曲に親しみを感じる事が出来ました。
楽器の絵本ヴァイオリン
楽器の絵本ヴァイオリン (JUGEMレビュー »)
ハイケ プランゲ
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる
楽器の絵本 ピアノ
楽器の絵本 ピアノ (JUGEMレビュー »)
クリストフ ハイムブーヒャー
ともかくかわいくて、子ども向けだけど結構初心者にはタメになる。
バレエ・ストレッチ集
バレエ・ストレッチ集 (JUGEMレビュー »)

ハンドブックで気軽に見やすいし、今、体のどこが伸ばされているか、
伸ばす必要があるのかが
一目でわかるのが初心者には一番いい♪
英国フード記 A to Z
英国フード記 A to Z (JUGEMレビュー »)
石井 理恵子,松本 里美
「あやしい英国の味」を余すところなく知ることができるよ♪
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
浦久 俊彦
同時代に生きたショパンに比べて、
あまりにもいろんなことを知らなさすぎたので、彼の人生をとても興味深く読みました。
彼の慈悲深い人柄、人生が知れて、
また、ピアノの歴史、当時の情勢や社会、ヨーロッパのことが知られていい読書ができました〜
Misc.



「バレエな生活」

ピアノは約30年以上ぶりに再開しました。(ショパン国際ピアノコンクールで優勝した当時の)スタニスラフ・ブーニンのショパンの演奏が今でも好きです。ショパンの曲を中心に、ピアノ三昧生活を目指します〜ピアノのこと、食、バレエは「中高年〜の」大人初心者クラスでレッスンに励んでいます。バレエを観ることが一番好き。ヴァイオリンは、結局今はレッスンをストップしています。早稲田桜子さんの演奏が好きです。
ballet lesson 181 それなりのレッスン。
   | バレエレッスンとか・・・ | 14:26 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ポワント、通常のバレエシューズでの短いバリエーションで、
パドブレの二箇所だけを
トゥで立つ、、をやりましたが、

後ろ足をすっとピタっと五番の足にすることが
意外と難しい。
足に隙間が開いちゃう感じでした。

バーレッスン、ピルエットなんか調子悪かったなぁ。
軸足にのる。 
引き上げて、腰をくるっとまわすとか
軸足をくるっとまわすだけ、、とか

前回と同じ注意を受けましたが、
なんか、足もルルベになりにくく、
ダメダメな日でした。

寒くて行くだけで疲れてた、、
ということにしておこう。

ポワント、センターでのパッセは
なんとなくうまくいった感があるので、
まぁ、いいっか。

本当に寒かったので、
行くのが面倒だなあと
一瞬ちらっと頭をよぎりましたが、
行ってみると、
みんなちゃんと来ててすごいなぁって。
あらためて。

この日はあまりにも寒かったし、
雨が強くなるという予報だったので、
さっさとお茶もしないで、
帰りました。
piano lesson 44 小指をおこして。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:27 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
今日は今までで一番緊張も
気負いもなく弾けました。
その理由は不明で、、 。
その理由がわかったら、
今度から自分自身をそのようにもっていくべく、
応用できるのになぁ。

ノクターン15番、
途中3連になるところ、
突然3連ということで、
規則正しく弾かない。
ショパンらしく、
今までの流れをこわさないようにすること。
そこがこの曲の一番難しいところかな、、
ということでした。

バラード4番、
先が見えてきましたね〜と。
譜読みしてるときから、
譜読みしてるときこそ、

小指が寝てしまう癖があるので、
おこして丸くして弾くことを意識する。
指の先で弾くとか
そういうことを譜読み時に
意識することで、
もっと弾きやすくなるし、
メロディもきれいにきこえるようになる。

これは自分でも認識していて、
あ、、と気づいた時には
なおすと、ポーンとクリアな音になるのは
気がついてて、、と先生に話すと、
ちゃんとわかっているじゃないですか。
わかっているなら、なおす努力をしましょう、と。笑

雨だれのとき、出だしの音をきれいにするために、
かなり小指を矯正したのに、
他の曲になると応用できてないなあ、、、です。
文京シビックホールに飾ってあったピアノ。
   | ピアノ/お稽古+関連* | 14:55 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


文京シビック大ホールに飾ってあったピアノ。
ピアノ内部にたくさんのサインが書かれてありました。
ballet lesson 180 ビデオで大ショック。
   | バレエレッスンとか・・・ | 14:53 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


今日は結構体も軽くバーレッスンは
さくさく体が動いた気もしたけれど。

ピルエット、重心が下がっている。
パッセにしている時の高さで回ること。
もっと回りやすいはず。
回るというよりも、
軸になっている脚をくるって
回す、、というイメージで。
そうすると、だあーって体が横に広がったりは
しない。

センター、トンベ、パドブレ、、の
片足をスキップしながら前に進む練習を、、。
型はアティチュードで、少しあげるくらいに。
そこが目立たないように、
他の動きももっと大きく前に進むこと。
ちょっとコツがわかった気がしました。

あと、ポワントミニレッスンで、
10秒くらいかな。
バーをもってエシャッペをしている
姿のビデオを撮ってくれたんだけれど、
そのひどい後ろ姿。

まずは私ってこんなに広い背中だったかなって
ことと、(まあ、太ったのは太ったのだけれど)
まあ、それもだし、パーの位置がとても低かったというのは
ある、、けれど、そんなバーの高さに関係なく
やるべきだよね。↓

そのバーを持っているせいか、
全然全然まったく体が引きあがってないし、
足も弱々しい。
それにもっともっと前重心で立つべき。
見るに絶えないビデオではありましたが、
これが現実だなあって。
ひどい現実を再確認したのでした。

まあ、がっかりだけれど、
先生が引き上げ引き上げと言われている
ことがあらためてとてもよくわかったし、
たまに動きを客観的にチェックすることは
重要なことでもあるなって。

次回はもっともっと引き上げよう。
そして、もうちょっと前重心で立ってみよう。
ドン・キホーテ Don Quijote 観てきました。 
   | バレエ公演、動画 など | 14:31 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |






牧阿佐美バレヱ団の
ドン・キホーテ Don Quijote
(都民芸術フェスティバル)の
(3月3日(土)と両日あり、)
3月4日(日)に行ってきました。
文京シビックホール 大ホール

キトリ エフゲーニヤ・オブラスツォーワ ボリショイ・バレエ
バジル ドミートリー・ソボレフスキー
スタニスラフスキー&ネミロヴィチ・ダンチェンコ記念
モスクワ音楽劇場バレエ団 


プリンシパルの二人が出てきた時、
まずは、ジェーニャの筋肉質のふくらはぎ、
ソボレフスキーの脚の長さに目がいきました。
体の半分は脚って?ってくらい。
もうずっとそこに目が釘付けでした。笑

ジェーニャ、なあ〜〜んて軽〜い踊り。
ふわ〜〜っとした踊り
そして、腕の動きのきれいなこときれいなこと。
あと、重心の位置がかなり他のダンサーに比べて高かったし、
また、上半身の柔らかさも際立ってました。
ほんと全身で踊っているという感じで、

さすが、ワガノワ出身ね〜とあらためて。
でも何よりの魅力は、
ずっと見ていたくなる笑顔かな。
本当に可愛かった。
どの場面も魅力的だったけれど、
白より赤のコスチュームがよく似合うなあと
思って見てました。

あとは、随所で見られた、リフトが高いこと高いこと、、
でおおって感じだったし、
ソボレフスキーなんて実は今までよくは知らなかったけれど、
見たこともないような入り方のジャンプの連続で、圧巻でした。

関係者の人たちかなぁ??
バレエされてるであろう、
スレンダーな綺麗な方々、
バレエ少女がたくさんでした。
結構空席もちらほらあり、
招待席がたくさんだったんだろうなぁ、、なんて。

ジプシーの踊り。
キューピッドの踊りもとてもよかった。
キューピッドはブラボーや拍手もとても多かったなあ。

私が観たこの日は、阿部裕恵ちゃん、
出番なくて残念。
土曜日だったら、青山季可ちゃんも両方見られたのにな。
季可ちゃんは余裕の安定した踊りでしたが。

やっぱ、両日行けばよかったなあ。
ジェーニャは大好きだし、
価格もS席11,000円でお得だったんだから、
二回でも(何回でも)見ればよかった。  

演出はさすがの牧阿佐美バレヱ団だなぁと。
笑いも随所にあったり、
なんといっても全てが綺麗でした。

ほんと、私はバレエ好きすぎると
再確認たのでした。笑
舞台見るのは、何より幸せ時間でした。

飾ってあったポワントはニーナのものだそうです。

開演が14時半からだったので、
近くの青いナポリというお店でランチしました。
風は強いけど、ポカポカ陽気の下、
テラス席でイタリアンランチ

はじめて行きましたが、
活気あるお店でした。

 
バレエダンサー4
   | 絵画/お稽古+関連* | 17:35 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
ballet lesson 179 調子のアップダウン。
   | バレエレッスンとか・・・ | 17:34 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
レッスン、日にち続けてやってるのに、
どーしてこうも調子が上下するのだろう。

バレエシューズの時は、
さほど感じなくても、
調子悪くないどころか
よいくらいに思ってたけど、
特にスキップ系。
苦手なスキップ系が
わりと軽快にできたかなあと
自分では思っていたけれど、

ポワントだとてきめん。
(スキップで疲れたのか、、汗)
自分以上に先生は気がついてくださる。
エシャッペでも、足を広げてから
くっと上げてるような感じになってる。
一度にすべてやる。

脚がもたついてるし、力がないと、
散々でした。

2日前はあれだけ頑張れたのに。
まぁ、出来てなくても
回数こなすことが大切ですから
とおっしゃってくださいましたが、、

この波をどうにかしたいなぁ。

自分の体がどうしたら、
調子をたもてるのか、
調子良い日は何を食べてるのか?とか、
もっと自分の体と対話したいと思った一件でした。

足がもたついてて、ひっくり返っても危ないから
あっという間に終わったポワントレッスンでした。
センターはパッセをやってみただけでした。

まあ、年も年だからね〜
そんなこんな日もあるね、、。
ballet lesson 177 178 ポワント初長時間レッスン。
   | バレエレッスンとか・・・ | 17:27 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |
先日の(バレエの)歩くができないから、
先生と再度やってみる。
形はまぁなんとか前よりは
マシになってきてるけど、、、。

歩くとしても、
踊っている気持ちで、
指先までそれを表現すること。
頭の先から足の先まで
踊っていることを忘れない。

それが難しいなら、せめて、笑顔で。

2レッスン目は、なんと一人だったのて、
ありがたいマンツーマン。
先生と1対1でも、
なんとか緊張しないで、
慣れてきたようなのが
大きな変化かなあ。
前はすごく緊張してたので。

今までは30分が最大だったけど、
2レッスン目ほとんどポワントレッスンで。
しかもそのほとんどをセンターでやってみました。
できたことにもびっくり。

アラベスクが入った
短いバリエーションを何度かやりました。
怖かったけれど、多少は楽しい気持ちもありました。

ピケの練習。
足をきちんと大幅に開くと回りやすい。
終わることを
(回っている時から)イメージして、回ること。
重心移動。

何回もやってみて、
少し怖さが払拭されると、
ある意味バレエシューズより
回りやすいかもと、、。

先生もそうおっしゃってたけど、
その意味がやっとわかったかもでした。

アンオーの腕、手をもっと伸ばして
きれいな形にして、
足の負担を助けること。
手の指は中指を中に入れるときれいに見える。

最後のポーズがほんとにきれいに決まるようになったね。
と褒めていただきました。
ポワントは良さがよくででる。
背が高い持ち味も。

バレエシューズても
もう少しそれかでたらいいんだけど、、と。
バレエシューズより
まぁ、引き上げなきゃなんないから、
その分わかりやすいですよね、、と。

センター、 ピルエット左回り全然できなかったなあ。
腰で回ること。

アントラッセ、
にゅーと腕を上げない。
アンナバンと腕を上げることは切り離して考えて、
サッとあげること。

アッサンブレ、前に飛びすぎない。
脚が上がらなくなるから。

ポワントもうまくいったけど、
終わったあとの体の軽いこと軽いこと。
充実を感じられたレッスンでした。
ballet lesson 176 音楽に合わせて踊る。
   | バレエレッスンとか・・・ | 17:50 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


せめてちょっとは
少なく、、と。
この日は、お子様御膳を注文しました。
それでも、おなかいっぱいになりましたが。

この日は、ポワントで
音楽で一曲踊る。
もちろん1分くらいの短い曲なのだけど、
なんかバレエやってる
って気がして、
やっぱり嬉しかった。

でも、何の曲だったのか
忘れちゃったけど。
それだけ、必死だったんだなあって。

五番で立つ。
手は右が上、左は横。
あげた方に顔を向ける。
目は上を向かなくてよい。

私は目も上に向けてるので、
白目をむいてるように見える
ってところで、
大爆笑。 汗汗

自然に顔をあげる。傾けること。
左右パドブレ二回。
前に進んで、最後はルルベで立つ。
これだけのことだけど、
音楽に遅れないように、
本当にやりきった感が。

先日、先生に言われた、
アラベスクの時、
気合入れて立たない、
もっとすっと立つ
っていうのを思い出して、
やってみたら、
ほんと、もっと楽に立てるようになった気がする。

あとは、レストランで、
手首がなぜか柔らかすぎて、
定まっていない私に
腕の形、手の形を丁寧に
こうだと思う
って教えてくれるバレエ友がいることに
ほんとに感謝。ありがたい。

きっと先生からは見えないと思うって。
バーレッスンで、反対側になった時に、
私のうしろになるからこその指摘。
ありがたい。 

これからもよろしくって感じ。

バレエ話はとまりませんでした。
ドゥ ダ ダンシン!ヴェネチア国際編
   | バレエなお買い物たち♪ | 15:30 | comments(0) |バレエ|ピアノ|ヴァイオリン|   |


近所のブックオフにふらっと入って、
発見、まとめ買いできました。

大人の絵仕様が本当に美しいなあ。
これから読み進めるのが楽しみ。
<<  3/143P  >>